ハンス・シュタトルマイア/ミュンヘン室内管の十字架上のキリストの最後の七つの言葉(ハイドン)

やはりLPが続きますが、良いものは良いということでご容赦を。

IMG_7819.jpg

ハンス・シュタットルマイア(Hans Stadlmair)指揮のミュンヘン室内管弦楽団(Orchestre de Chambre de Munich)の演奏で、ハイドンの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」の管弦楽版。収録はレーベル面にPマークが1974年とだけ記されています。レーベルは仏DECCA。

ハンス・シュタットルマイアは、モーリス・アンドレのトランペット協奏曲のDG盤の伴奏を務めた人といえばわかる人もいるのではないでしょうか。

2012/06/09 : ハイドン–協奏曲 : モーリス・アンドレ/ミュンヘン室内管のトランペット協奏曲

ハンス・シュタットルマイアはオーストリア生まれの指揮者で作曲家。1929年、リンツの南の街ノイホーフェン・アン・デア・クレムス(Neuhofen an der Krems)生まれで、終戦後リンツ、およびウィーン音楽院でクレメンス・クラウスとアルフレート・ウールに指揮法を学んだ他、ヴァイオリンや作曲も学びます。1952年にシュツットガルトに移り、オーストリアの作曲家ヨハン・ネポムク・ダーフィトに主に作曲を学びました。その後、シュツットガルトで合唱指揮などを手始めに指揮者として活動し始め、1955年から1995年までこのアルバムのオケであるミュンヘン室内管弦楽団の首席指揮者を務めました。1976年以降はザルツブルク音楽祭にも招かれ活躍しているそう。録音も協奏曲の伴奏を中心に結構な数が残されており、堅実な指揮を旨としていたようです。

今日取り上げるアルバムは最近ディスクユニオンで仕入れたもの。仏DECCA盤という珍しいものであり、いつものようにクリーニングして針を落としてみると、DECCAらしいキレ味と仏盤らしい上品な響きを兼ね備えた素晴らしい響きが吹き出してくるではありませんか。あまりに見事な響きにうっとりとするほど。ということで記事にした次第です。

Hob.XX:1 "Die sieben letzten Worte unseres Erlösers am Kreuze " 「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 [D] (1785)
非常に広い空間に気持ち良く響き渡る弦楽オケの音色。厚みはそこそこながら透明感とキレ味は十分。しかもこの曲の序奏に込められた力感を十二分に踏まえた入魂の演奏。しなやかかつ流麗、そして間をしっかりととって劇性も十分。この曲の深い情感を踏まえた見事な序奏です。次々と襲い来るメロディーの波に打たれます。
第1ソナタに入っても、フレージングの深さと燻し銀の弦楽器の音色は変わらず、歴史を感じさせる大理石の彫像の少しデフォルメされた立体感の心地よさのようなアーティスティックさと落ち着きが同居しています。音楽の安定感は揺るぎなく、自信に満ちたもので、ひたすら音楽に没入していく感じ。ここにきて弦楽器の響きの軽さというか風通しのよさがともすると重くなりがちなこの曲の圧迫感を巧みに避けているポイントだと気づきます。不思議に爽やかさも感じるのは音色に秘訣があったよう。
第2ソナタではさらにその爽やかさが曲の重厚な展開を中和し、むしろ午後の柔らかな日差しのまどろみのような気配をも感じさせます。ソロと全奏のしっとりとした対比の美しさもそこそこに、グッと音量の変化をつけたデフォルメで個性的な印象を作ってきます。曲も中盤に入るところで、微妙に踏み込みを見せてくるあたり、シュタットルマイア、かなりの手腕と見ました。特に音を美しく響かせることに対する感覚は非常に鋭敏。弦楽器のみで織りなすテクスチャーの豊かさはかなりのもの。
第3ソナタに入ると、表現の幅はまたまた少し踏み込み、語り口もより深くなってメロディーの展開を一つ一つ慈しみながら進めていくようになります。曲が進むに連れてだんだん表現が深くなっていく面白さ。このデリケートな変化こそこのゆったりした曲が続くこの曲の醍醐味でもあります。穏やかな演奏の中でも、時に大胆に、時に柔らかくと響きが千変万化。名曲ですね。

IMG_7822.jpg

LPをひっくり返して第4ソナタに。CDだと曲が切れ目なく続くんですが、LPならではのこの一呼吸も悪くありません。第3ソナタからのエネルギーが絶えずに引き継ぐ感じが第4ソナタの入りのポイント。それを受けて少し冷ますように展開する曲の面白さ。ゆったりとスロットルをコントロールしながら曲の勢いを自在に制御していきます。途中のソロがまた味わい深く、曲の流れに完全に一体となった流れの良さを保ち、見事な弓さばきで絵巻物が進みます。ソロは完全にオーケストラ同じ流れの中でメロディーを置いていきます。これは相当の腕前。
好きな第5ソナタ。非常に控え目なピチカートに鳥肌が立ちます。ピチカートの強さ一つで曲の雰囲気が一変。途中から弦の慟哭のような激しいアクセントも気高く雄大。激しい慟哭はLPならではの溝の転写がわずかに聞こえますが、それもLPの味わいでしょう。再び非常に控え目なピチカートにぞくっとします。一貫してしなやかな展開にこれだけの起伏が織り込まれ、まさに劇的な展開。この曲の表現を極めたと言っていいでしょう。
終盤、第6ソナタは曲想がガラッと変わってもやはり劇的な序奏から入ります。序奏が終わるとお花畑のような幸福感に包まれる優しいメロディー、そして険しい響きが交互に現れ、聴くものに展開の喜びと理解の試練を与えられているよう。ハイドン自身がこの曲に一方ならぬ情熱を注いていたことを思い知らされる素晴らしい音楽の展開。いつもながら凡人の想像力の遥か彼方の閃きが音楽となっていることに打ちのめされます。そして全てを許すような癒しに満ちた音楽に移る絶妙の展開へと続きます。
最後の第7ソナタはクライマックスの火照りの余韻を冷ますような落ち着きを取り戻し、曲を振り返るような郷愁と枯淡の境地の入り混じった雰囲気を感じさせます。7つのソナタの一環した展開の中に、ソナタごとの特徴を絶妙に描き分けてくる非常に多彩な表現力。素晴らしい技術の裏付けがあってのことでしょうが、それを感じさせない自然さを保っているのが素晴らしいところ。
そして、最後の地震はゆったりと落ち着いて、このオケの良いところが全てでた劇的ながら爽やかで、かつアーティスティックなもの。これまで聴いた地震の中でも最もアーティスティック。タイプは違いますがジュリーニの壮年期の演奏のような気品を感じさせる見事さでした。

ハンス・シュタットルマイアと手兵ミュンヘン室内管によるハイドンの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」ですが、この曲の管弦楽版の数多の録音の中でも1、2を争う名演奏でした。この爽やかかつ深い音楽の素晴らしさ、そして気品溢れる演奏は表現意欲やテクニックという座標とは全く異なる、ハイドンの音楽への深い愛情と指揮者の人生を通して会得した気品のようなものに裏付けられたもの。LPの溝から音楽というか、魂が浮かび上がってきたような素晴らしい演奏です。調べた限りではCD化されたことはなさそうですが、こうした名演奏が現代でも容易に手に入るようにしていただきたいものですね。見かけたら即ゲットをお勧めします。評価は規定外の[++++++]をつけたいくらいですが、平常心を保ち[+++++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ