ラースロー・ショモギー/ウィーン放送管の78番、哲学者(ハイドン)

ごく一部で話題(笑)のラースロー・ショモギー(ソモジ)のハイドンの交響曲のLPをもう一枚発掘しました。

Somogyi7822.jpg

ラースロー・ショモギー(Laszlo Somogyi)指揮のウィーン放送管弦楽団(Vienna Radio Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲78番、22番「哲学者」を収めたLP。収録は1964年6月、ウィーンのコンツェルトハウスのモーツァルトザールでのセッション録音。レーベルは米Westminster。

ショモギーのアルバムは以前に1度取り上げております。

2014/08/06 : ハイドン–交響曲 : ラースロー・ショモギー/ウィーン響の89番、90番(ハイドン)

以前取り上げたアルバムですが、ラースロー・ショモギーという未知の指揮者の振る89番と90番という超地味な選曲ながら、あまりに素晴らしい演奏に痺れた思い出のアルバム。最近そのショモギーのことを調べていた毎日クラシックのcherubinoさんから、前記事にコメントをいただき、ショモギーという指揮者が1967年にウィーンで開催された芸術祭のマーラーの全作品演奏ツィクルスでバーンスタインやアバド、マゼール、クーベリックなど居並ぶ名指揮者に混じってウィーン響を振り5番の演奏を担当するほどの人だということがわかり、しかも、今日取り上げる哲学者と78番のアルバムの存在も教えていただいていました。そんなことがあったなあと思いながらこの週末にディスクユニオンを覗いてみると、まさにそのショモギーの哲学者のLPが売り場の棚にひっそりと置かれているではありませんか。おそらくここで私のことを待っていてくれたのだろうと、優雅に取り上げ、いつものように若干過呼吸気味になりながら、レジに向かったのは言うまでもありません(笑)

改めて確認してみると、以前取り上げたアルバムはウィーン交響楽団を振ったもので録音は1963年6月、レーベルは英HIS MASTER'S VOICE、今日取り上げる方はあまり馴染みのないウィーン放送管弦楽団を振ったもので録音は翌年1964年6月、レーベルは米Westminsterとレーベルは異なりますが、ジャケットのデザインはショモギーの同じ肖像画をあしらった似たようなデザイン。よく見るとSOMOGYIの名前のフォントが全く同一でした。HIS MASTER'S VOICE盤の記載をみてみると”Recorded by Westmister Recording Co, Inc., U.S.A,”と書かれており、Westminsterが原盤であることがわかりました。この2枚は見た目通りシリーズ物だった訳ですね。

ということで、いつものようにVPIのレコード洗浄機で盤を綺麗にして針を落としてみると、予想通り、素晴らしい響きが溢れ出しました。

Hob.I:78 Symphony No.78 [c] (1782?)
前盤もそうでしたが、ハイドンの数多ある交響曲の中からなぜこの地味な曲を選んで録音したのか定かではありません。Westminsterの当時のカタログ充足状況などが関係するのでしょうか。針を落とすと短調の引き締まった響きが流れ出します。非常に見通しの良い落ち着いたコントロールで入ります。録音は非常に鮮明で、LPは表面に少し汚れがありましたが再生には全く影響なくノイズレスなグッドコンディション。徐々に力感が満ちてきて低音弦のザクザクとキレのいい力強さが印象的。パリセットの作曲を目前に控え、メロディーの派手さはないものの、曲の構成の緊密さはかなりのもので、曲の構造も完成度が上がっています。その構成を落ち着いて見事に組み上げるショモギーの手腕はかなりのもの。
続くアダージョは癒されるような気配を感じさせながら、静かな音楽に時折オケの大波が押し寄せるハイドンには珍しい構成。特に弦の響きは鍛え上げられた筋肉のように引き締まった見事なもので、気にトスカニーニ的な険しさを感じさせる見事な造形。この曲を辛口にまとめるあたりのショモギーのセンスとオケのコントール能力も抜群です。
そして、辛口の酒の後に出汁の旨味の効いた椀ものをいただいた可能ような愉悦感に満ちたメヌエットに入ります。明るいメロディーが弾むのですが、ショモギーの眼力が演奏にただならぬ緊張感を与え、実に風雅で引き締まった演奏。隅々にまで料理人の感性が行き渡っています。
短調のフィナーレは険しい慟哭のようなメロディーの連続からふと素朴なユーモアを垣間見せる見事な展開。ショモギーはオケをキリリと引き締めると同時にユーモラスな部分でさっと気配を変え、ハイドンの機知を見事に表現。最後は大団円で終えます。この演奏を聴くと100曲以上あるハイドンの交響曲からこの曲をなぜショモギーが選んだか、なんとなくわかる気がしました。

IMG_0955.jpg

Hob.I:22 Symphony No.22 "Philosopher" 「哲学者」 [E flat] (1764)
さて、盤をひっくり返してお目当ての哲学者です。なぜか、前曲の引き締まったオケの響きとは全く異なり、とろけるように柔らかい響きに包まれます。各パートは鋭さを隠して楽器を実に柔らかく響かせ、冒頭からこの素朴なメロディーの醸し出す夢見心地のような雰囲気にどっぷりと浸かることができます。よく聴いてみるとゆったりとしたメロディーにゆったりと意外にも大きな起伏をつけて音楽に生気を与えていることがわかります。ハイドンだけが書ける見事なハーモニーに酔いしれます。大河のようにゆったりと流れる音楽。
2楽章のプレストはもっと険しくくるかと思いきや、1楽章の流れを受けてむしろしなやかな演奏にまとめてきました。前曲が凛とした筆の運びが印象的な楷書だったのに対し、こちらは力の抜けた行書のように流れの良さとハーモニーのまとまりを意識した演奏。曲によって明確にコンセプトを変えてきますが、そのコンセプト自体がよく考えられていて深い。
メヌエットも行書のままですが、筆の勢いがよく硬軟織り交ぜながら、流れよくしなやかに流します。そしてフィナーレも同様、見事に力が抜けて1楽章から一貫した流れの一部のように通してきました。最後にくっきりメリハリをつけてまとめました。

今ではその存在がほとんど知られていないラースロー・ショモギーの振るハイドンの交響曲2曲を収めたLPでしたが、前盤同様、絶品の出来。このアルバムを聴くと、ショモギーという人、曲の本質に迫ろうとする類い稀な洞察力の持ち主と見ました。地味な78番についてはこの曲の見事な構成をキリリと描ききり、哲学者の方は夢見るように美しいハーモニーを活かしてしなやかにまとめてきました。記事を書くために2度聴きましたが、最初は哲学者が図抜けて素晴らしいという印象を持ったんですが、よく聴くと78番も見事。評価はもちろん両曲とも[+++++]とします。78番は録音も少ないため、ニコラス・ウォード盤とともに曲のベスト盤といってもいいでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 哲学者 交響曲78番

コメントの投稿

非公開コメント

祝ショモギー登録

Daisy 様、こんにちは。ラースロー・ショモギー(ソモジ)の新レビュー、拝見いたしました(当方のブログへの言及もありがとうございました!)。実は、昨年12月中旬に東京出張した折に、御茶ノ水のユニオンに寄り、私もハイドン交響曲のLPの箱を覗きましたが、その時はおそらくなかったのではと思います。我々の記事を見たどなたか篤志家の方が、Daisy さんがディスクユニオンに行くのを見計らって、「78番、哲学者」盤を売りに行ってくださっとしか思えません(笑)。いずれにせよ、世界の「ハイドン倉庫」に、ようやくショモギーの全ハイドン録音が登録されて、安心いたしました。
私の方も、年末にネットオークションで両盤(ともに Westminster 盤)を入札。年が明けて「89、90」は香港から、「78、22」はフランスから盤が届き、うれしそうに並べてリビングに飾っておいたところ、家人から「(せっかく年末年始にきれいにしたのだから)リビングにLPは置かないで」と言われ、昨日まで階下のレコード部屋に戻っていました(泣)。週末の休みにやっと取り出してきて、午前中、静かなリビングでショモギーのハイドン世界に浸っております。
偶然にも、第22番以外は私もC管ホルン絡みで「高いホルン・低いホルン」シリーズで取り上げていました。第89番終楽章の<ため>というか「strascinand」指定(ランドン編纂の版では、第4楽章の第16、84小節目に、そして第153小節目にはカッコ付きであり)については、「Zauberfloete 通信」というブログを主宰されている方と以前調べたことがあるのですが、ショモギーはすばらしくうまくさばいています。ラトルよりうまいかも。
第90番は私の大好きな曲で、昨日もキッチンで茶碗を洗いながら冒頭のテーマを口ずさんでいたくらいですが、ウィーン響の弦の美しさ、またフルートの音色にはまったく感服しました(特に第2楽章第1変奏のフルート・ソロ!)。
第78番は確かに地味な選曲ですが、ここにも第3、4楽章でC管ホルンが使われています。ショモギーは他の指揮者と同じでバッソで(低く)吹かせています。終楽章のホルンをアルトで(高く)吹かせた演奏としてはディヴィスの全集盤があります。が、ショモギー盤における早めのテンポで進む終楽章の見事さは Daisy さんもご指摘のとおり。
第22番では、やはり冒頭の序奏部分のハーモニーが見事です。イングリッシュホルンの鄙びた音色は最高ですね。
リステンパルト盤のコメント承認もありがとうございます。これからも情報交換よろしくお願いいたします。

Re: 祝ショモギー登録

cherubinoさん、コメントありがとうございます。

リビングにショモギーのジャケットを飾ろうという気持ち、よくわかります(笑) このアルバムの希少価値とそこに刻まれた音楽の素晴らしさがジャケットをみると想像できる人にとっては至福のインテリアアイテム。しかしながら、LPは前時代のニッチな懐古趣味的遺物という視点から見ると全く見方が変わってくるわけですね。当家では書斎兼オーディオルームの扉が結界となり、日常空間から隔離されており、その中からはみ出さない限り諸事突っ込まれることはありませんが、時折流れるハイドンのユーモラスなメロディー(例:リラ・オルガニザータコンチェルト等)に、「それ、どこがいいの?」とこちらの芸術的素養を疑うような嘲笑を込めて突っ込まれることは多々あります。お互い強く生きていきましょう(笑)

ちなみに、このタイミングでショモギーの哲学者のアルバムが入手できたことは、ご指摘の通り、全てお見通しの篤志家の方の施しと理解することにいたしました。

本日はこちらも掃除などしながらショモギーの89番、90番を聴いてのんびりしております。こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

バッハすみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:34サントリーホールラヴェルブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.71チマローザ変わらぬまこと無人島モーツァルトアルミーダ騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20交響曲3番古楽器アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネチェロ協奏曲1番驚愕交響曲88番オックスフォード交響曲27番交響曲19番交響曲58番アンダンテと変奏曲XVII:6紀尾井ホールショスタコーヴィチベートーヴェンドビュッシーストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LP日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番奇跡交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲10番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲皇帝シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4モンテヴェルディアレグリバードタリスパレストリーナピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌モテットオフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルンライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ