ジュリーニ/フィルハーモニア管1956年の「驚愕」(ハイドン)

最近オークションで手に入れたLPです。

Giulini.jpg

カルロ・マリア・ジュリーニ(Carlo Maria Giulini)指揮のフィルハーモニア管弦楽団(Philharmonia Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲94番「驚愕」をおさめたLP。LP自体に収録年の表記はありませんが、ジュリーニのディスコグラフィーをネットで調べてみると、この録音は1956年10月4日、5日にされた模様。レーベルはEMIですが、日本のコーキ出版というところがリリースした"Library of Immortal Classics" というシリーズの第5巻。ジュリーニの驚愕はB面で、A面はメニューヒンの振るバース音楽祭室内管弦楽団の演奏による「告別」です。

ジュリーニの振るハイドンは今まで3度ほど取り上げています。

2014/04/13 : ハイドン–協奏曲 : シュタルケル/ジュリーニ/フィルハーモニア管のチェロ協奏曲2番(ハイドン)
2011/07/22 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ジュリーニ/ベルリンフィルの驚愕ライヴ
2010/09/20 : ハイドン–交響曲 : ジュリーニの驚愕

最初に取り上げた驚愕の記事からリンクしているディスコグラフィーによると、ジュリーニのハイドンの録音はこの94番「驚愕」に集中しており、他には99番、104番「ロンドン」、シュタルケルとのチェロ協奏曲が1種づつあるのみ。「驚愕」はこれまで取り上げている76年のベルリンフィル、79年のバイエルン放送響の他にボストン響が2種あるようです。ボストン響との演奏は1962年と69年のもので、入手は難しいかもしれませんね。

よく見ると今日取り上げるアルバムはジュリーニのすべてのハイドンの録音の中で最も古い1956年のもの。ジュリーニは1914年生まれということで、このアルバムが録音された頃は40歳を超えたところ。調べてみるとローマRAI交響楽団、ミラノRAI交響楽団の首席指揮者を経て、1953年にミラノ・スカラ座の音楽監督に就任するも1956年には辞任してしまいます。こうした激動の年の録音ということでも貴重なもの。有名なフィルハーモニア管とのフィガロの録音が1959年ですので、それよりも前の録音。そして、後年、極端にスローテンポになっていったジュリーニの原点たる若い頃の録音という点でも興味津々というところでしょう。

比較のために76年のベルリンフィル盤をまずは聴いてから、フィルハーモニア盤に針を落とします。

Hob.I:94 Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)
序奏の入りはそれほど変わらない印象でしたが、主題に入ってからのテンポが全く違い、このフィルハーモニア管盤はオーソドックスにタイトにインテンポで攻め込む驚愕の1楽章を捉えたもの。20年後のベルリンフィル盤は後年のジュリーニの特徴がよく出ていて、もはや攻め込むというよりは優雅で華麗に輝く響きをバランスよく聴かせようというもの。ダイナミックさよりも美しい旋律の表現に関心が集中している模様。テンポも遅いというか流麗。こうして比較すると、20年の歳月がジュリーニの音楽をどう変えたか非常に興味深いですね。フィルハーモニア盤に戻ると、後年の流麗なジュリーニの響きの芽生えのような瞬間がありながらも、速めのテンポでグイグイオケを引っ張っていくのが新鮮。響きのバランス感覚というか決して濁った音は出さないようにしているところは流石ジュリーニというところ。実は驚愕で最も聴きごたえのある1楽章の面白さが十全に表現され、引き込まれます。
続くびっくりのアンダンテも、遅くもなく速くもないテンポで入りますが、びっくりの一音だけ響きを長くとってハッとさせられます。これはジュリーニらしいアイデア。実はここも聴きどころの中盤以降の展開部でもジュリーニ流のほのかに流麗さを感じさせる見事なオーケストラコントロール。オーソドックスなのに品格を感じさせるジュリーニ・マジック!
そのジュリーニ・マジックの素晴らしさが最も活きているのが続くメヌエット。なぜだかわかりませんが、音楽に品格が漂い、しなやかな躍動感に包まれます。フレーズの一つ一つのつながりが滑らかで、よく磨かれているからでしょうか。音楽に包まれながら大きな波に揺られているような安堵感。
そしてフィナーレに入ると躍動感が上がり、弦楽器のボウイングのキレがさらに冴えてきます。オケは軽やかに吹き上がり、響きも鮮やか。そして後年のジュリーニは見られないダイナミックな煽りを受けてクライマックスに至ります。なんと見事なフィナーレでしょう。

カルロ・マリア・ジュリーニもカルロス・クライバーも偏愛した「驚愕」。クライバーの炎の塊のように燃え上がる「驚愕」とは異なり、若きジュリーニによる力感と流麗さのバランスのとれた名演。後年いささかスタティックな方に偏って行ってしまったジュリーニの原点たる活き活きとしたエネルギーが感じられる演奏でした。私はジュリーニの「驚愕」ではこの演奏を取りますが、入手しやすいものではないため、コレクターズアイテムというところでしょう。もちろん評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 ヒストリカル LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

四季迂闊者交響曲70番交響曲12番古楽器ライヴ録音天地創造マーラー太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメント東京オペラシティベートーヴェンモーツァルトシューベルトアンダンテと変奏曲XVII:6LPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者美人奏者ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度交響曲1番ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹時の移ろい無人島交響曲42番交響曲4番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲97番奇跡交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ