【追悼】ニコラウス・アーノンクール

古楽器による演奏を世界に広めた立役者の一人、ニコラウス・アーノンクールが3月5日に亡くなりました。報道によれば6日に家族が公表したとのことです。1929年生まれということで享年86歳でした。このところブリュッヘンにホグウッドと古楽器演奏のパイオニア世代の音楽家が次々と亡くなり、そしてこの度のアーノンクールということで、一つの時代が終わりつつあるような複雑な心境です。

当ブログの読者の方ならご存知のとおり、アーノンクールはハイドンの作品も、交響曲ばかりではなく、オラトリオ、ミサ曲などかなりの数のアルバムを残しており、ハイドンの演奏者としても代表格の一人です。もちろん当ブログでも何度も取り上げています。また、最後の来日となった2010年、サントリーホールで天地創造の実演にも接しています。どんぐり眼でオケに鋭い指示を出す姿が脳裏に鮮明に焼き付いています。そのあたりのところは過去の記事を御覧ください。

2013/09/01 : ハイドン–交響曲 : アーノンクール/ベルリンフィルの熊ライヴ
2013/01/02 : ハイドン–オラトリオ : アーノンクールの十字架上のキリストの最後の七つの言葉オラトリオ版
2010/10/31 : ハイドン–オラトリオ : アーノンクールの天地創造旧盤
2010/10/31 : コンサートレポート : アーノンクールの天地創造(サントリーホール10/30)
2010/10/07 : ハイドン–声楽曲 : アーノンクールのハルモニーミサ
2010/06/13 : ハイドン–オラトリオ : 灰汁のぬけたアーノンクールの天地創造新盤
2010/06/11 : 徒然 : アーノンクールの天地創造へ
2010/04/07 : ハイドン–交響曲 : アーノンクールの初期交響曲集

アーノンクールは、古楽器演奏を広めたといってもそれだけではなく、当時としては驚くほど前衛的なスタイルで過去の演奏の垢をそぎ落として、独自というか超個性的な演奏によって音楽界に大きなインパクトを与えた人というのが適切な評価でしょう。他の誰にも似ていない強い個性の持ち主でした。

ただし、もともとレオンハルトとバッハのカンタータ全曲録音など、地味というか時代考証を経た堅実な取り組みで知られるようになり、徐々にその個性が開花、ウィーン交響楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団や手兵のウィーン・コンツェントゥス・ムジクスなどと多くの個性的な録音を残しましたし、昨今はウィーンフィル、ベルリンフィルなどとロマン派の曲まで演奏するまでになり、その突き抜けた個性によって、バロックや古典のみならず、現代の代表的な指揮者の一人と見做される存在といってもいいでしょう。2010年の来日時には体力の問題から最後の来日と公言していましたし、近年は演奏活動からも引退すると発表したばかりと聞いています。



追悼にあたって、私がアーノンクールの演奏に開眼した思い出のアルバムを何枚か紹介しておきましょう。私がアーノンクールの演奏に衝撃を受けたのは、バッハでもハイドンでもベートーヴェンでもなく、モーツァルトでした。

ブログの最初期に私がハイドンにのめり込んだ経緯を書いていますが、ハイドンに興味を持ったのは1991年のモーツァルトの没後200年のアニバーサリーで、あまりにもモーツァルトを聴いて、ちょっと飽きてしまった反動からでした。天真爛漫なモーツァルトの音楽のなかでも、当時アーノンクールがリリースしたモーツァルトの交響曲25番の演奏が話題になり、レギュラー盤ではなくコンセルトヘボウ100周年記念アルバムにその25番が含まれていたのを最初に入手したのがアーノンクールとの出会いでした。

HarnoncourtCorea.jpg

このアルバム、現在は検索してもでてきませんね。収録曲は下記のとおり。

モーツァルト:
交響曲25番(Kv 183(173 d B))
「ルーチョ・シッラ」序曲(Kv135)
2台のピアノための協奏曲(フリードリヒ・グルダ、チック・コリア!)(Kv 365(316a))
「劇場支配人」序曲(Kv 486)
交響曲32番(Kv 318)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

このアルバムの衝撃は忘れませんね。ワルターやベームでモーツァルトに親しんだ耳と脳をかち割るような先鋭的な響きに腰を抜かしたものでした。そしてグルダにチック・コリアというクラシックでは前例のないソロによるモーツァルトの2台のピアノのための協奏曲。こちらもハスキルとアンダ盤が刷り込みだったので、アーノンクールの操るキレキレのオケに乗って、グルダのガラス細工のような透明な音階とチック・コリアとの火花散る共演にゾクゾクしたものです。豪華絢爛、外連味あふれる歌舞伎の舞台のような華やかさ。そもそもモーツァルトの音楽にはちょっと俗っぽい演出が似合うものという真髄をついた演奏と納得したものでした。アーノンクールは激しいアクセントを連発しながらも華やかさとアーティスティックさを振りまきますが、今思うとこれがデフォルメの効いた見栄を切る歌舞伎の演出とかぶりますね。不思議な高揚感に浮かされた名演奏でした。この記事を書くために実に久しぶりにこのアルバムを取り出して聞いてみると、このアルバムを手に入れた頃の新鮮な驚きが蘇ってきました。また最後の32番がこれもいい。


HarnoncourtGulda.jpg
TOWEER RECORDS / amazon

上のアルバムがあまりに面白かったので手に入れたアルバム。今度はグルダと組んでのピアノ協奏曲23番と26番「戴冠式」。グルダはアバドとウィーンフィルとの演奏が有名で、私も好きな演奏ですが、このアーノンクール盤ではアーノンクールのキレの良いアクセントに刺激されて、グルダもキレキレ。アバド盤の透き通るようなピアノの輝きとは異なり、オケに呼応して色めき立つのを抑えながら演奏するようすが実に面白い演奏です。このころのアーノンクールには後年のちょっとアーティスティックにシフトした演奏とは異なる楽しさがあるような気がします。協奏曲とは対決であると知った演奏です。


HarnoncourtKremer.jpg
TOWER RECORDS / amazon

そして、次に手に入れたのはこちら。グルダの次はクレーメルです。このアルバム、ウィーンフィルを振ったモーツァルトのヴァイオリン協奏曲5曲を収めたアルバム。全曲素晴らしいのですが、ことに冒頭に置かれたクレーメルとキム・カシュカシュアンをソロに迎えた協奏交響曲が実に面白い。やはり名門ウィーンフィルからウィーンフィルらしからぬ前衛的な響きを引き出し、クレーメル、カシュカシアンともバチバチ火花を飛ばしながらの対決が続きます。非常に聴きごたえのある演奏です。



いずれも懐かしい3組のアルバムを取り出して聴き直してみると、まるでタイムスリップしたような心境になります。このころのアーノンクールには覇気と前衛がみなぎっていました。そしてそのエネルギーをぶつけた先がモーツァルトだったということで、ハイドンを演奏するアーノンクールとは顔つきが違う感じで、奏者自身が楽しんで演奏しているような自然さが、灰汁の強さを中和して音楽に本質的な生命感をもたらしているのだと思います。

古楽器演奏のパイオニア、そして外連派筆頭のアーノンクールの死は、まさに時代の転換点のような気がします。ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : モーツァルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:52クラヴィコード古楽器豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島哲学者ラメンタチオーネチェロ協奏曲LP驚愕Blu-rayライヴ録音チェロ協奏曲1番モーツァルト交響曲86番東京オペラシティ十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲18番交響曲1番交響曲37番ひばりSACD弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲99番交響曲102番時計軍隊交響曲97番交響曲93番奇跡交響曲95番交響曲98番ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎シェーンベルクストラヴィンスキーマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26モンテヴェルディアレグリバードタリスパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番交響曲80番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番王妃トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ