【番外】秋の伊豆紀行

10月は母親姉妹の誕生月。今年で母親は80歳、叔母が76歳、2年前に亡くなった叔父が生きていれば78歳の誕生日を迎える月です。叔父が亡くなる前に母親方の祖母の故郷である出雲に大旅行に出かけた件は以前ブログに書きましたが、それ以来、なんとなく毎年毎年が貴重な時間ということで節目には叔母を伴って旅行に出かけるようになりました。この10月も母親も叔母も旅行に出かける元気は残っているということで、誕生祝いの旅行に出かけることにした次第。タダでさえハイドンのレビュー数が伸びない中ですが、しばし旅行記にお付き合いください。

旅行への出発前夜にパーヴォ・ヤルヴィ/N響のマーラーを聴きに行ってしまい、帰ってきた週中に武満、週末にオッコ・カムとハイドンどころか、コンサート3発、おまけに仕事もバタバタということで、後先考えずに予定を入れたため、なんだかハチャメチャになりながら、コンサートレポートをようやく書き上げ、最後に家族からの暗黙のプレッシャーで旅行記にようやくこぎつけた次第です。

今回は企画も直前。今年の夏休みは7月に叔母を伴って信越方面に2泊3日で出かけましたが、その時泊まった妙高高原の赤倉観光ホテルのグループから、赤倉や中伊豆のホテルのお得意様向けのお得なプランのDMが届きます。それらを眺めながら10月の母親姉妹の誕生祝いに泊まろうかと嫁さんと相談していたのですが、赤倉の方もこの夏で2度目、伊豆の方の宿も母親連れで2度ほど泊まったこともあり、どちらもいい宿なんですが、今回は今まで行ったことがない宿の方が良かろうということで、それほど遠くない伊豆で新たに宿を探して1泊旅行に出かけようということになりました。宿の予約は直前ゆえ土日はむずかしいということで、私が1日仕事を休んで、金曜泊との予定を組んだ次第です。



出発したのは10月7日、体育の日を含む3連休前の金曜日。前日はサントリーホールでパーヴォ・ヤルヴィのマーラーの大曲3番を聴いておおいに楽しみ、反省会でほろ酔い加減で帰宅。帰ってバタンキューと眠りについて、起きたら旅に出発です(笑)

いつもはかなり早い時間に出発するのですが、流石にそれはハードということで、出発したのは朝7時過ぎ。いつものように新宿に叔母を迎えに行きますが、世の中は平日の通勤時間帯。やはり新宿へこの時間に行くのは少し時間がかかります。いつもより少々時間がかかって叔母をピックアップして伊豆に向かおうとしますが、iPhoneのGoogleマップへ伊豆方面をセットすると、なんと新宿から東名ではなく中央高速に乗るようにガイドしてきます。調べてみると東名横浜インターの辺りが真っ赤に渋滞表示。中央高速の八王子から圏央道で東名厚木に抜けて行く方が速いということがわかり、急遽中央高速に乗ることにします。最近は車のカーナビよりもGoogleマップの方が渋滞を踏まえた到着時間が正確に予測されることがわかり、ここぞというときはGoogleマップを使うようにしています。

中央高速は調布辺りまでダラダラしていたものの、あとは渋滞なく、圏央道も快調、スイスイ進んで、東名でいつも立ち寄る御殿場手前の鮎沢パーキングエリアまでひとっ飛び。晴天ではありますが、残念ながら富士山は雲に隠れて顔を出しません。

IMG_6859.jpg

手前の海老名サービスエリアとこの先の足柄サービスエリアは広くて色々あるのですが、鮎沢はなんとなくいつも空いててのんびりできるので気に入ってます。何と言っても脚の悪い母親連れだと車からトイレの距離が近いのが一番なんですね。この時点で、もう11時近くになっています。この日の最初の行き先はこの少し先。

鮎沢を出ると、すぐに足柄、御殿場とすぎ、新東名への分岐になります。新東名側に入って間も無く、長泉沼津で新東名を下ります。市街地をくねくね走りながらインターからすぐのところにあるこの日の目的地につきます。

IMG_6883.jpg

クレマチスの丘 | Clematis no Oka

以前から目をつけていたところ。叔母が散策好きなので、公園のようなところが良かろうということと、そろそろ昼時なので、ランチスポットもあるということでここを選びました。もちろん10月はクレマチス(鉄線)のシーズンではありませんが、駐車場の脇にはこの季節でも花をつけているものがありました。

初めてのところゆえ、ネットの情報などを頼りに、まずはランチです。クレマチスの丘には高級イタリアンとカジュアルなイタリアンがあり、夜は宿の豪華懐石との予定なので、1ミクロンも迷うことなく、カジュアルな方に向かいます。

IMG_6866.jpg

ピッツェリア&トラットリア CIAO CIAO(チャオチャオ)

駐車場からすぐのところにお店がありました。幸い平日の12時前ということで先客が2組ほどいらっしゃるだけで、すぐに席につくことができました。

IMG_6868.jpg

カジュアルな方と言っても、厨房の奥にはピッツァを焼く石窯があり、店員さんもそれなりの格好をしていて何やら本格的な雰囲気も漂います。まずは飲み物を頼んで喉を潤しますが、もちろん私は唯一のドライバーかつツアーコンダクターということで、いつも通りノンアルコールビール。周りの皆は赤白とりどりのワイン(涙) ただし、それなりにドライブしてきたので、ノンアルコールビールでもそれなりに沁みます(笑) ということで、前菜にピッツァとパスタを適当に注文します。

IMG_6872.jpg

こちらは前菜のリストにあった生ハムサラダ。これで1人前ですが、前菜であるということを考えると恐ろしい盛り。4人で取り分けても多いくらい。若干この後の皿の盛りが気になります。野菜は新鮮で悪くありません!

IMG_6873.jpg

続いて出てきたのがお店のオススメのマルゲリータ・ピッツァ。こちらはほぼ予想通り。生地が薄いので、大きくてもそこそこの量。ちなみに石窯焼きらしく香ばしくて美味しい。ピッツァはイタリア人らしきピッツァ職人が焼いていましたので、このお店の看板でしょう。

IMG_6875.jpg

続いてパスタその1。箱根西麓野菜のプッタネスカ。パスタは多めではありましたが、4人で取り分けることを考えて、ピッツァ1枚、パスタ2皿と人数分より控えめに注文して正解! 以前の旅行で染み付いた「昼は軽めに」の鉄則を守っていて良かったです(笑)

IMG_6876.jpg

そしてパスタその2。もち豚のラグーソースのスパゲッティ。パスタはどちらもしっかりした旨味があり、こちらも満足。もちろん母親も叔母も食は細めなので、必然的に私に多めに回ってきます。お昼にしては食べ過ぎたかしらなどと思いながらノンビリしていると、嫁さん、母親はなんとデザートを注文! 「ご飯しっかり食べないのにお菓子はだめ!」と昔の母親的思考回路のスイッチが入りますが、そもそもこの旅は誕生日を祝う目的であったと我に帰って平静を装います(笑)

IMG_6878.jpg

母親が注文したのはアフォガード、もちろん嫁さんの入れ知恵、嫁さんはクレマチスのジェラート。私はエスプレッソ、叔母は水で薬を飲んでます(笑)。別腹とは言いますが、母親はアイスにコーヒーを注いで、アフォガードなるものの不可思議な作法に関心しきり。嫁さんはジェラートを口にするなり、「これバスクリン味」となんだかよく分からないことを口走ってます。叔母は二人の様子を見てケラケラ笑っておりまして、まあなんとなくホノボノとしたランチの時間でした。



レストランでノンビリして、お腹も満ちたので、腹ごなしに散策です。あまり勝手がわからないまま、レストランの裏手にあったクレマチスの丘のチケット売り場に行ってみます。

IMG_6882.jpg

チケット売り場の前にはハート型の葉の桂の木があります。最近植物が愛おしい年齢になってきました(笑)。桂の木も以前中禅寺湖畔の「かつら」というおそば屋さんの脇の巨木が印象的で覚えました。以来この形の葉、そしてちょっとささくれた樹皮を見ると見分けられるようになったんですね。

さて、駐車場の守衛さんに尋ねると中は広く、スロープ中心で車椅子も使えるようなので、車のトランクから車椅子を取り出し、母親は車椅子で散策することにしました。これでノンビリ散策できます。

IMG_1090.jpg

チケット売り場から抜けるとすぐ手入れの行き届いた芝生の庭園になります。またそこここに彫刻が置かれています。入場時にもらった地図によると、ここは2つのエリアに分かれている、クレマチスの丘の「クレマチスガーデン・エリア」でメインはヴァンジ彫刻庭園美術館という彫刻美術館だそう。

ヴァンジ彫刻庭園美術館

イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの、世界で唯一の個人美術館とのこと。誠に不勉強ながら、ジュリアーノ・ヴァンジという方は知見になく、まるで未知の演奏者によるハイドンを聴くときと同様の誠に新鮮な気分で散策しました。

IMG_6885.jpg

といってもまずは庭園の植物に目が行きます。これはルドベキアの一種でしょうか。紫蘇のような葉に黄色の花が映えます。

IMG_1088.jpg

芝の上をノンビリ散策して記念にパチリ。芝の上はゆったり散策するのにいいですね。

IMG_6886.jpg

そしてこちらはチケット売り場の裏に絡まる蔓花茄子の花。白と薄紫の花の淡いコントラストがなかなかいい雰囲気なんですね。

IMG_1134.jpg

丘をなだらかに降りて行くと、そこここに彫刻が配置されています。ジュリアーノ・ヴァンジの彫刻は堅苦しいものではなく、ユーモラスなもの。庭園に溶け込む彫刻。ジュリアーノ・ヴァンジは1931年にイタリアフィレンツェ近郊で生まれた彫刻家。

IMG_1135.jpg

そしてこちらは空に溶け込む彫刻。空は青空、風も爽やかで散策日和ですね。

IMG_6903.jpg

程なく美術館らしき建物があります。壁面には土着的かつポップな壁画が。これはこの美術館で行われている企画展「生きとし生けるもの」展に合わせて泥で書かれたものとのこと。浅井裕介さんといいう人の作。

IMG_6905.jpg

壁画の横から美術館の建物に入ると、建物はなかなか本格的。調べてみると柴原利紀建築計画事務所の設計とのこと。空間構成も光のコントロールもなかなかのものです。私はこの階段を使って下の階に降りて行きますが、車椅子の母親はエレベーターで降ります。階段で降りつくところとエレベーターで降りつくところが違うので若干迷います(笑)

IMG_6908.jpg

館内は意外に広く、企画展示の作品群がかなりの量展示されていて見応えがあります。これは三沢厚彦さんによる木彫の動物たち。実物大に近い動物がポップにデフォルメされてかなりの存在感。楠を使った彫刻とのこと。他にも多くの作家の作品が広々とした空間に配置されて、ゆったり楽しむことができます。東京の美術館ではこうはいきませんネ。下調べなしで来ましたので、意外にゆったりと彫刻などを楽しめました。

IMG_6912.jpg

展示を抜けると、建物の反対側の庭に出ることができます。

IMG_6913.jpg

こちらにも彫刻が配置され、晴天に映えています。こちら側も広々としていて、散策には絶好。季節によっては色々な種類のクレマチスが咲いているのでしょうが、今は秋なので、咲いているのはわずか。代わりに秋の花が色々咲いています。

IMG_6915.jpg

こちらは白のクレオメでしょうか。

IMG_6916.jpg

こちらは紫の花。サルビアの仲間でしょうか。帰ってから色々調べて花の名前を調べてもわからないものもあります。

IMG_1136.jpg

散策中(笑)

IMG_6919.jpg

広い庭を奥まで歩いて行くと先には円形の池があり、蓮の花が咲いていました。好天の中池に景色が映り込み、蓮が水面から浮かび上がる絵のような姿。

IMG_6924.jpg

池から折り返して帰る途中、これはブラシの木ですね。鮮烈な赤の色が景色の中で一際目立ちます。どうしてこのような花になったのか不思議な形です。彫刻も庭も適度に楽しめる構成になっていて、ゆったり楽しむことができました。

再び美術館の中を通って、のんびり入り口に向かって戻ります。チケット売り場まで戻ると向かいにはIZU PHOTO MUSEUMという建物がありますが、適度な散歩を楽しんだので素通りしました。が、後から調べて見ると、内装設計は世界的に有名な写真家、杉本博司さんでした。これは見ておけば良かったですね。

IZU PHOTO MUSEUM

ということで、クレマチスの丘の散策をひとしきり楽しみました。ここは少し離れたところにビュッフェ・エリアというエリアもあるのですが、年寄り中心の旅行ですので、適度感が重要。時刻も14:30ということで、そろそろ宿に向かおうということになりました。

IMG_1095.jpg

クレマチスの丘をでて坂を車で降って行くと、眼下に三島市街を見下ろせます。今日これから向かうのは伊東。伊豆縦貫道に入り、大仁中央インターまで南下して降り、ここから宇佐美大仁道路で東伊豆に出ます。途中峠あたりの大仁まごころ市場というところで一休みして、お土産の野菜などを買い込み、今度は山を下って宇佐美まで出ました。

目的地の伊東はもうすぐです。(つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

四季迂闊者交響曲70番交響曲12番古楽器ライヴ録音天地創造マーラー太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメント東京オペラシティベートーヴェンモーツァルトシューベルトアンダンテと変奏曲XVII:6LPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者美人奏者ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度交響曲1番ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹時の移ろい無人島交響曲42番交響曲4番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲97番奇跡交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ