マリア・クリーゲル/シュミット=ゲルテンバッハ/ポーランンド室内管のチェロ協奏曲集(ハイドン)

相変わらず、年度末の仕事にまみれております。ようやくひと段落したのでLPを聴いています。

IMG_5199.jpg

マリア・クリーゲル(Maria Kliegel)のチェロ、フォルカー・シュミット=ゲルテンバッハ(Volker Schmidt-Gertenbach)指揮のポーランド室内管弦楽団(Polnisches Kammerorchester)の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲2番、1番の2曲を収めたLP。収録に関する情報は記載されておりませんが、ネットなどで調べたところ1982年にリリースされたアルバムのようです。レーベルは独aperto。

マリア・クリーゲルといえば、NAXOSからリリースされたチェロ協奏曲のアルバムがあまりに素晴らしく、昨年のH. R. A. Awardに輝いたことは当ブログの読者の皆さんならご記憶のことでしょう。私もマリア・クリーゲルのチェロをはじめて聴いて、その類まれな表現力にノックアウトされたくちです。

2015/06/20 : ハイドン–協奏曲 : マリア・クリーゲルのチェロ協奏曲集(ハイドン)

そのマリア・クリーゲルがチェロを弾く若い時のアルバムということで、俄然興味が湧いたわけですが、このアルバムへの興味はそれだけではありません。伴奏はなんとフォルカー・シュミット=ゲルテンバッハではありませんか! 以前取り上げた「悲しみ」の素晴らしい演奏で鮮明な印象が残っています。特に彫りの深い弦楽器のキレキレの演奏は他の演奏とは次元の違うものでした。

2011/01/16 : ハイドン–交響曲 : シュミット=ゲルテンバッハ/ワルシャワ・シンフォニアの悲しみ

その印象的な2人が顔を合わせたアルバムということで、聴く前から脳にアドレナリンが噴出されるのを待っている状態。クリーゲルの新盤は2000年録音ということで本盤は18年前、クリーゲル30歳頃の録音、フォルカー・シュミット=ゲルテンバッハの「悲しみ」は1991年録音ということで本盤は9年前、41歳頃の録音ということで、それぞれの若さが演奏に宿っていることでしょう。奏者の情報はぞれぞれの前の記事をご覧ください。

このアルバム、最近オークションで手にいれたものですが、盤は非常に綺麗な状態ですが、いつものようにVPIのクリーニングマシンと必殺美顔ブラシで綺麗に磨きあげてプレーヤーに乗せると、ノイズレスの極上の状態になりました。A面に2番が収録されているので2番から聴きます。

Hob.VIIb:2 Cello Concerto No.2 [D] (1783)
録音は鮮明。ポーランド室内管は非常に柔らかいしなやかな響きの序奏で入ります。シュミット=ゲルテンバッハは実に落ち着いたテンポでオーソドックスに序奏をまとめますが、そこはかとない華やかさが感じられます。クリーゲルのチェロも実にしなやかで柔らかい響き。入りはオケの様子を伺うように大人しめです。NAXOS盤で聴かれた味わい深さはこのアルバムでも共通しており、30歳とは思えない円熟の境地を感じさせます。全般に力が抜けて、軽々と、しかもしっとりと弓を操っている感じです。シュミット=ゲルテンバッハもそれに応えるように、羽毛のような優しいタッチでクリーゲルを支えます。「悲しみ」での力感に満ちた表現とはまったく異なります。ソロに合わせて絶妙なサポート。聴き進むにつれてソロとオケがお互いに非常にデリケートに調和して響いていることに驚きます。クリーゲルもシュミット=ゲルテンバッハもやはり只者ではありませんでした。この演奏が最晩年の録音だといわれてもおかしくない、真に力の抜けた、音楽だけが響く純粋無垢な響き。シュミット=ゲルテンバッハの操るポーランド室内管も絶品。クリーゲルの演奏の本質を見抜いて、完璧に調和させようという意図を感じます。ただのおじさん風の風貌(悲しみのジャケット参照!)から溢れ出る優しい音楽。なんという優しさ。なんというデリケートなフレージング。絶品です。そして最後のカデンツァはクリーゲルのチェロから繰り出される音楽の陰影の深さに圧倒されます。オケが迎えにくるまでにノックアウト。1楽章からあまりの素晴らしさに、脳に溜まっていたアドレナリン全噴出!
この演奏でアダージョが悪かろうはずもなく、冒頭からシュミット=ゲルテンバッハの癒しに満ちたオーケストラコントロールに身をまかせます。クリーゲルも安心して伴奏に身を任せながら演奏しているのがわかります。ゆったりとうねる大波に浮かぶような心境。音量を抑えたところでのクリーゲルのチェロの見事なコントロールはこの楽章の聴きどころでしょう。そして音階の滑らかさ、無理なく伸び伸びと響くチェロの美音。完璧です。
ほのかな郷愁を感じさせるフィナーレの入り。クリーゲルは速いパッセージもあえて丁寧に弾いて、音楽をしっかりと印象付けます。シュミット=ゲルテンバッハとの息の合ったやりとりも変わらず、互いのイメージしている音楽が完全に重なり見事な一体感。少し遅めでメロディーをしっかり演奏していく方向は一貫していて、終楽章のメロディーの美しさが脳裏に焼きつきます。いやいや、期待はしていましたが、ここまで素晴らしい演奏とは思いませんでした。

Hob.VIIb:1 Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
レコードをひっくり返して、今度は1番。オケのしなやかさは変わらず、2番のゆったりした感じから、リスムを少しはっきりさせて晴朗さに振ったようなテイスト。こころでもシュミット=ゲルテンバッハはサポートに徹してクリーゲルを迎えます。クリーゲルは独特の燻らせたような音色で、やはり力の抜けたボウイングで味わい深くフレーズを刻んでいきます。2番よりも高音の伸びやかな鳴きを聴かせる頻度が高いのでチェロの美音が印象的。どこにも無理はなく、淡々と音楽を進めていきますが、音楽自体は実にしなやか。ソロもオケも癒しに包まれ、特に伴奏に乗ってクリーゲルが自在に演奏している感じがいいですね。クリーゲルのカデンツァはあまりに伸びやかで深みのある演奏に再び驚きます。晴朗さに満ちた1番の1楽章が天上の音楽のごとき神々しさに包まれました。
もっと驚いたのがアダージョ。2番とは明らかに異なり、この楽章、深く深く沈む情感を表すがごとく、テンポをかなり落として呼吸も深まり、情感が滲み出します。明らかに2楽章に聴きどころを設定している感じです。クリーゲルのチェロはもはや枯淡の彼方へ。楽譜に潜む気配をさっして思い切り踏み込んできました。チェロの音色は美しさの限りを尽くして鳴き続けます。そしてシュミット=ゲルテンバッハもともに沈み込み、祈りのような時間が流れます。いままで聴いた1番のアダージョでは最も深い音楽。
静寂を振り切るようにフィナーレは快活なオケが新鮮に響きます。よく聴くとオケはさすがにシュミット=ゲルテンバッハのコントロールらしく、特に弦楽器のキレが見事。しなやかさを帯びているのでキレばかりが目立つわけではありませんが、流石シュミット=ゲルテンバッハというところでしょう。クリーゲルも鮮やかな弓裁きで応報。オケも徐々にキレが冴え渡り、陶酔の極致へ。タッチの軽さを保ったままクライマックスへ至る素晴らしい流れ。力みは皆無で音楽が旋回して見えなくなるほどの溶け合いかた。1番も2番とは異なる聴かせどころをもった圧倒的な名演奏でした。

いやいや参りました。このアルバムでのクリーゲル、弱冠30歳ではありますが、演奏は円熟の極み。今更ながらジャケットをよく見てみると、チェロを抱えて笑顔で映るクリーゲルの左には1981年パリで開催されたロストロポーヴィチコンクールで優勝との記載があり、このアルバムはそれを踏まえて録音されたものでしょう。私の見立てはハイドンに関してはロストロポーヴィチも他の演奏も超える決定盤としてもいい絶品の演奏です。クリーゲルばかりでなくフォルカー・シュミット=ゲルテンバッハの振るポーランド室内管もクリーゲルに劣らず絶品。お互いの音楽を深く理解しあった、協奏曲の理想的な演奏と言っていいでしょう。偶然見かけて手にいれたLPでしたが、宝物となりました。もちろん評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ