アルミン四重奏団のOp.20のNo.4(ハイドン)

久々にCDに戻ります。最近仕入れたアルバムですが、クァルテットの名前も知らない、知る人ぞ知るアルバム。こういうアルバムを聞くのはワクワクしますね(笑)

ArminQuartet.jpg
TOWER RECORDS / ローチケHMVicon

アルミン四重奏団(Armin Quartet)による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.4、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲Op.13の2曲を収めたアルバム。レーベルはバイエルン放送響などのライブのリリースで知られるaudite。収録は1994年10月25日から28日かけて、auditeレーベルの創業者であるフリードリヒ・マウアーマン(Friedrich Mauermann)の名を冠したマウアーマンスタジオ(Tonstudio Mauermann)でのセッション録音。

このアルバムは最近偶然手に入れたもの。好きなOp.20が入っているということで入手しましたが、CDプレイヤーにかけてみると、なかなか充実した響きが流れ出し、素晴らしい演奏に耳を奪われました。

auditeと言えば歴史的な録音の復刻で有名なレーベル。私はクーベリックがバイエルン放送響を振ったマーラーのライブ盤が印象に残っていて、1、2、5、9、大地の歌と結構な枚数が手元にあります。今回ちょっと調べたところauditeレーベルの創始者であるフリードリヒ・マウアーマンの兄弟であるエーリッヒ・マウアーマンがその当時の先代のバイエルン放送響のマネージャーだったということで、クーベリックのマーラーの録音やリリースに繋がったのだと思われます。クーベリックのマーラーの録音がauditeレーベルの主力のアルバムだったということです。

一方アルミン四重奏団はあまり知られた団体ではありません。この録音時のメンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:オットー・アルミン(Otto Armin)
第2ヴァイオリン:永富美和子(Miwako Nagatomi)
ヴィオラ:イングリト・フィリッピ(Ingrid Philippi)
チェロ:アンスガー・シュナイダー(Ansgar Schneider)

第1ヴァイオリンのオットー・アルミンは1943年カナダ生まれで1977年にドイツに移住するまではカナダなどを中心に活動していた人。彼の略歴を見ると1950年代からアルミン弦楽四重奏団というクァルテットを結成して活動していたようですが、カナダ国内での演奏やCBC放送への出演が多く、のちに米国インディアナ州のインディアナ大学のレジデント・クァルテットとなった経緯などを含めるとこのアルバムを録音した頃まで継続して活動していたかどうかはわかりません。オットー・アルミンは著名なヴァイオリンのコンクールに入賞したのちにヴィクトリア響、クリーヴランド管などのヴァイオリン奏者として活躍し、CBCモントリオール管ではコンサートマスターを務めました。教職ではケベック音楽院、マギル大学、カナダのナショナル・ユース・オーケストラなどを歴任。その後ドイツに渡り、ハンブルクフィル、シュツットガルト放送響のコンサートマスターを務めています。このアルバムのクァルテットのメンバーは皆シュツットガルト放送響のメンバーということで、50年代に活動したアルミン弦楽四重奏団とはアルミンが第1ヴァイオリンということだけが共通の模様。ちなみに第2ヴァイオリンの永富美和子さんは桐朋音大を出て室内楽をジュリアード四重奏団に学び、ジュネーヴでヘンリク・シェリングのマスタークラスを学び1973年からシュツットガルト放送響のアシスタント・コンサートマスターを務めているそう。

ということでレビューに入ります。

Hob.III:34 String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
程よい残響を伴った鮮明な録音でしっかりと実体感のあるクァルテットがスピーカーの前に出現します。演奏は現代楽器によるオーソドックスなものですが、4人の息がピタリと合って精度は抜群。全員のボウイングが揃って奏でるハーモニーが絶妙な雰囲気を醸し出します。聴き進むとオットー・アルミンの第1ヴァイオリンの伸びやかなボウイングの魅力が徐々に際立ってきます。特段個性的なものではありませんが、ハイドンのこの曲を素直に料理することが最も作品の真髄に近づけるとの確信を持った演奏のように聴こえます。
続く2楽章に入るとヴァイオリンが奏でる短調のメロディーを次々とヴィオラ、チェロが受け継ぎじっくりと、しかし淡々と発展させていく妙味を味わえます。ヴィオラもチェロもかなり雄弁で聴きごたえ十分。再びヴァイオリンに戻ると短調の中にも艶やかさにハッとさせられる見事な展開。やはりハイドンの構成の見事さが印象に残る、オーソドックスなのに深い演奏。弱音部の精妙さと強奏部の堂々とした響の対比も見事。
メヌエットはメロディーラインに小節を効かせながらもチェロの軽やかな音階でさっぱりとまとめます。そしてフィナーレでは速いパッセージでも4人のアンサンブルの息の合ったところを見せつけますが、終盤に近づくにつれてオットー・アルミンのヴァイオリンの鮮やかなキレ味が牙を剥き始めます。録音がいいのでヴァイオリンの響きも実に心地よく感じます。4楽章を通して穏やかな起承転結がついて、ハイドンのこの時期のクァルテットの仄暗い雰囲気をくっきりと描き切りました。

やはり未知の奏者の演奏を聴くのはスリリングですね。先入観なく虚心坦懐に聴いた演奏は、このOp.20のNo.4の素朴な良さをくっきりと浮かび上がらせる名演奏でした。しっかりと地に足がついて弦楽器の響きも実体感十分。そして第1ヴァイオリンを軸にしながらもバランスの良い息のあったアンサンブルでまとめた手堅さが印象に残りました。ハイドンの演奏のツボを押さえた名手の集まりということでしょう。評価は[+++++]とします。

このアルバムの他に数枚しか録音が見つからないということで、現在も活動しているかどうかはわかりませんが、このアルバムに収録されたハイドンは皆さんに聴いていただくべき価値は有りです!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ