絶品! バルトーク四重奏団のひばり、皇帝、日の出(ハイドン)

今日は弦楽四重奏曲のアルバムですが、少々古めのもの。先日ディスクユニオンで入手しました。

BartokQ.jpg
amazon

バルトーク四重奏団(The Bartók Quartet)によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.64のNo.5「ひばり」、Op.76のNo.3「皇帝」、Op.78のNo.4「日の出」の3曲を収めたアルバム。収録は1993年5月12日から15日にかけて、富山湾の東端にある富山県下新川郡入善町の入善コスモホールでのセッション録音。レーベルはCANYON Classics。

バルトーク四重奏団は1957年にブダペストのフランツ・リスト音楽院の卒業生によって設立されたクァルテット。設立当初は第1ヴァイオリンのペータル・コムロシュの名前をとってコムロシュ四重奏団と名乗っていましたが、1962年にバルトークの未亡人の同意を得てバルトーク四重奏団と改名しました。1963年にブダペストで開催されたワイナー室内楽国際コンクールで優勝、翌1964年にはベルギーのリエージュ国際弦楽四重奏コンクールでも第1位、さらに1963年までに数多くの国際コンクールに優勝し、世界的に注目されるようになりました。レパートリーはバルトークはもちろん現代ハンガリーの作曲家の作品から、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、ラヴェル、ドビュッシー、シェーンベルクなどと幅広く、膨大な録音が残されているとのこと。日本には1971年の初来日以来、度々来日していたとのことで、実演に接した方もいるかもしれませんね。2006年のバルトークの弦楽四重奏曲全曲演奏会を最後に解散しています。メンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:ペータル・コムロシュ(Péter Komlós)
第2ヴァイオリン:ゲーザ・ヘルギタイ(Geza Hargitai)
ヴィオラ:ゲーザ・ネーメト(Géza Németh)
チェロ:ラースロー・メズー(László Mezö)

膨大な録音を残し、日本との関わりも深いバルトーク四重奏団ですが、私はこのアルバムで初めて演奏を聴きます。なおヴィオラのゲーザ・ネーメトはHUNGAROTONからヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲のアルバムのヴィオラを弾いていて、以前に取り上げています。

2012/06/05 : ハイドン–室内楽曲 : デーネシュ・コヴァーチュ/ゲーザ・ネーメトによるヴァイオリンとヴィオラのためのソナタ集

このバルトークの名を冠したクァルテットによるハイドン、さぞかしキレ味鋭い演奏が聴かれるだろうと思って、聴きはじめたところ、さにあらず。いやいや実に趣深い燻し銀の演奏でした。

Hob.III:63 String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
広い空間に伸び伸びと響くクァルテットの音色。落ち着いたテンポでゆったりと音楽が流れます。非常にリラックスして演奏しているのがわかります。奏者が演奏を存分に楽しんでいる感じ。もちろん第1ヴァイオリンのコムロシュのボウイングは伸びやかで他のパートから首一つ抜け出してくっきりとメロディーを奏でていきます。まさに折り目正しい一級品の演奏。ひばりの1楽章がこれほど伸びやかかつキレのいい響きで始まろうとは思っていなかっただけに、驚きに近い衝撃がありました。まさに晴天の中、囀りながら空高く飛び回るひばりの気分。
続くアダージョ・カンタービレは歌う歌う。伸びやかさの限りを尽くした演奏に聴いているこちらまで伸びやかな気分になります。まるでバルトークと違って、技巧を凝らさなくていいことを余裕たっぷりに楽しんでいるような演奏。よくぞこれだけリラックスできるものかと唸ります。
メヌエットでも楽器が思い切りよく鳴り響き、晴朗かつ屈託のない響きにハイドンの曲の本質が宿ります。これぞメヌエットという鮮明な響き。中間部で一旦トーンをすっと落として翳りを見せたかと思うと、再び陽光の下に輝かしい音楽が蘇ります。このテンションの変化が実に心地良い、見事なメヌエット。
さざなみのように峙つヴァイオリンの伴奏に乗ってメロディーが弾む最後のヴィヴァーチェ。適度な揺らぎの中メロディーが飛び回る感じがライヴ感に溢れた演奏。1曲目から驚きの名演奏でした。まるで古典をホームグラウンドとするような均整の取れた演奏。

Hob.III:77 String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
続く皇帝もリラックスした演奏は変わらず、揺るぎない安定感を伴い、またまた歌う歌う。音符がひとりでに遊びまわるような愉悦感。あまりの見事さに息を飲みます。4本の楽器が鬩ぎ合いながらも一体となって音楽を作っていく様子はスリリングながら、音楽は楽しげに弾んで行きます。圧倒的な音楽の完成度に唸り続けます。これほど見事な皇帝の1楽章は初めて。
有名なドイツ国歌の2楽章は、少しテンションを落として質実な響きを聴かせます。これは変奏に入ると少しづつ自在さを加えて展開していく面白さのためのわかり、設計の確かさにまたまたまた唸ります。変奏ごとに長く間を取り変化を深く印象付けます。ただでさえ美しいメロディが孤高の美しさを帯びて輝きます。一つのメロディに宿る美しさに様々な角度からスポットライトを当てて味わい尽くす見事な演出。最後は枯淡の境地へモーフィング。絶品。
美しさの限りを尽くした2楽章の余韻を慈しむかのように少し寂しげに響くメヌエット。この辺りの感情の変化はデリカシーに富んでいてまさにハイドンが楽譜に込めた魂を汲んでいるよう。途中からさっと霧が晴れ、陽の光が差し込むような変化も見事。メヌエットだけでも曲ごとの描き分けの巧みさにこのクァルテットの表現力を思い知らされます。
激しく鋭い終楽章も、余裕たっぷりに入ります。険しい音楽もあえて少し緩めに演奏することで、バランスを保ち、力が入り過ぎるのを抑えて終えます。

Hob.III:78 String Quartet Op.76 No.4 "Sonnenaufgang" 「日の出」 [B flat] (1797)
最後の日の出。すでにこのクァルテットの素晴らしさに酔っています。ゆったりと溜めを効かせてざっくりと刻む音楽が心地よい響きに感じられ、まるでライヴを聴いているような不思議な一体感に包まれます。これぞ弦楽四重奏の醍醐味。よく聴くとこの曲ではざっくりとした織目の感触の面白さがポイントと見えてきます。手編みのような味わい深いテクスチャーと織り出される模様のリズムが絶妙。この味わい深さはまさに燻し銀。
さらに圧巻なのは続くアダージョ。4本の楽器の織りなす綾のデリケートな変化が生み出す豊かな音楽。まさに至福のひととき。単なる音符にあらず、人の温もりを感じる生きた音楽が滔々と流れ、完全にバルトーク四重奏団の音楽になっています。天上の世界を垣間見たような感覚に襲われます。
そしてこの曲のメヌエットは入りから安らぎと幸福感に満ちたもの。どうしたらメヌエットからこのような感情を呼び起こせるのでしょうか。魔法をかけられたよう。ほんの少しのニュアンスの付け方で音楽がこれほどまでにいきいきとしてくる不思議さ。中間部のゆったりとした緊張感! 完全に彼らの音楽に仕上がっています。
そしてフィナーレは爽快に来る演奏が多い中、リズムの面白さを強調して、メリハリをつけてきました。ざっくりと始まったこの曲をリズミカルな終楽章で締めるなかなかの組み立て。最後はサラサラと流すサラサラ感をかなり強調した、これまた創意に溢れた演出。味わい深いばかりではなく、さらりと見せるアイデアのセンスの良さにも唸ります。

バルトーク四重奏団という名前から想像した演奏とはあまりに異なり、実に味わい深い演奏にノックアウト。このハイドンは現代音楽を得意とするクァルテットから想像される鋭角的な響きは皆無。むしろどのクァルテットの演奏よりもハイドンの真髄を射抜く絶妙な演奏と言っていいでしょう。選曲もハイドンの有名曲の組み合わせで入門盤としても最適なもの。もちろん評価は[+++++]を進呈いたします。ただし、現在入手しやすいとは言えない状況なのが残念なところ。これは是非再販してほしいですね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ひばり 皇帝 日の出 弦楽四重奏曲Op.64 弦楽四重奏曲Op.76

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おー!これはまさに神カルテットの降臨と云えましょう。
当録音は全盛期(ってのも変ですが)から2vn.とチェロが変わっていますが、コムローシュ御大はご健在。御大は、3年ほど前には上野の東京芸大奏楽堂(新しい方)で、ブラームスのソナタ第2番や六重奏曲第2番(チェロは何と、山崎伸子さんとN響の藤森さん)を弾かれています。
当SQのベートーヴェン・バルトークの両全集は、未CD化もしくは長期廃番のためか最近顧みられませんが世紀の名盤です。当盤はノーケアでしたので、(Amazonの中古高い!)気長にユニオン等をあたってみます。
ところでひとつ朗報!重大な事故のため?断念といわれていたトーマス・ファイの全集ですが、2017年早々に第23集がリリースとの告知がありました。2016年の録音もあるので、全集化への期待が高まります。
少し早いですが、良きクリスマスと新年をお迎え下さい。(でもまた年内に登場するかも・・・)

No title

Daisyさん こんにちは。

だまてらさんのコメントに、ファイの交響曲全集の事が書かれてますが、2枚組として発売されるとのことです。ただし、2枚のうち1枚(交響曲6, 7, 8)は、事故前の録音。もう一枚は、事故後である今年の録音ですが、指揮者としてファイの名前がクレジットされていません。その代わりコンマスのシュペルガーがクレジットされていますので、ファイ抜きでハイデルブルグ響が録音を再開したのかもしれません。

話は変わりますが、別途宣伝したいことがありますので、後ほどメッセンジャーで連絡させていただきます。

百戦錬磨の熟し柿

またまた素晴らしいDaisyさんの名レビュー。まさにその通りの演奏です!

「手編みのような味わい深いテクスチャーと織り出される模様のリズムが絶妙。この味わい深さはまさに燻し銀。」

最近はキアロスクーロ四重奏団の録音・演奏とも余りに情報量の多い演奏に耳が慣れて、普通の名演盤、絶品盤がやや楽しめないほどでした。でもバルトーク四重奏団を聴いたおかげで耳が戻りました。

だまてらさんも仰る通り、バルトーク四重奏団は世紀の名クァルテットですね。

若い頃のバルトークもベートーヴェンも良かったですが、私は特にブラームスの名演(あの素晴らしい2曲の六重奏曲!)に酔いしれたものです。彼らの当時の演奏には「青春」と「円熟」が両立していました。あれは一種の奇跡です。ことにコムローシュのテンションの高いザラッと張りつめた美音。まさに斬れば血の噴き出るような活きの良さでした。

そしてハイドンです(笑)。

当盤を久しぶりに聴きなおしてみると、コムローシュがえらく丸くなった感じです。かつての牙は抜かれ、まどかな円熟のみが残り、まるで熟し柿のようです。でも甘さは控えめ。ひばりの第二楽章を聴いていると、秋の日のうららかな縁側で、4人のおじいさんたちと和やかに熟し柿を食している気分。まったりと複雑な味わいの完璧な円熟です。

ところが中間部の短調になると一瞬に陽が陰り、おじいさんたちの頬に百戦錬磨の厳しい影が差します。かつて彼らは戦士だったことに思い至ります。彼らは合わせの練習以外でも、いつもひたすら黙々と音階練習に励んでいたそうです。そんな激しい修練の果てに円熟の境地に至ったのでしょう。

そして短調の後で長調に変わると再び陽が差してきます。すると音楽は一段と深く和やかなゲミュートリヒの境地に沈潜します。これは音楽的な戦いの末に勝ち取った得難い燻し銀の世界なのですね。だからこそ深い!

…絶品ですね。

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。

全盛期のバルトーク四重奏団を同時代的に味わっていないので、このあたりの情報は貴重です。バルトークの弦楽四重奏曲も嫌いではありませんが、昔々、4番のピチカートの嵐に鳥肌がたった覚えがある程度で、手元にあるアルバムも数枚。バルトーク自体も最近はほとんど聴いていません。一番聴いたのはポリーニとアバドのピアノ協奏曲のLPとサヴァリッシュとユリア・ヴァラディの青ひげのLPでしょうか。どちらも学生時代だったような気がします。若い頃はアーティスティックな息吹に触れることを恐れていませんでしたが、歳とともに嗜好が人並みに穏やかになって来ちゃってます(笑)

コムローシュさんはご健在とのこと、今後聴く機会があればぜひ聴いてみたいですね。

さて、ファイの全集ですが、あとのHaydn2009さんのコメントにある通り、新録は指揮者なしのようです。また、ジャケットのデザインが古いパターンでのリリースということで、直近のアルバムのデザインはファイの写真がメインなので、そのパターンでのリリースは難しいことから、写真なしでもいけるデザインを復活させたものと思われ、ファイなしで行くということの表れでしょうか。2枚目の録音が、ファイの指揮なしでどのような演奏かがポイントかと思います。ファイの魂が乗り移ったような演奏を期待してしまうのはちょっと無理があろうかと思いますが、リリースを楽しみに待ちたいと思います。

Re: No title

Haydn2009さん、コメントありがとうございます。

いや〜、ファイの新譜ですが、楽しみですね。旧デザインでのリリースということで、旧デザインの頃の録音でお蔵入りしていたものを掘り出したのかと思いきや、朝昼晩も録音は最近ですね。おそらく編集作業中にファイが事故にあって編集自体が進行していなかったので、今頃のリリースになったのだと想像しています。前コメントに書いた通り、ファイ抜きの2枚目の録音の出来に興味津々です。もしこのプロジェクトが継続するようならば、しっかりとついて行く所存です!

さて、別件連絡ありがとうございます。後ほどメッセンジャーで!

Re: 百戦錬磨の熟し柿

SkunJPさん、毎度コメントありがとうございます。

名レビューとのもったいないお言葉を賜りましたが、駄文の中から、かろうじて印象に残るフレーズを抜き出すSkunJPさんの日本語解析技術があってのことです(笑)
このアルバム、「バルトーク」四重奏団という名前の奏者から想像される演奏とはあまりに異なる演奏に、聴き始めからグイグイ引き込まれて行きました。いわば先入観があってのこと。ただし、コメントをいただいた皆さんはバルトーク四重奏団の全盛期の演奏を実際に聴かれていて、このアルバムの演奏が「えらく丸くなった」との実体験に基づく深いコメントを発せられているのを羨ましくも思います。

なんとなく、皆さんとは逆の音楽体験をしてみたくなり、バルトーク四重奏団の全盛期の演奏を聴いてみたくなりました。そうなるとやはりバルトークでしょうかね。手元にはNAXOSのフェルメール四重奏団の全集とヴェーグ四重奏団の1、2番しかありませんので、バルトーク四重奏団の全集を加えるべきかなと思っております。

>すると音楽は一段と深く和やかなゲミュートリヒの境地に沈潜します。これは音楽的な戦いの末に勝ち取った得難い燻し銀の世界なのですね。

ゲミュートリヒがわからず、Google検索>ドイツ雑貨店名>Google翻訳と経由して判明しました。私もよく沈潜してます!

いえいえ、とんでもないです

> 駄文の中から、かろうじて印象に残るフレーズを抜き出すSkunJPさんの日本語解析技術があってのことです(笑)

いえいえ、とんでもないです。私なんかCDを聴いて、否定と肯定を繰り返し時間をかけてやっと演奏の特徴がわかるのに、Daisyさんはサッと聴いてあれだけの確度の高いレビューをまとめられるのですから大したものだと思っています。事実、Daisyさんのおかげでどれだけハイドンの名盤を労せずにゲットできたことか!枕を向けては寝れませぬ(笑)

バルトークSQのバルトークは5、6番がお勧めですが…。しかし今の私はバルトークもブラームスもベートーヴェンもあまり聴きたいとは思いません。ハイドンがあれば必要にして十分です。

何と言っても、ハイドンほど過小評価されている超巨匠はいないと思います。

もとい

枕を向けては寝れませぬ(笑)

もとい、足を向けては寝れませぬ…でした。


Re: いえいえ、とんでもないです

SkunJPさん、いつもながら褒め殺しは困ります。

私も一度聴いてレビューするアルバムもありますが、多くはまず聴いて感触を掴み、もう一度ゆっくり聴きながら記事を書きます。大抵ぱっと聴いた時よりも気づくことが多く、ちょい聴きではなかなか感触が掴めないことも多々あります。また、音楽の専門教育を受けた訳でもないので、聴きどころは直感によるところが大きく、皆さんのコメントで色々後で気づくもとも多々あります。ブログを書くことで皆さんの厳しい目に晒され、私も少しづつですが色々わかってきたというのが正直なところです。

ということで、今後とも劇画タッチのツッコミ、よろしくおねがいいたします。

(追伸)どうぞ枕の向きも足の向きも風水なり健康なりで決めていただきますようお願い申し上げます(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ