【新着】ダントーネ/アッカデーミア・ビザンティーナの交響曲78番〜81番(ハイドン)

今日は巷でちょっと話題のアルバムです。

Dantone7881.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

オッターヴィオ・ダントーネ(Ottavio Dantone)指揮のアッカデーミア・ビザンティーナ(Accademia Bizantina)の演奏による、ハイドンの交響曲78番から81番までの4曲を収めた2枚組のアルバム。収録は78番と80番が2015年9月6日から9日、79番と81番が6月30日から7月3日、イタリア中部のアドリア海沿いの街ラヴェンナ近郊のバニャカヴァッロ(Bagnacavallo)のテアトロ・ゴルドーニ(Teatro Goldoni)でのセッション録音。レーベルは英DECCA。

ハイドン愛好家の方ならすでにご存知だと思いますが、このアルバム、オッタヴィーオ・ダントーネとアッカデーミア・ビザンティーナがハイドンの交響曲全集の録音を発表した直後にリリースされた先行発売盤。

ご存知のようにDECCAは、傘下のL'OISEAU-LYREレーベルにホグウッドとAAMによる交響曲全集のプロジェクトを進めていましたが、ほぼ八割ほどの録音を残して頓挫。しかもホグウッドは2014年に亡くなってしまいました。また、近年素晴らしい録音でこちらも全集を目指していたトーマス・ファイ率いるハイデルベルク交響楽団の方も22枚のアルバムをリリースしたところでファイの大怪我により全集を断念したというニュースが多くのハイドンファンを悲しませました。

そんな状況の中、ダントーネがハイドンの交響曲全集を録音するとの発表があり、しかも短期間で録音して全集としてリリースするとの情報ということで、一気に注目を集めています。ハイドンの交響曲全集はジョバンニ・アントニーニとイル・ジャルディーノ・アルモニコが2032年までかけて徐々に全集を録音するというプロジェクトもあり、ハイドンの魅力が徐々に市場に広がる萌を感じます。

さて、肝心のダントーネですが、ハイドンの録音はL'OISEAU-LYREレーベルから協奏曲集を1枚リリースしており、以前取り上げています。

2010/09/06 : ハイドン–協奏曲 : ダントーネのハープシコード協奏曲

記事を読んでいただければわかるとおり、このアルバム、とんがった演奏でちょっと力任せすぎるところがあり、あまりいい印象を持ちませんでした。今回交響曲のアルバムをレビューするにあたって、今一度聞き直してみましたが、レビュー時の印象ほど強くはありませんが、やはり力みというか創意が先行しすぎてちょっとギクシャクするという印象は抜けませんでした。

ということで、ダントーネ、ハイドンの交響曲全集という大山脈に挑むにあたり、非常に地味な4曲を選んできました。82番からはパリセットであり、ハイドンの交響曲でも最もマイナーなところ。しかもこの4曲、ホグウッドが録音を残した最後の77番以降の4曲といういこで、DECCAのこの全集にかける執念のようなものも感じます。ダントーネ、どうくるのでしょうか。

Hob.I:78 Symphony No.78 [c] (1782?)
やはり力感に満ちた響きからきました。録音会場であるテアトロ・ゴルドーニはネットで調べるとごく小規模な伝統的な造りの歌劇場。おそらく残響はそれほどないであろう歌劇用の小空間ゆえ、録音はDECCA得意のオンマイクによるリアルなもの。同じ古楽器のホグウッドの繊細さとは異なり、迫力重視。古楽器オケゆえもう少し残響を生かしたほうが良いと思いますが、それでもリアリティと迫力重視の録音は悪くありません。心配された過度な力みはなく、適度な範囲で、オケのキレはまずまず。ダントーネらしく踏み込んだリズムのキレで聴かせる1楽章。
続くアダージョは、癒す方向ではなく、やはりリズムの面白さを強調するように緊張感を保った音楽。全集の最初を飾る録音だからか、リラックスしきっていない感じが残ります。一貫して低音弦の迫力重視の響き。
アダージョの余韻をそのまま引き継いでのメヌエット。オケの精度自体は素晴らしく、またしても低音弦が大活躍。
短調の独特のメロディーが印象的なフィナーレですが、ダントーネはオケを十二分にコントロールしてキレのよさで一気に聴かせます。力感は違和感をもよおすほどでもなく、適度な範囲。特徴的なメロディーをキーに変奏を重ねて、この小交響曲をまとめます。まだちょっとオケがほぐれていない感じ。

Hob.I:79 Symphony No.79 [F] (before 1784)
79番は古楽器オケでの初録音。録音日が異なるせいか、こちらの方がオケがリラックスしている感じ。晴朗なハイドンのメロディーをオケが楽しんで演奏している感じ。もちろんダントーネ流のキリリとした緊張感ある表情も保っていますが、躍動感が一段上がります。ハイドンの交響曲に特有な、実に楽しげに盛り上がる雰囲気がうまく出ていて、前曲とは対照的にノリがいい演奏。この頃のハイドンのキーになるメロディーを生かして曲をまとめる素晴らしい筆致が再現できています。曲が進むにつれてダントーネ流の音楽に慣れてきて、身を乗り出して聴くようになります。
2楽章はようやく力が抜けて、ゆったりとした癒しを感じる音楽が流れます。曲を楽しむ余裕を感じる演奏。秀逸なのが2楽章の後半。コミカルなメロディを実に軽いタッチで奏でて、この楽章の面白さが際立ちます。協奏曲集でみられた強引なところは見られず、ハイドンらしいユーモアをうまく引き出しています。
メヌエットは力がさらに抜けて、オーソドックスに近い表現。素直な演奏が曲の面白さを引き出します。そしてフィナーレは抑えた入りから、リズミカルに音楽が弾みますが、徐々にダントーネの棒にも力がみなぎり、オケもそれに応えて力感がみなぎっていきます。複雑に絡みあうメロディーを織り込みながらユーモラスに音楽をまとめます。

Hob.I:80 Symphony No.80 [d] (before 1784)
CDを変えて2枚目。1曲目の78番と同じ日の録音。短調で畳み掛ける激しい冒頭の入り。やはり少々リズムに硬さを感じますが、1曲目ほどではありません。うねるような音量のコントロールで聴かせどころをつくりますが、どこか力みが残っている感じですね。
短い1楽章のあとは10分以上かかるアダージョ。すこしオケがほぐれて、さらりとした表情で独特のメロディーを重ねていきます。徐々に盛り上げる手腕はなかなかのもの。音量を抑えた部分の描写が丁寧になり、音楽がしなやかさを増してきます。
メヌエットはリズムを適度なキレでまとめたオーソドックスなもの。微妙な強弱とフレージングでまとめます。
この曲の聴きどこはフィナーレ。ユニークな冒頭を発展させてオーケストラの機能美のデモンストレーションのように多彩な展開。途中リズムが重くなる場面もありますが、非常にユニークなこの楽章をコミカルに仕立てながら、オケを鳴らしきる手腕は確かなものがありますね。

Hob.I:81 Symphony No.81 [G] (before 1784)
最後の81番。冒頭からいい意味で力感みなぎる響き。オケが生気に満ちてキレ味抜群。これはいい。ダントーネの一番いいところが出た感じ。表現意欲に満ちた演奏ですが、過度にならずにオーケストラにエネルギーが伝わり、奏者全員の素晴らしい一体感を感じる音楽が流れだします。ファイの創意がめくるめく変化しながら炸裂する演奏とは少し違いますが、ハイドンの交響曲に潜むエネルギーを新たな解釈で発散させている感じ。
つづくアンダンテは穏やかな入り。中間部で鮮烈なキレを聴かせて変化をつけますが、表情は一貫して穏やか。くっきりとした対比が音楽に深みを与えます。
このアルバムで最もキレのいいメヌエット。音が立ってます。フレーズごとの表情の描き分けも見事。テンポと表情が次々と変わる面白さに引き込まれます。
そしてこれぞハイドンという痛快なフィナーレ。ダントーネのベストコンディションでの弾ける躍動感と推進力。つなぎの部分での騒めくような雰囲気も最高。ハイドンらしい機知に富んだ構成の面白さも万全に表現しています。最後はダントーネらしい灰汁の強さを感じさせますがくどい感じはせず、うまくまとめます。

ハイドンの交響曲全集の録音のリリースを前に先行発売された4曲ですが、危惧された力の入りすぎた演奏とはならず、流石に全集を意識してか、うまくまとめてきました。最後の81番はダントーネの最もいい部分が感じらえる秀演でした。私はこの81番と79番は気に入りました。この先行発売盤、曲によってムラはあるものの、ダントーネのいい部分もわかったので、おそらく多くのハイドンファンの方は全集がリリースされれば購入することでしょう。そういう意味では先行発売した意味があったということになりますね。評価は81番、79番が[+++++]、他2曲は[++++]とします。

全集は今年中にはリリースされると発表されていますので、リリースを楽しみに待つことにいたしましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲78番 交響曲79番 交響曲80番 交響曲81番

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
ダントーネの全集はひそかに計画され、彗星のごとく現れた感じですね(笑)
楽しみに待ちたいです。

一方、T.ファイは本当に残念でなりません、ハイドンの全集計画には何かと不運が付きまとうような?

No title

ファイは本当に断念したのでしょうか?11月の下記の書き込みを見て安堵していたのですが,その後の情報がないので心配していました.

http://ionarts.blogspot.com/2015/11/the-hobbit-returns-thomas-fey.html

Re: No title

ファイの件は私も当ブログの年末の記事へのコメントによって知りました。

http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-1387.html

希望は捨てたくない気持ちはあるものの、脳に大きなダメージを受けた状態で活動再開の目処が立たない状態であったわけで、容易なことではなかろうと思ってます。最新の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらフォローいただけると助かります。

No title

Daisyさん こんばんわ。
知らないところで、全集の録音をしていたのですね。
しかも、今年発売だなんて。
アントニーニを一枚ずつ買い始めていて、2032年まで(自分はかなり歳をとってしまう)気長に揃えるつもりでいましたが、先にダントーネに期待ですね。

それとフェイの方は、その後は記事は見かけてません。中止になったという元ネタの記事もどれだったか、見失ってしまいました(泣)。

Re: No title

Haydn2009さん、フォローありがとうございます。

確かに2032年となると、演奏する方の心配よりも聴く側であるこちらの方が健常でいられるか心配ですね。私は70歳になっているはず(笑)それまでブログを続けていられると良いのですが、こればかりはわかりませんネ。

No title

先日手に入れ、早速聴いてみました!
演奏も良く、全集購入に向けて貯金をしなければ!と決意を固めました(笑)

HMVのサイトでこの記事を見た時、「ダントーネによる交響曲全集の録音が可能なら、なぜホグウッドに残りの曲の録音をさせなかったのか!」と言う、怒りに近い疑問が湧きました。もしかして、ホグウッドはDECCAに嫌われたんでしょうか?

とは言え、ダントーネの全集はとても楽しみです。

Re: No title

Sifoniaeroicaさん、コメントありがとうございます。

ホグウッドの交響曲全集ですが、本当のところはわかりませんが、中止は経済的な事情によるものと推察しています。最後の録音となった70番台が録音されたのがバブル崩壊後の1995年から96年にかけて。これまでリリースした巻の売り上げ状況と、今後の録音にかかる経費などを考慮して、当時の経済状況で判断せざるをえなかったというところでしょう。おそらく全集になっていたら、その後の売り上げも増えてペイしたのかもしれませんが、企業が存続するには単年度決算の積み重ねですからやむをえないところでしょうね。
DECCAにとってはダントーネによる全集の完結は悲願達成という意味もあるでしょうから、同じ轍は踏まず、一気にリリースする道を選んだんだと思います。いずれにせよリリースを楽しみに待ちたいと思います。

新全集?

Daisy様、こんばんは。
ご紹介いただいたダントーネ盤ですが、「ホグウッドが録音を残した最後の77番以降の4曲」で始めたということが、私も気になっていました。全集を録音するのにいかにも中途半端なスタートです。でも、全集になるのならまあいいか、と思っていたのですが・・・今回リリース・ニュースが出たのが以下の盤。
「交響曲全集 ホグウッド&エンシェント室内管、ブリュッヘン&18世紀オーケストラ、ダントーネ&アカデミア・ビザンティーナ、他(35CD)」
<ピリオド楽器による初のハイドン交響曲全集>という触れ込みには、うそいつわりはありませんが、がっかり感は否めません。Deccaはダントーネの演奏で続きは出さないつもりでしょうか?
ただ、一点、ホグウッドの演奏とクレジットされている第76、77番は、正規盤初登場というところ。でもそれだけが売りじゃ、ちょっと手が出ません。

No title

ちょっと気になるニュースがありまして・・・・
デッカのハイドン全集ですが、既発のホグウッド、ブリュッヘンにこのダントーネの2枚組を加えた35枚組でリリースされるようです。
それはあくまで露払い?で、真打としてダントーネの純粋な全集が完成するんですよね?
2015~2016Winterの気候は、マエストロにあやかってか「暖冬ね!」でしたが、中途半端にお茶を濁されては困ります・・・。

Re: 新全集?

cherubinoさん、コメントありがとうございます。

コメントを拝見してネットを見てみるとおっしゃる通り、ホグウッド、ブリュッヘン、ダントーネによる古楽器全集のリリースが発表されていますね。確かに先日リリースされたダントーネの録音によって現DECCAによる古楽器の全集が完成したことになります。

ダントーネ盤の収録曲を見たときに、もしかしたらホグウッドの録音していない曲をダントーネが埋めて全集とするのではないかとの憶測もあったものの、ブリュッヘンまで混ぜてくるとは予想だにしませんでした。確かにPHILIIPSレーベルは現DECCAに吸収されましたので、ブリュッヘンを加えることで古楽器による全集は揃うわけですね。

おそらく当ブログの読者の皆さんは、ホグウッドもブリュッヘンも手元に揃っている方が多いでしょうから、この全集に手を出す目的はホグウッドの76番、77番と、最後のCDに収められたザロモン編曲の室内楽版の驚愕、軍隊、ロンドンを手に入れることに絞られることになりますね。特に室内楽版は驚愕は手に入れやすいものの、軍隊とロンドンはザロモン四重奏団らによるもので、極めて入手しにくい状態ですので、私もちょっとぐらついています(笑)

私もダントーネがハイドンの全集を録音するとのニュースをもとに記事を書きましたが、この全集で終わりとなると、見事に騙された口になります。このような形ならば、ダントーネ盤のリリース時のPR内容は実態に即したものとしてほしかったですね。このあとダンーネが本当に全曲する可能性は商業的にはあまりなさそうな気もします。はて、どうなりますやら。。。

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。

なんとなく露払いで終わりのような気もしていますが、はたして如何なりますやら。

No title

ユニバーサルクラシックの輸入盤情報の所にこのディスクの情報が書いてあるのですが、「中止となっていた全集を完成させるべく…」と書いてあるので、もしかしたら、ブリュッヘン含めた3人の指揮者による全集で終わってしまう気がします…(ーー;)
ただ、この記事を読むと、ホグウッドが録音出来なかった曲をダントーネが担当する!とも読めるので、そこに期待したいです!非常に薄い期待ですが…(^^;)
http://www.universal-music.co.jp/p/478-8837

No title

Daisyさん こんにちは。

私も記事読みましたよ。
ホグウッドとブリュッヘンと合わせた全集となると詐欺っぽくないですかね。

No title

はじめまして。
記事をいつも楽しく拝読しております。

今回の新(?)全集の一件で困惑させられている者の一人です。
Sinfoniaeroica様がリンクされている記事ですが、もし4月発売予定の商品が新全集であるとするならば、「・・・が精力的に録音を進めています」のくだりは非常に紛らわしい表現です。これでは、ダントーネによる録音が78〜81以外にもあるように解釈できます。曖昧な商品情報と奇妙な内容の現物・・・、良心的な方法とは思えません。

ただ、ダントーネ盤は36CDと書かれているので、4月のセットの35CDとは一致しません。海外のサイトを見てみますと、36CDセットは2016年の後半にリリースされるようなので、淡い期待も無きにしも非ずです。しかし、第二の新全集があるとしますと、35CDセット登場の意味が商業的に不可解です。

現時点でどうこう言っても仕方がないとは思いつつ、気になりますよね。
それもこれも、ホグウッドが元気な内に録音だけでもしておかなかったから、と恨み言を述べたくなります。もはや叶わぬ夢・・・。

Re: No title

Sinfoniaeroicaさん、ふたたびコメントありがとうございます。

確かにおっしゃる通りですね。ご指摘の記事はちょっと玉虫色(笑) ただし今の時代、ファンを欺くようなPRは逆効果ということは周知の事実です。今回の件、日本側の誤訳みないな印象もなくはありませんね。もし仮に人の指揮者による全集ということが把握されていたら、このような記事は書かないはず。昔ほど人材も豊富ではないことを考えるとやむをえないのところでしょう。ユニバーサルの中の人、このへんの疑問に答える必要がありそうですね。

Re: No title

Haydn2009さん、こんばんは。

PRは誠実な姿勢こそ大事ですね。もし今回の全集が予告の全集だとしたら、ちょっとだまし討ちっぽい印象は免れませんね。純朴晴朗なハイドンを愛するファン層には不誠実は認められませんよね!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

cherubinoさん、コメントありがとうございます。

ホグウッドの映像ですが「エステルハージのハイドン」、AAMの79番、81番、パリ室内管の77番などががあるのですね。CDの方はこれまでいろいろ調べたりしてきましたが、映像関係は見かけたものを手に入れるくらいで、あまりちゃんと調べたことがありませんでした。天地創造のDVDは手元にありますが、CD用の録音と教育用映像の組み合わせのような造りで、クラシック音楽の映像としてはいまいちであまり楽しめませんでした。
流石にLDの視聴環境はありませんが、DVDでリリースされているものは手にいれてみたいですね。探してみることにします。
貴重な情報ありがとうございます!

No title

うーん!こちらは、おそれていた通りというか、大山鳴動してCD2枚というか、竜頭蛇尾というか・・・。
この平穏なブログには相応しくない表現かもしれませんが、責めを負わせるには忍びないマエストロは「暖冬ね」で済ませるとして、読みは同じでも原盤作成にあたったDECCAのプロデューサーと、日本側の担当者(&翻訳者)は雁首揃えて「断頭ね!」という気持ちです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

四季迂闊者交響曲70番交響曲12番古楽器ライヴ録音天地創造マーラー太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメント東京オペラシティベートーヴェンモーツァルトシューベルトアンダンテと変奏曲XVII:6LPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者美人奏者ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度交響曲1番ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹時の移ろい無人島交響曲42番交響曲4番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲97番奇跡交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ