【1500記事記念】まだまだハイドンいきます!

少し前から、ブログの編集画面の記事の管理ページである数字が気になりはじめていました。そう、記事の総件数がそろそろ1500件になろうとしていたんです。最近は月間の記事投稿数も以前ほど多く投稿できなくなり、ペースダウン気味ではありますが、それでも我ながら1500という数字はちょっと感慨深くもあり、以前に1000記事記念やブログ開設5周年記念の記事を書いたことを思い出して、1500記事記念の区切りをつける記事を書こうかと思うに至りました。このところ旅行記事にかまけておりましたが、一つ前のザロモン弦楽四重奏団の記事で1499件目。ということで本記事がちょうど1500記事目と相成ったわけでございます。

2014/12/14 : ハイドン–交響曲 : 【ブログ開設5周年記念】ピノック/イングリッシュ・コンサートによる交響曲集(ハイドン)
2013/10/24 : ハイドンねた : 【1000記事記念】私はなぜハイドンにはまりつづけているのか?

IMG_9168_20170628225452734.jpg

普段は仕事から帰って、嫁さんと夕食をとった後、狭いながらも専用のリスニングルームで1〜2時間選んだアルバムをのんびりと聴いたり、新たに仕入れたLPをクリーニングして聴いたりして、気に入った演奏が見つかると記事を書くというスタイルでやっています。いい演奏に出会えば、脳が冴えて、演奏者の背景を調べたり、録音場所を特定したりしながら遅くまでかかって記事を書くなんてこともあり、必然的に睡眠不足が蓄積していくわけです。そろそろいい歳ですので、のんびりと音楽を聴きながらソファで寝入ってしまうなんてことも多くなってしまいましたし、気に入った演奏に出会わない時には無理して書かないようにしてますので、必然的に記事の投稿がまばらになるといった具合なのはご承知の通り。

当ブログを書きはじめてからそんな生活が続いているわけですが、それでも飽きることなく1500もの記事を書くまで続けていられるのは、ハイドンの音楽の素晴らしさと、ブログやtwitterなどを通じてやりとりをしている読者諸兄からのツッコミや激励があってのこと。しばらく更新を絶やすと、素晴らしい演奏の新たな情報を全世界のハイドンの音楽を愛する人に届けなくてはという不思議な責務感が芽生え、いい演奏を発掘しなくてはというモチヴェーションが生まれます。あらためて、このニッチなブログの熱心な読者の皆様に御礼申し上げます。

最近は新譜よりも古いLPなどへの関心が強くなり、オークションやディスクユニオンなどでLPを物色するのも楽しみの一つ。良い演奏、良いコンディションのLPにはCDとは違った深い響きが刻まれていることも多く、同じソースでもLPの方が音楽が心に響くような気がします。ブログを書きはじめたのは2009年と最近のため、コレクションも当初はCDばかりでしたが、最近はLPが発掘対象の中心になっていますので、LPに関する記事も増えてきました。Apple MusicやNAXOSミュージックライブラリーなどのネット配信にも未聴の演奏が多く登録されているようですが、そちらへの興味よりも失われつつあるLP時代の遺産の方に関心がありますので、ネット配信される演奏を取り上げるのはもう少し先にしようと思っております。

ということでとりとめのない記事となってしまいましたが、まだまだ掘り起こすべきハイドンの素晴らしい演奏は山ほどあるに違いなく、それが尽きるまで、はたまたこちらの興味が尽きるまでは記事を書き続けたいと思いますので、読者の皆様、今後とも変わりなくツッコミと激励をよろしくお願いいたします。

2000記事記念記事はいつのことになりますやら、、、(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん こんにちは。
1500記事、おめでとうございます。
それにしても、こんなに大量に聴いて、かつ、記事を書いていくのもかなりの根気と持久力が
ないと出来ないものですよね。

次は2000記事を目指してと言うとプレッシャーになってしまいますので、ゆるゆるとマイペースで
レビューを続けてください。
日本では数少ないハイドンファンの一人としてこれからも応援していきます。

こちらも新シリーズ始めました。(もうご存知と思いますが)
https://blogs.yahoo.co.jp/runchibi_0808/15280067.html

おめでとうございます!

1500記事達成、おめでとうございます!

Daisyさんの含蓄に満ちたレビューにより多くのハイドン名演奏に巡り会うことが出来ました。心から御礼申し上げます。

私個人は古巣のバッハカンタータに戻り、自室リスニングルームではバッハしか聴いていませんが、家族団らんのリビングではやはりハイドンが主役です。

人をなごませ、くつろがせ、しかも音楽的には最上質と、他のどの作曲家にもない寛容と機知、それにふところの深さがハイドンの身上ですね。

お互い歳なので先を急がないようにしましょう(笑)これからも無理のない範囲でお書きいただくレビューを楽しみにさせていただきます。

とろこで、PC前には気になるCDが…

No title

1500記事おめでとうございます。
当方最近の大収穫は、平林直哉氏責任監修グランドスラムレーベルから発売の、ワルター/コロンビアSOによる「V字」「軍隊」です。
2トラック38cmオープンリールテープからの復刻は、これまでの全ての音源を凌駕する驚異的な音質です。(ベートーヴェン、ブルックナー、マーラーも然りであり、すべて再購入しました。「田園」に至っては、同一レーベルからLP起こし、4トラ19起こし、そして2トラ38起こしと3回も出ておりやり過ぎの感もありますが、明らかに向上しているので平林氏の暴挙いや壮挙に感謝至極です・・・)

Re: No title

Haydn2009さん、コメントありがとうございます。

2000記事まで到達できるかどうかわかりませんが、あまり無理せず気長にやっていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。作品辞典の方は色々確認に役立てさせてもらってます。やはり手元ですぐに見られるのは我々の年代にとってはありがたいですね。ブログ新シリーズ拝見しました。だんだんネット配信などが幅を利かせてきましたが、ジャケットもそのアルバムの重要なプロダクションの一部ですので、興味深い記事でした。私の方はジャケットは妖気専門で行きます(笑)

Re: おめでとうございます!

SkunJPさん、いつもコメントありがとうございます。

>とろこで、PC前には気になるCDが…
この写真のテーマは1500記事を書いているそのままの状況を切り取ったもので、まさに教えていただいたアルバムを聴きながら記事を書いていました。いやいやこのアルバムは素晴らしいですね。すでに次の記事をご覧いただいたかと思いますが、道場破りにあった道場主の気分であります(笑)

こうして、いつも色々突っ込んでいただけるのが励みでブログも続けらております。

>人をなごませ、くつろがせ、しかも音楽的には最上質と、他のどの作曲家にもない寛容と機知、それにふところの深さがハイドンの身上ですね。

相変わらずキレキレの表現でハイドンの本質をつかれますね。

>お互い歳なので先を急がないようにしましょう(笑)

はい、最近身にしみております(笑)

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。

う〜ん、ワルターの「V字」に「軍隊」のリマスターですか。2トラ38からのリマスターとは大変興味をそそります。昔の録音の素晴らしさはLPを通して色々聞いていますが、源流に近いマスターの状態が良ければ素晴らしい音が聞かれることでしょう。もちろんポチりました!
いつも貴重な情報ありがとうごさいます。

1500記事おめでとうございます!

Daisyさん、こんばんは~

遅ればせながら1500記事おめでとうございます!そしてお疲れ様です~
書いていらっしゃるように、一口に記事と言っても沢山の演奏を鑑賞し、お気に入りを見つけ出し、吟味して言葉を重ねるという時間の積み重ねですよね。もちろん素敵な財産ですが、大変なのも確かだと感じます。生活のペースも否応なく変化もありますので、くれぐれもお身体にはお気をつけてください。また楽しい記事を楽しみにしていますね。いえいえ、旅行記だけではないですよw(^_^)v

Re: 1500記事おめでとうございます!

sifareさん、いつもながらコメントありがとうございます!

記事を書くのは大変なことは大変なんですが、私にとってはストレス発散でもあるんですね。まあ、仕事も家庭もいろんなしがらみがあるんですが、部屋にこもって音楽を聴いてそれを記事にしている間は無心に没入できるんですね。その時間が取れるのもまだ余裕があるからに他なりません。音楽を楽しめなくなったらストレス発散になりませんからね。

なお、旅行記はsifareさんのツッコミ期待で書いてるフシもなくはありませんので(笑)

今後とも宜しくお願いします。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

SACD弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:32LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5天地創造東京オペラシティディヴェルティメントヒストリカル古楽器東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウスロンドン時計太鼓連打軍隊交響曲102番交響曲99番交響曲93番奇跡交響曲98番交響曲95番交響曲97番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ドニぜッティオーボエ協奏曲ライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲ひばり皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎マーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:31モンテヴェルディアレグリタリスパレストリーナバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6告別交響曲1番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38哲学者交響曲80番交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹無人島時の移ろい交響曲42番交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番交響曲78番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットカノンオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲18番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ