ヴィヴェンテ三重奏団のピアノ三重奏曲集旧盤(ハイドン)

先日取り上げた同じ奏者のアルバムのあまりの素晴らしさにこちらのアルバムを即時注文。やはりこちらもレビューしなくてはならないだろうということで選んだアルバム。

TrioVivente2.jpg
amazon

ヴィヴェンテ三重奏団(Trio Vivente)の演奏で、ハイドンのピアノ三重奏曲5曲(Hob.XV:26、XV:18、XV:19、XV:20、XV:31)を収めたアルバム。収録は2001年、フランクフルトの近郊にあるフェステブルク教会(Festeburgkirche)でのセッション録音。レーベルはTACET傘下のEIGENART。

先日の記事はこちら。未読の方は是非お読みください。

2016/01/21 : ハイドン–室内楽曲 : ヴィヴェンテ三重奏団のピアノ三重奏曲集(ハイドン)

私自身も衝撃を受けたアルバムですが、その後当ブログの読者の方がその衝撃を追体験されたことはコメントを見ていただければわかる通りです。なによりそのコメントのディープさにこのアルバムの凄さがあらわれております。

今日取り上げるアルバムは、ヴィヴェンテ三重奏団のデビュー盤にあたり、前アルバムから5年遡る2001年の録音でメンバーは変わらず。

ヴァイオリン:アンネ・カタリーナ・シュライバー(Anne Katharina Schreiber)
チェロ:クリスティン・フォン・デア・ゴルツ(Kristin von der Goltz)
ピアノ:ユッタ・エルンスト(Jutta Ernst)

ジャケットの表にメンバーの姿はありませんが、裏面には3人がにこやかに写った写真が載せられています。ライナーノーツにも別の写真が2枚掲載されており、こちらでもあの睨みを利かせていたユッタ・エルンストも笑顔で写っています。デビュー盤では笑顔を見せていたものの、その後のアルバムでは演奏の質を世に問う厳しい姿勢に変わったということでしょうか。

肝心の演奏は、ヴィヴェンテらしいキレのいい演奏で、展開部での驚くような踏み込みもありながら、しっとりと滑らか音楽を聴かせるところも増えて、前のアルバムの火を吹くような鮮やかさが聴きどころだったのに対して、録音時期の早いこちらの方が逆に円熟を感じるほど。そう、こちらもいいんですね。

Hob.XV:26 Piano Trio (Nr.40/op.73-3) [f sharp] (1795)
聴き慣れた成熟期の名曲。これがデビュー盤とは思えない、躍動感に軽さと立体感としなやかさが高度にバランスした入り。非常に研ぎ澄まされた音楽が流れますが、気を緩めたところでピアノのユッタ・エルンストの楔を打つようなアクセントに驚きます。来ました来ました! 穏やかなだけでは済まされるわけはないとは思っていましたが、いきなりヴィヴェンテペースに引き込まれます。もちろんヴァイオリンもチェロも牙を剥くところはしっかり剥いてきます。ただし、穏やかな部分の美しさはかなりのもの。ハイドンの美しい音楽が磨き抜かれが響きで流れます。
そして交響曲102番と同じメロディーのアダージョは夢見るような美しさ。やはり時折はっとするようなアクセントをつけて美しいメロディーを引き締めます。険しささえ感じさせる孤高の美しさ。録音会場は近代的な造りの教会ですが、響きが美しく演奏が映えます。まるでラ・ショー=ド=フォンの名録音会場、Salle de Musiqueで録っているよう。
フィナーレは落ち着いて、ピアノのタッチのキレとヴァイオリン、チェロのアンサンブルの美しさを聴けといわれているよう。あえて牙は剥かずにじっくりと音楽と対峙させるあたり、恐ろしいばかりのセンスです。最後をキリリと締めて終わります。

Hob.XV:18 Piano Trio (Nr.32/op.70-1) [A] (before 1794)
いやいや美しい。磨き抜かれたさりげない音楽。大排気量のロールスロイスがゆったり街中を走る時の余裕あるしなやかな走りのよう。持てる力がありながら、ハイドンの美しい曲を軽々と、しかも素晴らしい完成度で演奏していきます。それでも鋭いキレは隠しきれず、演奏は柳刃で切りたての刺身のような凜とした新鮮さを保っています。徐々にユッタ・エルンストがアンサンブルを煽るようにアクセントをつけ、それにヴァイオリンとチェロが応じます。これぞ室内楽アンサンブルの醍醐味。
そしてアンダンテですが、これほど美しい演奏がこれまであったでしょうか。短調の憂いに満ちたメロディーをユッタ・エルンストが綺羅星のように磨きぬかれた珠玉の音色で演奏、そしてヴァイオリンのアンネ・カタリーナ・シュライバーのしっとりと鋭利な音色でメロディーが引き継がれます。完全に抑制された表現でこそ浮かび上がる美しさ。とろけちゃいます。
そして絶妙に軽いのに躍動するフィナーレ。ヴァイオリンとピアノが完全にシンクロ。もちろん途中からチェロも鋭いアクセントで参戦。実に余裕たっぷりに疾走するアレグロをキレキレのアンサンブルで表現。この超絶的な軽さと疾走感。奇跡の表現と言っていいでしょう。2曲目にしてメルトダウン。素晴らしい。

Hob.XV:19 Piano Trio (Nr.33/op.70-2) [g] (before 1794)
穏やかな曲想の曲ですが、ディティールに輝きが満ちてアンサンブルの各パートが絶妙に絡みあいます。艶やかな音楽に身を任せる快感。ゆったりとした音楽に癒されます。音楽が進むにつれて徐々にコントラストがクッキリしてきて音楽の起伏が鮮明になってきます。力の抜けたユッタ・エルンストのピアノの音色の美しさに惚れ惚れ。そして終盤のアンネ・カタリーナ・シュライバーのヴァイオリンの音階のなんという軽さ。牙を剥く場面はないんですが、牙を剥いた以上のインパクトがあります。
2楽章はしなやかに流れる川のような滑らかなピアノの音階で聴かせます。迫力ばかりが聴かせどころではないのよと言いたげ。
フィナーレは適度なアクセントとしなやかさを保った落ち着いた演奏。デビュー盤なのに巨匠の演奏のように落ち着き払った音楽。

Hob.XV:20 Piano Trio (Nr.34/op.70-3) [B flat] (before 1794)
ハイドンの書いた曲の素晴らしさに聴衆の耳を集中させようとしているかのように、オーソドックスに攻めていきますが、これまでの曲同様、リズムのキレと、軽々としたタッチ、要所のキリリとたアクセントは隠せるはずもなく、実にバランスのいい演奏。奏者の創意と作曲者の創意のバランスがとてもいいところで保たれている印象。前のアルバムではキレ味で聴かせていましたが、この穏やかさも実にいいものです。まさに極上の音楽。
そして、つづくアンダンテ・カンタービレはXV:18同様、抑制されたタッチで描かれる究極の美しさ。絶品です。フィナーレも落ち着きを保ってなんとも言えない完成度。アンネ・カタリーナ・シュライバーの美音も華を添えます。

Hob.XV:31 Piano Trio (Nr.41/op.101) [E flat] (1795)
最後の曲。アルバムの題名にもなった「ヤコブの夢」という副題がついた2楽章構成の曲。曲想からか、終始落ち着いた表現。牙はまったく剥かず、逆にアクセントは抑えてしなやかさを狙った演奏。枯淡の味わいすら感じさせます。ユッタ・エルンストも美しい音色を響かせることに集中している様子。アンネ・カタリーナ・シュライバーも艶やかにメロディーを奏でます。穏やかな音楽が実に心地よい楽章。
続くアレグロはピアノの適度なリズムの躍動に乗ってヴァイオリンとチェロが自在に駆け回ります。ここにきて目立つアクセントはまったくなく、音楽の起伏に沿った適度なメリハリを利かせて音楽を進めます。最後にキリリと引き締めて終わるところでようやくヴィヴェンテらしい響きをちらりと見せます。

通しで聴いてみると、前半には挨拶代わりか「あの」キレ味を聴かせますが、演奏が進むにつれて徐々に穏やかになり、ハイドンの音楽に素直な演奏になっていきます。キレこそヴィヴェンテの本領ですが、演奏の完成度というか音楽の完成度はこの穏やかなヴィヴェンテの方にあるように聴こえます。私はこちらのヴィヴェンテの方も気に入りました。奏者のテクニックは前アルバムで証明済みですが、このデビュー盤では表現意欲と音楽のバランスが絶妙で完成度はむしろこちらのアルバムの方が上かもしれません。録音の前後関係はこちらがデビュー盤で先ですが、演奏はこちらの方が円熟を感じるほど。デビュー盤でここまでの音楽を聴かせたということの驚きも大きいですね。もちろんこちらも全曲[+++++]。前盤でのけぞった方、こちらのアルバムも必聴です(笑) 手に入るうちにどうぞ!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ三重奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

メルトダウン

> 奏者のテクニックは前アルバムで証明済みですが、このデビュー盤では表現意欲と音楽のバランスが絶妙で完成度はむしろこちらのアルバムの方が上かもしれません。

おー、来ましたか。待ってました!

非常に気になっていました。このデビュー盤。

やっぱり良いですか。しかも、こちらの方が完成度は上と…。

うーんッ…悩む。

あーッ!

えいやッ…

買っちゃいました(笑)

絶対、良いことはわかっていますので、後悔はありません。

> 2曲目にしてメルトダウン。

ハイ、私の財布もメルトダウンです。今月は、このあたりで打ち止めにしておかないと、財務省が…

Re: メルトダウン

Skunjpさん、毎度コメントありがとうございます。

一般的に財務省は施策の如何に関わらず費用対効果に厳しいものです。文化への投資の費用対効果の算定は非常にむずかしいものですが、短期的な費用対効果では測れないものでございます。ここは文化行政に対する理解の促進、啓蒙活動に粘り強く取り組まれることで、予算枠の拡大の実現していただきたいと思います。アウリンの研ぎ澄まされた響きを愛する奥様ゆえ、ユッタ・エルンストの脅威のキレを理解されるものと信じております。

(追伸)散財の原因を増やしてしまい誠にもうしわけございません(笑)

啓蒙活動(笑)およびボザールトリオのこと

啓蒙活動ということで、彼女の台所仕事中、さりげなくピアノ三重奏曲を流しますか…。そのうち旋律が鼻唄で出るようになればしめたもの(フフフ)

それにしても奥さまを完全掌握しておられるDaisyさんがうらやましい限りです(笑)

さて今日は旅の空でボザールトリオを聴いています。

彼らの演奏は現代の若手のように一体となったアンサンブルで聴かせるのではなく、それぞれが重い存在感を示し、拮抗する中で一つのまとまりを成しているような気がします。

つまり一昔前の巨匠主義の薫りを残しているのです。この芸風が、ピアノ三重奏という形態に得難い重層性をもたらしていると感じます。

プレスラーの神技は言うまでもなく、コーエンのヴァイオリンの巧いこと!単に巧いという以上に「芸の重さ」があります。ズシリとした手応えがあるのです。もちろんグリーンハウスの存在感も凄い。

磨き抜かれて、たっぷりとした重みのある巨匠の芸術ですね。

ヴィヴェンテトリオの旧盤が届きましたらまたコメントします。
楽しみー!

Re: 啓蒙活動(笑)およびボザールトリオのこと

Skunjpさん、コメントの承認が漏れてました。スミマセン。

奥様にサブリミナル効果でピアノ三重奏曲を刷り込まれるとは良いアイデア(笑) うちは完全掌握しているのではなく、完全掌握されているという感じです。まあ、ブログを書くという程度のことはたかが知れているという範疇なのでしょう。当ブログの絶対に達成できないであろうハイドンの録音完全制覇という壮大なミッションは隠密裏にゆっくりとサブマリン進行しております(笑)

さて、ピアノトリオの永遠の定番のボザールトリオですが、発掘にかまけてここしばらくというか、だいぶ前からオクラ入りに近い状態です。まだ一度も取り上げていませんので、取り上げないといけないですね。

皆さんの激しいコメントに煽られて、今月は例月よりも記事数が伸びております。ちょうどクライバーに煽られるオケのメンバーのような気分です。仕事の忙しさは変わらないというか、むしろ忙しいのですが、帰るといろいろなアルバムをとっかえひっかえしながら次にレビューするアルバムを選ぶという楽しい作業でストレス発散をしております。

ヴィヴェンテの旧盤、耳の肥えたSkunjpさんにどう評価されますやら、、、コメント楽しみにしております。

No title

いやー、我ながら追っかけというか主体性が無いというか・・・
当家にもようやく本日amazon発注品が、オーストリアはグラーツ(確かカール・べーム翁の出生地!)から到着しました。という訳で聴取および感想はおいおい・・・なんですが、これだけでは小生の存在価値って何?となるので、先日ある事をやらかしちゃいました!!
ある事って?それは感想投稿時のお楽しみに・・・(引っ張るなー・・・)。

Re: No title

だまてらさん、劇場型コメントありがとうございます(^_^)

こちらのヴィヴェンテも素晴らしいので、ぜひお楽しみください!

No title

週末ようやく聴きました!
デビュー盤にしてこの完成度にはびっくりです!
2曲目のXV:18ですが、冒頭の三和音の感じ、続いてのテーマの入り方、いずれも弦楽四重奏曲作品76-1を思いだしませんか?
ところで、やらかしたというのは、ユッタ気付けでトリオ宛に直メールしたことです。
といってもたいした文面では無く、初回は(えっ、2回も送ったのかよ?と聞こえて来そうですが・・・)「日本には、意外とハイドン愛好家が多いこと、トリオの第二集が当ブログで紹介されて大いに評判になっていること、第三集に期待している事」、2回目は「順序は逆だが、第一集でふたたび盛り上がっている事」などなどです。
まだ返信は・・・というより、客観的には極東もとえランド・オブ・ライジングサンからのかなり怪しいメールでしょうから来ないと思いますが・・・。

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。

ユッタさんへメールするとは大胆不敵(^_^)
ブログのアクセス履歴を見ると例月よりドイツとフランスからのアクセスが増えています。もちろん日本語のブログ故、平時は海外からのアクセスはさして多くはないのですが、2月は確実に増えています。なんらかの影響があったかもしれませんね。

これでアルバムが入手しやすくなるといいのですが。

ハイドン版「女の愛と生涯」

聴きました。ヴィヴェンテの旧盤。
「ブラボー」のひとことです!

まず、Hob.XV:26から聴いたのですが、第1楽章冒頭の不安げなテーマの切迫感に激しく心打たれました。私はこの音楽がこのように深く、心理的に彫琢された例を聴いたことがありません。思わず、もう一度、最初から聴き直したくらいです。

そして、第2楽章。少しテンポが早めで、いつものあの穏やかでふところの深い音楽ではなく、どこか老婦人の回想のような「切なさ、はかなさ」が聞こえてきます。時々、過去の傷に思いが触れたのでしょうか、慟哭するような響きが高鳴ります。

第3楽章は、おぼろげな記憶の中、何ものかに突き動かされるように主人公が空想の中で絶えることなく、いつまでもダンスを踊ります。中間部で明るく陽が差しますが、また元の悲しみに戻り、音楽は唐突に終わります。

ふーっ…何というリアルな心理描写。これでは、ハイドン版「女の愛と生涯」ではないですか!?

恐ろしいほど深い音楽にもう一度、第2,第3楽章を聴き直さざるを得ません。今まで私が聴いた中で、これは最高のXV:26です。

イッキに聴くのはもったいないので、次にハイドン、ピアノトリオの帰結点であるXV:31を聴きました。またもやリアルな心理描写!女性が辿った生涯を、奥深い諦観をベースに、静かに慰撫するような演奏になっています。

そして第2楽章の「ヤコブの夢」。このタイトルは同曲のヴァイオリンソナタ版から来ているようです。聖書の中の「ヤコブの夢」は良く知っていますが、この曲の忙しく動き回る曲調は、天使が梯子を昇り降りしている様を描写しているのでしょうか?

今、そのヴァイオリンソナタ版を、ヨアンナ・マドロシュキェヴィッチュのヴァイオリンと、パウル・グルダのピアノで聴いていますが、これも心に染みる実に良い音楽ですね。

ともあれヴィヴェンテ・トリオの演奏、これ以上はないほどの洗練で、何よりも今までになかった「特別な世界」をしっかりと構築しています。

それは何かと言いますと、先ほど書いた「女の愛と生涯」です。このCD全体を通して、女性の一生が表現されているのではないでしょうか。

そしてついに、第2楽章のラスト。ここは急に奇妙にアクロバティックな音型がヴァイオリンとピアノに出てきます。この箇所はどの団体も、まさに曲芸的に演奏していますが、ヴィヴェンテは大分違います。一筆書きのように力を抜いた軽いタッチで弾くことで、見事に「諧謔」を表現しているのです。…あっぱれ!

つまり「女の愛と生涯」の最後が、苦しく悲しみに満ちた世界で終わるのではなく、「私の人生、これで良かった … これも一つの生き方だったのよ」と軽くフッと笑って見せるのです。

CDジャケットを見れば、まさにその通りではないかと感じました。女性の物憂げに見上げる顔のバックに、小さく踊り子が描かれていますね。

さあて、残りの曲を聴くのが楽しみです。
この度も、Daisyさんの発掘のワザに大感謝!

そして、だまてらさんのラブコールに応えて、第三弾が出されますことを大いに期待して…。

Re: ハイドン版「女の愛と生涯」

Skunjpさん、いつもドラマティックなコメントありがとうございます。

私はハイドンの音楽を聴くとテーマのようなものより純粋に音楽的な創意、アイデアの豊富さ、そして古典的な均整のとれた美しい響きやフォルムの方に想像力が働きます。確かにこのXV:26やその他の曲を聴くと「女の愛と生涯」といったロマン派の音楽にオーバーラップするテーマが薄っすらと感じられます。おそらくSkunjpさんのイメージされる「女」や「愛」は、ハイドンの書く音楽同様、理性を伴う純文学的な印象を持ったものなのでしょうね。

ハイドンの曲の持つ深いのにちょっとさっぱりとしたニュアンスを含めて、私はハイドンが華やかなロンドンの生活を楽しむ貴婦人の人生を想像して「ロンドンの貴婦人の追想」のような印象を持ちました。

いずれにせよ素晴らしい音楽は想像力を掻き立てるという事で、、、(^_^)

No title

ちょっと、そちら方面に深入りし過ぎてしまったようです。ヴィヴェンテのXV:26にみなぎる余りのスリルとサスペンスに妄想がふくらんでしまいました。
「いずれにせよ素晴らしい音楽は想像力を掻き立てる」という事でご勘弁を(汗)

Re: No title

いやいや、芸術は想像力の賜物ですので、ヴィヴェンテのスリルとサスペンスから妄想が膨らむのはもっともなことです。妄想こそ芸術です!

ありがとうございました!

この記事がきっかけで、このアルバムも聴きました。みずみずしく、活き活きとして、透明感があり、清冽な水の流れのように爽やかでした。これからも、ハイドンの喜びと驚きを多くの耳に届けてください。

Re: ありがとうございました!

井上幸治さん、コメントありがとうございます。
この記事にはコメントが山ほどついており、このアルバムの良さが言い尽くされているかと思いきや、

>みずみずしく、活き活きとして、透明感があり、清冽な水の流れのように爽やかでした。

とは、そのとおり。デビュー盤にもかかわらず、澄み切ったような心情の演奏であるこの演奏のポイントを突いていると思います。このような素晴らしい演奏で聴くからこそハイドンの真髄が伝わるというものですね。お気に入りいただき何よりです!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造東京オペラシティヒストリカルディヴェルティメント古楽器東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.54ロンドン軍隊交響曲102番太鼓連打交響曲99番時計交響曲97番奇跡交響曲93番交響曲95番驚愕交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ライヒャロッシーニドニぜッティピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎マーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:31モンテヴェルディアレグリパレストリーナタリスバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンモーツァルトシューベルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹無人島時の移ろい交響曲42番交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番交響曲78番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットカノンオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲18番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ