クイケン/ラ・プティット・バンドのマタイ受難曲(東京オペラシティ)

前記事に書いた通り、3月5日の土曜日は以前からチケットを取ってあったコンサートにいってきました。

KuijkenMatthaus.jpg
東京オペラシティ:ラ・プティット・バンド「マタイ受難曲」

ハイドンでも素晴らしい演奏を聴かせるクイケン(Sigiswald Kuijken)とラ・プティット・バンド(La Petite Bande)によるマタイ受難曲という、現代最高の演奏が期待出来る千載一遇の機会。前記事でも触れましたが、クイケンは2011年の来日時、バッハのブランデンブルク協奏曲などを今回と同じ東京オペラシティで聴いています。

2011/07/02 : コンサートレポート : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのブランデンブルク協奏曲

録音では恐ろしく精緻な演奏聴かせるクイケンとラ・プティット・バンドですが、前回実演に接してわかったことは、実演でも恐ろしく精緻な演奏は変わりないということ。精緻といってもエッジの立った演奏とは対極のとても自然なもの。自然に呼吸するように演奏しながら、よく聴くと恐ろしく緻密なことに気づくという感じ。その精緻さでマタイという長大な曲がどのように響くのか、そして近年編成を小さくしてOVPPで響きのピュアさにこだわるクイケンによるマタイがどう響くのか。興味津々でチケットをとりました。

IMG_5121.jpg

開演時刻は東京オペラシティでの土曜のコンサートでは定番の15:00。ただしCDだと3枚組になるマタイですので、終了予定は18:00とたっぷり3時間コースです。いつものようにホワイエでワインなどをいただいて脳を覚醒させて開演を待ちます。席はオケを右上から見下ろすことができる好きな2階席。

IMG_5123.jpg

定刻となり、オケが登壇して、オルガンに合わせて丹念にチューニング。そしてソロ陣とクイケンが登場。会場はもちろん満員。マタイといえば2組のオケに少年合唱が加わるというのが定番でしょうが、合唱はなく8人のソロに加えて3人のソロが合唱パートまで歌うもの。ソロ陣は下記のとおり。

(下手4人)
ソプラノI:ミンナ・ニーベリ(Minna Nyberg)
アルトI:ルチア・ナポリ(Lucia Napoli)
テノールI & エヴァンゲリスト:シュテファン・シェルペ(Stephan Scherpe)
バスI & イエス:シュテファン・ヴォック(Stefan Vock)

(上手4人)
ソプラノⅡ:マリー・クイケン(Marie Kuijken)
アルトⅡ&証人Ⅰ:リディア・ヴィネス・カーティス(Kidia Vinyes Curtis)
テノールⅡ&証人Ⅱ:バルタザール・ズーニガ(Baltazar Zúñiga)
バスⅡ:イェンス・ハーマン(Jens Hamann)

(奥3人)
ユダ、大祭司カヤパ、祭司長Ⅰ:ニコラ・アッフテン(Nicolas Achten)
ペトロ、ピラト、祭司長Ⅱ:オリヴィエ・ベルテン(Olivier Berten)
ソプラノ・イン・リピエーノ、女中Ⅰ&Ⅱ、ピラトの妻:クリスティン・ネース(Kristien Nijs)

歌手は美女にイケメンぞろいの豪華な布陣です。

オケは少人数ですが左右に2組。オルガンも2組。クイケンは第1オーケストラのヴァイオリン席に座り、自分のヴァイオリンを調弦し終わると、オケに向かって表情でさっと合図を出して、有名な第一部の最初のメロディーがタケミツ・メモリアルホールに響きわたります。いきなり澄み切ったオケとソロ陣によるコーラスの響きに包まれ、落ち着き払いながらも純粋無垢な響きの美しさに包まれます。通例は少年合唱で歌われるパートは後方のソロ3人のなかのクリスティン・ネースの澄んだソプラノが担当。前のソロ陣よりもむしろ通りのいい声と感じるほど澄んで浸透力のある声。

クイケンは指揮するというより、要所でタイミングを指示するのみで、オケはほとんど自律的に演奏を進めます。ヴァイオリンとヴィオラは演奏する時には立ち上がって演奏しますが、クイケンは座っているときにはじっと他の奏者の演奏を聴き、時折弓で指揮をするような仕草をするのみ。

曲はほどよいテンポでしなやかに進み、レチタティーヴォとアリアなどによって語られる聖書のドラマの合間に癒されるようにコラールが挟まりますが、そのコラールの透き通った美しい響きが鳴り響くたびに癒しが降りそぎます。歌詞は正面のパイプオルガン席に設えられた電光掲示板に表示されるので物語も実によくわかります。長大な曲ながら、流石にオケの精度は素晴らしく、弦楽器、木管楽器、オルガンなど全パートの奏者が穏やかなながら実に活き活きと演奏していきます。ことに第1オーケストラのオーボエは絶品。メロディーが神がかっています。歌手ではエヴァンゲリストのシュテファン・シェルペが非常に美しいテノールを聴かせます。全編に心地よいテノールのレチタチィーヴォが演奏の高貴さを保ちますが、ここぞのメリハリも流石。素晴らしい歌唱でした。長い第一部の最後はさらりと終わり、長い静寂に包まれたあと拍手が降り注ぎます。この日のお客さんはあまりに完成度の高い演奏にのまれていたようで、拍手もじわりと湧き上がるようなものでした。

20分の休憩を挟んで後半も完璧な演奏が続きます。イエスの捕縛から始まり、イエスの罪を裁く裁判、十字架への磔、そしてイエスの死と、その墓収められるまでの物語り。レチタティーヴォとアリアの後にコラールが続く展開が繰り返され、コラールが響くたびに幸福感に包まれます。物語の要所は迫力ではなく少ない楽器による奇異なほどのドラマティックな響きによって表現されます。終盤クイケンは演奏中にヴァイオリンを席に置き、歌手の横に移動してヴィオラ・ダ・ガンバに持ち替えて、クライマックスを古雅な響きで演出します。クイケンの自在な弓裁きで鳴らされるガンバの巧みな演奏はこの日の聴きどころの一つでした。最後にイエスの復活を恐れて墓が封印されてから、終結のコラールまでの澄み切ったクライマックスは感動的。響きが天上に昇華していくような独特の気配を伴った純粋無垢な音楽にホールは完全にのまれ、最後の響きの余韻が消えると暖かい拍手に包まれました。

ホールを揺るがすクライマックスではなく、祈りの純度が心に沁みるような神聖な雰囲気に包まれた時間でした。普段バッハなど聴かない嫁さんも満足そう。もちろんカーテンコールは何度も続き、一旦引き上げたオケまで呼び戻されるほど。時刻は18時をとうにまわり、長大なマタイ受難曲を聴き切ったほどよい疲れと、幸福感が相まったひと時でした。

流石にクイケンのマタイを聴きにくるお客さんは音楽をわかったかたばかりのようで、最後まで舞台に暖かい拍手を送り続けていました。記憶に深く残る素晴らしいコンサートでした。会場でもクイケンのマタイの録音を売っていたのですが、amazonの方がリーズナブルと知っていたので、帰ってから注文しちゃいました。あとでのんびり楽しむことにしましょう。





なお、プログラムに挟まれたチラシによると、ラ・プティット・バンドはこれだけ素晴らしい演奏をしながらも、ベルギー政府の補助金の大幅カットにともない財政難とのこと。クイケン自筆の書籍の日本語訳を購入する寄付を求めていました。これが3万円とちょっと勇気がいる額。1万円ならば寄付しちゃったんですが、、、(嫁さん許可付)

クイケンの振った「天地創造」は1982年の録音ともう34年も前。そろそろ新盤の録音も期待したいところですし、次回の来日時には是非「天地創造」を取り上げてほしいものですね。




(おまけ)

この日は東京オペラシティに到着したのが早かったので、併設されたアートギャラリーでサイモン・フジワラのアートワークを楽しみました。ちょっと前にテレビで知って見てみたかったもの。

IMG_5120.jpg
サイモン・フジワラ | ホワイトデー

「ホワイトデー」と題された展覧会。日本の製菓会社が導入したホワイトデーという儀式の裏に潜むシステムに光を当てた展示とのことで、入るなり床にお金がばらまかれていたり、日本社会の象徴である名刺が超巨大に印刷されたオブジェがあったり、毛皮をバリカンで刈り続ける女性がガラス箱に入っていたりと、かなり風刺が効いていますが、それをまとめるアーティスティックなセンスがいいので純粋にアートに見えるところが流石です。めずらしく撮影可の展示。作品が写真に撮られ、SNSやメディアに流れることも意識しているのでしょう。上のリンクでほとんどの作品を見ることができます。

IMG_5109.jpg

入り口を入ると早速買い物袋に入った毛皮にスポットライトがあてられたオブジェ。

IMG_5113.jpg

メインの展示の前半。床にはコインがばらまかれ、様々なオブジェが配されています。中にはお札でできた扇子やスターリンのお面まであります。奥には実際に人から型をとったオブジェが多数ならべられ、髪型から中国の兵馬俑を思わせます。

IMG_5117.jpg

メインの展示の後半はまさに兵馬俑そのもの。そしてトリッキーな編集を施された映像が流されています。さっと見て30分程度。コンサート前のひと時をアーティスティックに過ごすことができました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : バッハ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ