【新着】イル・ポモ・ドーロの協奏曲集-1(ハイドン)

最近リリーズされたばかりのアルバム。

IlPomoDoro.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

リッカルド・ミナーシ(Riccardo Minasi)とマクシム・エメリャニチェフ(Maxim Emelyanychev)の指揮するイル・ポモ・ドーロ(Il Pomo D'Oro)によるハイドンの協奏曲などを収めた2枚組のアルバム。収録曲によって指揮者と演奏者がいろいろなので、曲目は下記のレビューをご参照ください。収録は2014年2月7日から26日まで、イタリアヴェネト州ヴィツェンツァ県のロニーゴ(Lonigo)という街のヴィラ・サン・フェルモ(Villa San Fermo)でのセッション録音。

オケのイル・ポモ・ドーロは2012年に設立された若手中心の古楽器オーケストラ。活動はオペラが中心のようです。オケの名前は17世紀に活躍したイタリアのオペラ作曲家アントニオ・チェスティ(Antonio Cesti)のオペラ「黄金のリンゴ(Il Pomo D'Olo)」にちなんだものとのこと。

il pomo d'oro

オケのウェブサイトの写真を見ると本当に若いメンバーばかり。このアルバムは2枚組のCDですが、CD1がヴァイオリンソロも担当するリッカルド・ミナーシの指揮、CD2はハープシコードソロを担当するマクシム・エメリャニチェフの指揮と担当を分けています。ウェブサイトのオーケストラの略歴を見てみると、なんと2016年の1月までの首席指揮者がリッカルド・ミナーシで、新たな首席指揮者がマクシム・エメリャニチェフになるとのこと。このアルバムの録音は2014年ですが、この指揮者の円満な交代を象徴するように、交代の時期を狙ってアルバムを準備してリリースしてきたものと思われます。

リッカルド・ミナーシは1978年ローマ生まれのヴァイオリン奏者、指揮者。これまで、ジョルディ・サヴァール率いるル・コンセール・デ・ナシオン、アッカデミア・ビザンティーナ、コンチェルト・イタリアーノ、イル・ジャルディーノ・アルモニコなどのコンサートマスターを務めてきた実力派。また指揮者としてもリヨン国立歌劇場管弦楽団と合唱団、チューリッヒ室内管など多くのオケを振った経験がありますが、イル・ポモ・ドーロは設立された2012年から2015年まで首席指揮者を務めました。教育者としてもパレルモのベリーニ音楽院やニューヨークのジュリアード音楽院、ヘルシンキのシベリウス音楽院などでマスタークラスなどを開いています。

ハープシコードを弾くマクシム・エメリャニチェフは1988年ロシアのジェルジンスク生まれの鍵盤楽器奏者、指揮者。まだ若いですがロシア国内の多くのコンクールでの優勝経験があり、またロシアではかなりの数のオーケストラの指揮経験があるようです。最近話題のクルレンツィス指揮ムジカ・エテルナの「フィガロの結婚」で通奏低音フォルテピアノを担当しています。

では、CD1から。指揮はリッカルド・ミナーシ。

Hob.VIIa:4 Violin Concerto [G] (c.1765/70)
まずは、ミナーシ自身がヴァイオリンを弾くヴァイオリン協奏曲。若々しく溌剌とした序奏。古楽器オケですが表現はダイナミックでどちらかというと楽天的な響きが特徴。すぐにミナーシのヴァイオリンソロが入りますが、弾き振りだけにオケとまったく同じスタイルでの演奏。演奏は自由闊達なもので、かなり自在なボウイングで適度な節度をもちながらも随所にアドリブを利かせます。型にはまった音楽とは正反対に、創意を凝らします。録音は鮮明なんですが、ちょっとマイクセッティングが独特なのか、ソロの響きに濁りというかキリリと定位しないきらいがあります。カデンツァも即興性が溢れ出す感じ。なかなか面白い。
アダージョも実に新鮮。ミナーシのヴァイオリンはさすがに実力者だけあって、音色の美しさは格別。しかもしなやかに躍動しながら、音楽が豊かに膨らみます。リズムの角が滑らかに削られ、木質系のしなやかな響きとおおらかな盛り上がり。そしてふと気づくとミナーシの美音の余韻が消え入る美しさに気づきます。弱音のデリケートさ、音量のしなやかなコントロールにうっとり。
フィナーレは古楽器の豊かな響きが速いテンポで引き締められ、豊かな疾走感に溢れた演奏。録音会場に響きわたる強音の余韻と千変万化する響きに打たれます。いやいや、これは新時代の古楽器演奏。音楽が実に楽しく響きます。

Hob.VIId:3 Concerto per il corno [D] (1762)
続いてホルン協奏曲。ホルンのソロはヨハンネス・ヒンターホルツァー(Johannes Hinterholzer)。ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ウィーン・アカデミー、ルーヴル宮音楽隊のホルンを務める人とのこと。オケは全曲同様、弾むリズムで楽天的かつ自在さに富んだ序奏を聴かせます。ヒンターホルツァーのホルンはあえてソロを浮き彫りにするというより、オケの1パートのような素朴な演奏。朗々という感じではなく、雅な音色を活かしてキレ良く聴かせるホルン。テクニックは確かで音が外れるような危うさはありません。実に楽しげなソロ。小気味良いテンポが古楽器ならでは。ホルンのカデンツァは古楽器のホルンから実に多彩な響きを聴かせ、テクニックも万全。
聴かせどころのアダージョは、素朴な古楽器の音色の魅力がしっかり伝わります。ホルンの音程が下がるところの響きのなんとスリリングなこと! 磨き抜かれた演奏とは真逆で、楽器それぞれの音色の微妙な響きの綾と、奏者それぞれの響きの違いを楽しめと言っているよう。これまで聴いた古楽器による演奏とはちょっと聴かせる角度が違います。結果的に実に豊かな音楽が流れます。再びホルンの音程が下がるところでオケの響きの中にホルンが吸い込まれていくような独特の雰囲気。ゾクゾクします。そしてカデンツァでは逆にオケの響きの中からホルンがすっと響いてくる面白さ。響きの変化に耳が集中。
そしてフィナーレもこのホルンとオケの響きの変化に引き込まれつづけます。一貫したリズムで落ち着いてテンポ刻みますが、ソロとオケが完全に一体化してめくるめく響きを繰り出してきます。これほど面白いホルン協奏曲は久しぶり。

Hob.XVIII:4 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
そして、指揮はミナーシ、ハープシコードソロは次期指揮者のエメリャニチェフの組み合わせ。この曲オケの刻むのリズムの面白さが聴きどころ。この曲、手元の所有盤を確認したところ、ピアノかフォルテピアノで弾かれるのが普通で、ハープシコードで弾いているのはコープマン盤ぐらい。ソロが聴き劣りするかと思いきや、まったくそうは感じさせません。エメリャニチェフはハープシコードの繊細な音色を活かしながら、しなやかに響きを変化させ、楽器の音量の限界などを感じさせず、逆に繊細な響きの魅力で聴かせてしまいます。エメリャニチェフはハープシコードのリズムも自在にコントロールして、表現密度でオケに負けません。オケの方も静かなハープシコード相手ということで、若干音量を控えながらも、起伏に富んだダイナミックなサポート。
アダージョは草書体のような筆使いのオケのん伴奏。エメリャニチェフのソロは1楽章以上に実に表現力豊か。しっとりと弾かれる美しいメロディーに静かに聴き入ります。ハープシコードのソロがここまで心に響くとは思いませんでした。
一転してキレのいいフィナーレ。オケに溶け込むように繊細な音色のハープシコードが鮮やかなタッチで飛び回ります。オケとの音色差が大きいのでしっかり分離して聴こえます。もちろん力感は完全にオケ優先ですが、音域のせいか浮かびあがるのはハープシコード。この響きの面白さこそ、ピアノやフォルテピアノでは出せない面白さでしょう。そして最後のカデンツァも素晴らしく鮮やかなハープシコードの音階の嵐に惚れ惚れ。迎えに来たオケとの掛け合いも見事に決まってフィニッシュ。いやいやこの曲の新たな魅力を発見したような新鮮な気持ちになりました。

変わってCD2。今度はハープシコードを弾くマクシム・エメリャニチェフが指揮をとりますが、記事が長くなってきたので、久々に記事を分けて次の記事とすることにしましょう。

ということでCD1の3曲の演奏は全曲[+++++]とします。続きをお楽しみに!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲 ホルン協奏曲 ピアノ協奏曲XVIII:4 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ