アントニオ・デ・アルメイダ/ハイドン協会管による交響曲集(ハイドン)

12月最初のアルバムは交響曲。最近オークションで手に入れたもの。

IMG_7291.jpg

アントニオ・デ・アルメイダ(Antonio de Almeida)指揮のハイドン協会管弦楽団(The Haydn Foundation Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲67番、69番「ラウドン将軍」の2曲を収めたLP。収録は解説によると1969年。レーベルは日本ビクター。

このアルバム、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、この他に3枚、合わせて4枚のシリーズ物。いずれもアルメイダ指揮のハイドン協会オーケストラによるもので、シリーズは下記の通り。

第1集 交響曲62番、66番
第2集 交響曲67番、69番「ラウドン将軍」(本盤)
第3集 交響曲70番、71番
第4集 交響曲74番、79番

今回、この4枚とも入手できたので、色々聴き比べてこのアルバムをレビューに選んだ次第。国内盤ゆえ日本語の解説が付いているのですが、ハイドンの著作で有名な大宮真琴さんによるもので、ロビンス・ランドンがハイドン協会などで主導した、1960年代から70年代当時のハイドンの交響曲の録音の経緯がよくわかります。まずは、1960年からマックス・ゴバーマンとウィーン国立歌劇場管弦楽団による全集が企画された件はゴバーマンのレビューで触れた通りですが、1962年のゴバーマンの急死で中断。続いて1967年から1968年にかけて、デニス・ヴォーンとナポリ管弦楽団によるパリセットなど82番から92番と協奏交響曲など12曲を録音。そしてロビンス・ランドンが1968年に完成したランドン版の交響曲全集をもとに、このアントニオ・デ・アルメイダとハイドン協会管弦楽団によって60番代から81番の17曲と93番から98番までの6曲が録音されたそう。国内盤でリリースされているのが上記の8曲のみということで、60番代から81番までにあと9曲の録音がある模様ですが、ネットを検索してもそれらしきアルバムは見当たりません。まあ、気長に探してみることにします。

指揮者のアントニオ・デ・アルメイダは1928年パリ近郊のヌイイ=シュル=セーヌ (Neuilly-sur-Seine)生まれの指揮者。父はポルトガル人、母はアメリカ人。10代でアルゼンチンに渡り、ヒナステラに音楽理論を学び、その後ボストンのMITで核化学を専攻するという変わった経歴の持ち主。ただし音楽への興味は尽きず学生オーケストラを組織し、ヒンデミット、クーセヴィツキー、セルなどの薫陶を受け、指揮活動を本格化。1949年にリスボンでポルトガル国立放送交響楽団を指揮してデビュー。同年からポルトガル北部のポルトのポルト交響楽団の首席指揮者に就任。1962年から1964年までシュトゥットガルト・フィルの首席指揮者、1965年から1966年までパリ・オペラ座の指揮者、1969年から1971年までヒューストン交響楽団の首席客演指揮者、1971年から1978年までニース・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、1993年から1997年に亡くなるまで、モスクワ交響楽団の音楽監督を務めるなど各地のオケの首席指揮者を歴任しました。オッフェンバックの研究で知られる他、1968年からロビンス・ランドンと共にハイドン協会の音楽監督を務めたとのこと。

ということで、現在ではハイドンの交響曲といえばドラティ以後の録音が知られる存在ですが、マックス・ゴバーマン、デニス・ヴォーン、そしてこのアントニオ・デ・アルメイダがドラティ以前にロビンス・ランドンと共に果たした役割は非常に大きかったに違いありませんね。

このアルバム、針を下ろしてみると、なんとも素晴らしい響きが流れ出します。国内盤なので音質はさして期待していませんでしたが、部屋中に優美な響きが轟く素晴らしい録音です。

Hob.I:67 Symphony No.67 [F] (before 1779)
いきなり彫りの深い、LPならではの彫刻的なオケの響きに引き込まれます。この時期のハイドンの曲はメロディーの適度に晴朗な面白さと巧みな構成がバランスよくまとまったもの。それをわかりやすく表現するようにテンポはややゆっくり目ながら、テーマを適度な推進力で牽引していきます。オケも弦楽器を中心に潤いのある音色がピシッと揃ってなかなかのもの。特に弦楽器の深い響き、木管楽器の軽やかな響きはかなりのレベルです。
続くアダージョは弱音器付きのヴァイオリンによる甘美なメロディーが印象的な曲。曲が滔々と流れゆく感じがよく表現されていて、非常に自然な佇まい。時間がゆったりと流れていく感じが心地よい音楽。最後にコル・レーニョ奏法でコミカルな余韻を残します。
メヌエットは壮大な構えの音楽。非常に雄大な響きを聴かせたかと思うと、中間部のトリオは、ヴァイオリン2本のみの繊細な響きではっとさせられます。
そしてフィナーレは、予想とは異なるかなり遅めのテンポ。まさに壮大さが滲み出てくるよう。これぞオーソドックスなスタイルと言わんばかりの確信犯的アプローチでしょう。ちょっと歴史を感じてしまいますね。フィナーレにもゆったりとした中間部が挟まれ、今度は2本のヴァイオリンとチェロによる三重奏。これがしんみりと聴かせる聴かせる。一貫してゆったりとしたテンポなので徐々に音楽がとろけるように聞こえてきます。途中慟哭のような強奏が挟まり、まるでロマン派の音楽のような展開を経て、冒頭のメロディーを再現します。いつもながら、尽きないハイドンのアイデアに驚くばかり。なかなか壮大な名演です。

Hob.I:69 Symphony No.69 "Laudon" 「ラウドン将軍」 [C] (before 1779)
こちらもゆったりとしたテンポでの入りですが、オケには最初から力が漲り、一筆一筆しっかりとした筆致で筆を進めていきます。一音一音にエネルギーが満ちて、しかも確信に満ちた説得力というかオーラを感じる演奏。現代ではこのようなスタイルの演奏はもう聴かれてなくなってしまったのかもと、余計なことを考えてしまいます。若干古さを感じさせながらも、圧倒的な存在感が印象的な演奏です。
続く2楽章は、前曲同様、弱音器付きのヴァイオリンなどによるハイドンらしい音楽が展開します。仄暗い感じがよく出ていて、メロディーがその印象にからまり合いながらも、こちらの期待を上回る展開力を見せ、追いかけて聞くだけでも刺激的。
メヌエットの威風堂々とした様子も前曲同様。日頃メヌエットの演奏には厳しいのですが、このアントニオ・デ・アルメイダ盤の演奏はそうした聴き方を跳ね返すだけの伝統というか一貫して堅固なものがあるような気がします。
そして壮麗なフィナーレへ突入。遅めなテンポ設定なのも変わらず、適度にしなやかに流れながらも筋骨隆々とした力感にあふれた演奏は痛快そのもの。大宮真琴さんの曲目解説によれば、ランドンはハイドンのこのフィナーレを「想像力が貧困で霊感に欠如している」と評していますが、オーソドックスながら起伏に富んだアルメイダの棒によって均整のとれたハイドンらしい古典的な見事なフォルムに仕上がっています。これはこれで一本筋の通った演奏に違いありません。

アントニオ・デ・アルメイダがハイドン協会管を振って、当時ランドン版の楽譜が出版されたばかりのハイドンの60番から70番台の珍しかった曲を演奏した一連のアルバムの中の1枚。改めて所有盤リストをしげしげと眺めてみると、この60番台から70番台の曲は、ほとんどが1969年以降の録音であり、このアルメイダ盤が中でも一番古い録音であることが珍しくありません。こうした歴史の流れの中でこのアルバムを捉えると、演奏史的な視点での価値もあることがわかります。この直後に録音されたドラティの素晴らしい偉業もあり、アルメイダの演奏はドラティ以前の演奏スタイルを知るための貴重なものでしょう。私はこのおおらかながら険しさも感じさせるアルメイダのハイドンは気に入りました。ということで両曲とも[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲67番 ラウドン将軍 LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

四季迂闊者交響曲70番交響曲12番古楽器ライヴ録音天地創造マーラー太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメント東京オペラシティベートーヴェンモーツァルトシューベルトアンダンテと変奏曲XVII:6LPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者美人奏者ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度交響曲1番ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹時の移ろい無人島交響曲42番交響曲4番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲97番奇跡交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ