ヒュー・ウルフ/セント・ポール室内管の交響曲1番(ハイドン)

皆さま、明けましておめでとうございます。今年も激ニッチな当ブログをよろしくお願いいたします。

お正月最初のレビューはハイドンの交響曲1番のアルバム。最近手に入れたものですが、キレ味抜群の演奏でした。

HughWolff1.jpg
TOWER RECORDS / amazon1 / amazon2 / amazon3

ヒュー・ウルフ(Hugh Wolff)指揮のセント・ポール室内管弦楽団(The Saint Paul Chamber Orchestra)による、プロコフィエフの交響曲1番「古典」、ハイドンの交響曲1番、ビゼーの交響曲の3曲を収めたアルバム。収録は1992年9月、アメリカ、ミネソタ州のセント・ポールにあるオードウェイ劇場(現オードウェイ・パフォーミング・アーツ・センター)でのセッション録音。レーベルはTELDEC。

なにやらちょっとアーティスティックにハイドン、プロコフィエフ、ビゼーの肖像がコラージュされたジャケットのアルバム。アルバムのタイトルは「ビゼー、プロコフィエフ、ハイドン交響曲1番」というもの。古典期から近代までの3人の作曲家の「古典的な」最初の交響曲を並べた不思議な企画。

プロコフィエフの交響曲1番がハイドンの作品にインスピレーションを得たものであるのは有名なことであり、この2人を選んだ意図はなんとなくわかるのですが、これに、特に交響曲が有名ではないビゼーをもってきたところにこの企画の真意が今ひとつ分かり難いところ。想像するに、プロコフィエフの曲はもとより、ビゼーの交響曲もハイドン以来の交響曲の伝統的な4楽章構成ということで、時代を超えてハイドンが構築した交響曲という形式が受け継がれているということから選ばれているような気がします。ただしここで選ばれている肝心のハイドンの交響曲1番は3楽章構成ということでどうも座りが悪い。ということで、そうした点よりも、素直にタイトル通り「交響曲1番」という、それぞれの作曲家が「最初に」書いた交響曲の着想を比較するというのが狙いでしょうか。そうした点においても、交響曲というジャンルを確立したハイドンの曲の完成度、そしてハイドンの手法に着想を得たプロコフィエフそれぞれの完成度の高さに比べてビゼーの交響曲が一歩劣って見えてしまう感じ。個人的にはビゼーの代わりにメンデルスゾーンあたりを持ってきた方が並びが良かったように感じます。

選曲というか、アルバムの企画意図はさておき、このアルバムに興味を持ったのは演奏がヒュー・ウルフとセント・ポール室内管だったから。コアなハイドンファンならご存知の通り、この組み合わせでパリセットの交響曲6曲の録音が残されていますが、これがスタイリッシュで端正な演奏で実に素晴らしいもの。以前に代表して86番を取り上げています。

2011/12/19 : ハイドン–交響曲 : ヒュー・ウルフ/セント・ポール室内管の86番

今日取り上げるアルバムはこのパリセットのアルバムとほぼ同時期の録音ということで、出来が気になります。奏者の情報などは前記事をご参照ください。

ということで、CDをプレイヤーにかけてみると、1曲目のプロコフィエフがいきなりキレまくってます! この曲は手元にキタエンコ/ケルン・ギュルツェニヒ管盤、小澤/ベルリンフィル盤、ゲルギエフ/ウィーンフィルのDVDがありますが、テンポも一番速めで、何よりオケの鮮やかな反応が素晴らしい。新古典的な諧謔さよりも、プロコフィエフの書いた千変万化する響きを鮮烈に聴かせようということでしょう。これは見事。キタエンコ盤の馬力、小澤盤の諧謔性、ゲルギエフの統率されたエネルギーに対して、この鮮やかでスタイリッシュな演奏からプロコフィエフの前衛と古典の均衡が浮かび上がります。この鮮烈なプロコフィエフの演奏でこのコンビのキレの良さを再認識。

Hob.I:1 Symphony No.1 [D] (before 1759)
続いてハイドンの交響曲1番。痛快なほどの速めのテンポと、キレキレの鮮やかさは変わらず。このスピード、以前取り上げたファイの1番の異常なまでのハイスピードには劣りますが、それでもかなりもの。ハイドンの晴朗なメロディーがたたみかけるようにスピーディーに流れ、くっきりとしたコントラストと華やかな色彩感を帯び、しかも古典の均衡を守った名演奏。速めのテンポにホルンを始めとした管楽器もピタリとついてキレ味を保ちます。
続くアンダンテも実に爽やか。キビキビとした曲の運びが心地よいリズムを刻みます。小規模オケの俊敏な反応の良さが活きていますね。一貫してリズムのキレを保ちながら巧みに音量を変化させメリハリも充分。
フィナーレは再び小気味好いほどの切れ味が戻り、ハイドンの典型的なフィナーレの形式的な美しさを早くも感じさせます。鮮やかなオケの反応を存分に活かした素晴らしい演奏でした。

続くビゼーは、個人的にはほとんど馴染みのない曲。かなり昔にハイティンクの演奏を聴いた記憶があるくらい。オケの反応は相変わらず素晴らしいのですが、曲が今ひとつしっくり来ないため、なんとも評しがたいところ。ビゼーといえばカルメンですが、今回調べてみると、ビゼーの生前はカルメンも含めてあまり評価されていなかったとのこと。この曲もかなり実験的というか、カルメンで聴かれる美しいメロディーの萌芽も2楽章にわずかに感じられる程度で、ビゼー自身の試行錯誤が見えるような印象。その若書きをヒュー・ウルフが爽やかにまとめたというところでしょう。

このアルバムを最後まで聴いて、ようやくヒュー・ウルフの「鮮やか」、「爽やか」、「スタイリッシュ」と言いう特徴が、3人の作曲家の「若書き」というかフレッシュなアプローチを実に周到に考えてまとめているような気がしてきました。私自身はこういう意欲的な企画ものは嫌いではありません。単なる曲の演奏ではなく、作曲家や曲の組み合わせかから新たな視点が生まれ、その視点から俯瞰した景色の新鮮さが生まれるわけです。最初はなんとなく腑に落ちない企画でしたが、ようやくしっくりときました。肝心のハイドンの演奏は[+++++]とします。パリセット以上にヒュー・ウルフの演奏の面白さが感じられる秀演です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲1番

コメントの投稿

非公開コメント

遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

遅ればせながら明けましておめでとうございます!
暖かいお正月をご家族皆さんで穏やかにお迎えになられたことと思います。
この一年も実り多き年になりますようにお祈り申し上げます。

年末年始例年のごとく夫の実家で家族が集まり大人数での年越しとなりました。
年末のご挨拶も出来ずにすみません。新しい年にまたハイドンの様々な録音のレビューを楽しみにしております。読ませて頂く時が私のほっこりタイムです~(^^)



Re: 遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

sifareさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

良い正月を迎えられたようで何よりです。こちらも久々に甥っ子たちと、カルタ、プロレス、サッカー、バドミントンまみれになり、へべれけの正月でした。おかげさまを持ちまして御節と酒が進みました(笑)

今年も皆様の期待に応えられるよう、名盤発掘に励まさせていただきます!

さらに遅くなりましたが明けましておめでとうございます

Daisyさんも充実したお正月を過ごされたようで何よりです。

私の方は、ご紹介いただいたヤナーチェク四重奏団の冗談がとても気に入って、正月から冗談ばかり聴いています。

まさに冗談まみれのお正月になりました(笑)

今年も名盤の発掘を期待しています。

No title

SkunJPさん、このスレをお借りしまして、明けましておめでとうございます。
>ヤナーチェク四重奏団の冗談がとても気に入って、正月から冗談ばかり聴いています。
素晴らしい!当家では、現在高校生の娘が幼稚園~小学校低学年のころは(実は今でもですが!)本当に当盤ばかり聴いていて、そのたびに「うちのパパったら、またアレを聴いている」と言われていたようです。(ほぼ同着は、オイストラフ/作曲者息子マキシム指揮のショスタコvn.協奏曲第1番の第2楽章スケルツォと、グールドのゴールトベルク変奏曲新盤ですね・・・)

ヤナーチェクSQは、現在の感覚からすると第1vn.主導型というか突出型という感じですが、「冗談」にはそれがまた映えるんですねー!また、リーダーであるトラブニーチェク氏独特の節回しは、思い出すだけでわくわくさせられます。こういった幸せなハイドン体験を、今年もオン&オフの両方において共有いたしましょう。

No title

だまてらさん、こちらこそ今年も宜しくお願いします。

> 第1vn.主導型というか突出型という感じですが、「冗談」にはそれがまた映えるんですねー!

御意(笑)!

おっしゃるとおり冗談は第1ヴァイオリン主導型の曲ですね。シャロンもウェラーもそうでした。トラヴニチェクのヴィヴラートの強い喜び溢れる音を聴いていると本当に心がウキウキしてきます。

この演奏は昔LPで持っていましたが、CDが出て以後、所有していた約2000枚のLPを全部売ってしまいました。…痛恨事です。

最近、急に仕事が忙しくなって、オンはともかくオフは?という感じです(汗)。

オーストラリアのハイドン

Daisy 様、こんばんは。
遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。
アメリカのハイドンの流れでのご紹介ですが
オーストリアならぬオーストラリアのハイドンをご存知でしょうか?
昨日、Apple Musicで偶然見つけたのですが
どうやら新進の古楽器アンサンブルのようです。
昨年7月に文字どおり「The Haydn Album」というCDが出ています。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01IR88XY6/sr=8-1/qid=1484570984/ref=olp_product_details?_encoding=UTF8&me=&qid=1484570984&sr=8-1

団体のサイトはこちら

http://www.australianhaydn.com.au/

こちらに、上記CDにも入っている
Keyboard Concerto in D majorの動画があるのですが
なかなかおもしろい演奏です。
(愉しみが減るといけませんので、どこがとは書きませんが・・・)
ぜひ、ご覧くださいませ。

Re: オーストラリアのハイドン

cherubinoさん、今年もよろしくお願いいたします。

貴重な情報ありがとうございます。当ブログでも色々な国の奏者の演奏を取り上げてきましたが、オーストラリアの演奏は数少なく、非常に珍しいものですね。今まで取り上げてきたものだと、下記の演奏があります。

http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-1130.html

ご紹介いただいたアルバム、非常に興味が湧き早速注文してみました!
よかったら記事に取り上げてみようと思いますので、しばしお待ちを!

No title

Daisy 様
コメントありがとうございます。
ハイドンのニ長調協奏曲については、昔、FM放送でアルゲリッチの独奏を聴いて、圧倒されたのを憶えています。その後、DGで出た新盤を買いましたが、今聴いても新鮮かつ流れるようなピアニズムで、他の追随を許さない名盤だと思っています。
「Australian Haydn Ensemble」=「AHE」の演奏も、若さを感じさせる推進力もさることながら、思いきったアゴーギグが魅力です。今回のアルバム、チェロ協奏曲と、「朝」とを組み合わせているところを見ると、協奏曲に力を入れているようです。古楽器初?の「ハイドン協奏曲&協奏楽章全集」に取り組んでくれることを期待しています。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ