ムジカ・ドメスティカのフルート三重奏曲集(ハイドン)

今日はフルートトリオ。

MusicaDomestica.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ムジカ・ドメスティカ(Musica Domestica)の演奏で、ハイドンのフルート三重奏曲3曲(Hob.XV:16、XV:15、XV:17)を収めたアルバム。収録は1994年12月、ロンドンの南東50kmにあるフィンチコックス美術館(Finchcocks Museum)でのセッション録音。レーベルはノルウェーのSIMAX classics。

前記事に続き、このアルバムも湖国JHさんから貸していただいているもの。最近当ブログではトリオものの名演を相次いで取り上げているため、トリオには目を光らせているつもりが、これまたコレクションの隙間を突かれた形です。とは言っても突かれて嬉しいのが正直なところ。自ら選んでないアルバムは実に新鮮な気持ちで聴くことができます。

奏者のムジカ・ドメスティカは、古楽器で18世紀後半から19世紀初頭までの音楽を演奏する団体。団体名は「家庭の音楽」の意。当時は室内楽は演奏会などではなく、それぞれの家庭で自分たちで演奏して楽しむものだったということに因んでいます。メンバーはこのアルバムのトリオだけではないようで、デュオからより大きなアンサンブルまでの編成までのレパートリーをこなし、イギリス、北欧諸国等を中心に活動しているとのこと。このアルバムの演奏メンバーは下記の通り。

フォルテピアノ:ブレンダ・ブレウェット(Brenda Blewett)
フルート:パウル・ワールベルク(Paul Wåhlberg)
チェロ:トルレイフ・ホルム(Torleif Holm)

それぞれ検索してもあまり情報が出てきませんので、それほど有名どころではないようです。

Hob.XV:16 Piano Trio (Nr.28/op.59-1) [D] (before 1790)
キビキビと鮮やかなブレンダ・ブレウェットのフォルテピアノのタッチが印象的な入り。フルートのパウル・ワールベルクも音階のキレの良い安定したテクニックの持ち主。そして、チェロのトルレイフ・ホルムもかなり大胆な抑揚をつけた演奏でアンサンブルを支えます。団体名の由来の通り、聴かせるための演奏と言うより演奏している奏者が楽しむアンサンブルとして聴くとこのアルバムの真価がわかります。奏者の意図がパートの掛け合いの面白さ、リズムが重なる面白さ、ハイドンを演奏する喜び表現に集中しているようん聴こえます。もちろんテクニックは十分、アンサンブルの精度も一流の奏者の演奏に引けをとるものではなく素晴らしいもの。ただ、誰かを喜ばせるために演奏するというのではなく、純粋に奏者が音楽を楽しんでいるように聴こえるんですね。「どうだ、すごいでしょ」的感覚ではなく、「ん〜、演奏するのが楽しい」的感覚(笑)。
短調の2楽章も楽章間の対比よりはメロディーに応じた表情付けに意識が集中しているよう。聴いていくうちにこちらも奏者の気持ちになってまるで自分がフレーズに表情をつけに行っているように音楽に没入しているのに気づきます。音楽を非常に身近に感じられます。奏者の意図を知って聴くことで演奏の理解が深まる感じ。
そしてフィナーレでも、表現豊かなフォルテピアノに合わせて、フルートとチェロがいい愚会にカジュアルに重なり、手作り感覚溢れた音楽が流れます。ハイドンの音楽をこれほど身近に等身大で楽しめる感覚ははじめてのもの。録音もセッション録音ながらリアリティがあって、演奏を引き立てます。これこそハイドンのトリオの演奏の真髄ではないかと、いきなり最初の曲から悟った次第。

Hob.XV:15 Piano Trio (Nr.29/op.59-2) [G] (before 1790)
冒頭からフルートの素直な響きの美しさに痺れます。テクニックが先行した風には全く聴こえないのが素晴らしいところ。程よい上手さがここち良いですね。バルトルト・クイケンのような神秘的な静謐さ、パユのような濃厚な甘さなどを感じさせるだけがフルートではないことを教わっているような気分。このちょうど良い感じが貴重なのでしょう。まさにハイドンの音楽にはこうした演奏が相応しいということなのでしょう。フォルテピアノも同様。音色はフォルテピアノそのものですが、楽器は1801年製のJohn Broadwood & Sonのグランド・ピアノ。おそらく以前訪問した浜松市楽器博物館で見てきたものの中に近いものがあるのでしょう。実に華やかないい響きの楽器です。そうした古楽器で聴く、この曲の転調が繰り返される面白さは絶品です。
続くアンダンテは音量が落ちるので、楽器の響きにさらに集中することができます。よく聴くとブレウェットの弾くフォルテピアノのタッチはブラウティハムに似ているかもしれません。表現の幅、テンポの変化を比較的大きくとり、一貫したセンスでまとめていく手腕はなかなか見事。
そしてフィナーレも一貫した表現の幅の中で演奏を楽しみます。終盤フォルテピアノの響きの余韻を繰り返す部分など、ハイドンの意図をくみ取って曲をうまくまとめます。

Hob.XV:17 Piano Trio (Nr.30/op.59-3) [F] (before 1790)
いつもながら見事なハイドンの創意に関心しながら最後の1曲を聴き始めます。前2曲とは全く異なる入りに展開。3人とも楽器をよく鳴らして自然なアンサンブルをさらに豊かに感じさせています。フレーズのそこここにコミカルな印象の部分が組み込まれているので、ホッとする瞬間と、緊張を要する瞬間の織りなす綾のようなコントラストが味わえます。楽器の音色が本来持つ雰囲気を活かすのが上手いハイドンの筆が冴えまくっているのが伝わります。しかもこの曲では程よく力が抜けて大らかな起伏がいい雰囲気。音楽をリラックスして聴くことができます。
いつもながらこの展開には舌をまく2楽章への変化。2楽章で音楽をまとめるアイデアとそれを見事にまとめる演奏。音楽の展開の気配を読み解いてまとめるフォルテピアノの絶妙なフレージングを軸にフルートもチェロも寄り添って、しなやかに演奏が進みます。やはり最後までアンサンブルの演奏を純粋に楽しむような雰囲気は変わらず。最後はきっちりまとまった感を示して終わるあたりも手馴れたもの。いつものように演奏を楽しんだねとでも言いたそうに終わります。

このアルバム、ライナーノーツなどを読まずに最初聴いたときには、取り立てて個性的な演奏でもないことからレビューに取り上げるつもりはなかったんですが、一応演奏者のことなどを調べて見るうちにちょっと興味が湧いてきて、再度聴き治すと、この地味ながらしっかりとした演奏の良さが実にいいと思えてきた次第。このアルバムよりキレのいい演奏はたくさんありますが、ハイドンのトリオとは本来このアルバムのように、身近で演奏して楽しむものということが一番よくわかる演奏というのが私の見立て。最初は[++++]としていましたが、この演奏スタンスを買って[+++++]に修正です。鳥肌が立つような見事な演奏ではありませんが、じっくりと曲の面白さを味わうにはちょうどいいアルバムと言っていいでしょう。こう書くと、これも聴きたくなってくるはずです(笑)、皆さん!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : フルート三重奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

宇野重吉とハイドン

〉こう書くと、これも聴きたくなってくるはずです(笑)

確かにそうですね(笑)

最近バタバタとしており、今日やっと休みをもらってブログを眺めていると、この記事に目が止まりました。(おー、これは聴かなければ!)

とりあえずナクソスで聴くか、と思い「フルート三重奏」検索したのですが、出てきません。そこで団体名で検索すると「ピアノ三重奏」の項目で載っていました。…なるほど(笑)

さっそくタブレットをリビングの装置につないで聴きました。ナクソスをメイン装置につなぐ気は起こりません。やはりあらが目立つからです。でもリビングの装置(オルトフォンJの小型スピーカー)は部屋のライブネスと相まって、そこそこ楽しく聴けます。

のんびりとソファーに体を沈めて、流れてきた音楽は、まさにピアノ三重奏でした。フルート三重奏ではなく…

つまり、フルートではなくピアノが主役。しかし、まあ達者なピアノですね。

フルートも仰る通りです。確かにクイケンだと巧すぎで敷居が高く感じられ、なかなかCDに手が伸びません。その点、このフルートは「普通」…

…ん?…むむッ!

と思いきや、これはこれで非常に洗練されているではないですか。でもそれが聴く人の重荷とはならないのです。

素朴

ひなびた楽しさ

親しみ

ほっこりとした愛情深さ…

これぞまさにハイドン、といった要素をフルートのパウル・ワールベルクは高度のテクニックを駆使し、巧みなワザで演出しているではないでしょうか?

俳優にたとえて言えば、宇野重吉?

まあ、異論はあろうかと思いますが、あのひょひょうとした融通無碍の芸風は、舞台俳優としての厳しい修行が下支えしていたのだと思います。

ワールベルクのフルートは、リズムのキレとタンギングの巧みさが素晴らしいです。それを「素朴さの創出」のために総動員しています。単に駄目な奏者はここがモタモタしているのですが、このフルート奏者は全く違います。

いやいや本当にハイドンを聴く楽しさにあふれた演奏です。

そして、ハイドンとは何か?ということについても深く考えさせられました。

Daisyさんの慧眼のおかげで、また一人優れたフルート奏者を知ることになりました。

さすがですね!

Re: 宇野重吉とハイドン

Skunjpさん、いつもコメントありがとうございます。

このアルバム、どちらかというと雄弁なピアノの方に耳が行ってしまいますが、フルートも実に上手いですね。流石に聴くところが違いますね。しかも宇野重吉と、これまた渋いところで例えられ、一本取られた感じです(^_^)

ハイドンのトリオもヴィヴェンテのような鮮烈な演奏も素晴らしいのですが、このトリオのような演奏する喜びに満ち溢れた素朴な演奏もまた実にいいものです。そうしたことに気づかされた一枚ですね。

今月はあと一本記事を書いています。半分書けましたので今晩にはアップできると思います。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

SACD弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:32LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5天地創造東京オペラシティディヴェルティメントヒストリカル古楽器東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウスロンドン時計太鼓連打軍隊交響曲102番交響曲99番交響曲93番奇跡交響曲98番交響曲95番交響曲97番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ドニぜッティオーボエ協奏曲ライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲ひばり皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎マーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:31モンテヴェルディアレグリタリスパレストリーナバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6告別交響曲1番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38哲学者交響曲80番交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹無人島時の移ろい交響曲42番交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番交響曲78番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットカノンオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲18番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ