クリストフ・ゲンツの英語カンツォネッタ集(ハイドン)

久しぶりに歌曲の未入手盤に出会いました! テノールのしなやかな歌唱と陰影の深いピアノの伴奏が素晴らしい演奏です。

ChristophGenz2.jpg
amazon

クリストフ・ゲンツ(Christoph Genz)のテノール、ジュリアス・ドレイク(Julius Drake)のピアノによる、モーツァルトの歌曲6曲、ハイドンの英語によるカンツォネッタから12曲、英語による歌曲2曲を収めたアルバム。収録は1999年9月、ドイツ放送(Deutschelandradio)のケルン放送センターの放送ホールでのセッション録音。レーベルはBerlin Classics。

ハイドンの英語によるカンツォネッタ集はハイドンが第1回のロンドン旅行に出かけた1791年に知り合った外科医ジョン・ハンター(John Hunter)の夫人であるアン・ハンター(Anne Hunter)の書いた詩などに曲をつけた曲集で、6曲づつ2巻に分けて出版されたもの。第1巻が1794年、第2巻が1795年と、おそらくハイドンの第2回のロンドン旅行に合わせて出版されたもの。ハイドンはドイツ語の歌曲やクラヴィーアの伴奏付きのカンタータなども書いていますが、これまでリリースされているアルバムの数を見るとこの英語によるカンツォネッタが群を抜いて多くの録音があり、人気のある曲集であることがわかります。

ほとんどが女性による歌唱ですが、男性によるものもわずかながらあり、このアルバムもその中の1枚。

テノールのクリストフ・ゲンツは1971年、ドイツ中部のエアフルト(Erfrut)の生まれ。ライプツィヒの聖トーマス教会の合唱団、ケンブリッジのキングスカレッジ合唱団などを経てライプツィヒのメンデルスゾーン音楽演劇大学で学び、1996年にヨハン・セバスチャン・バッハコンクールで1等に輝き、以後世界各地のオペラハウスなどで活躍しています。録音も多数の残しており、ガーディナー、クイケン、鈴木雅明などとの共演も多く古楽も重要なレパートリーのようです。ハイドンではマンフレッド・フスの振るマリオネット・オペラ「フィレモンとバウチス」でフィレモンを歌っています。

ピアノのジュリアス・ドレイクは1959年ロンドン生まれのピアニスト。歌曲の伴奏、室内楽を中心に活動しているようです。ロンドンのパーセル・スクール、王立音楽大学で学び、現在は王立音楽アカデミー、王立ノーザン音楽大学の教職に就いています。伴奏者としてはトーマス・アレン(2016年のジョナサン・ノットの「コジ・ファン・トゥッテ」の演出とドン・アルフォンソは見事でした!)、オラフ・ベーア、イアン・ボストリッジら名歌手の伴奏役として活躍している人。



このアルバム、クリストフ・ゲンツのテノールの透明感あふれる響きも素晴らしいんですが、何と言ってもジュリアス・ドレイクの染み入るようなピアノが絶品なんですね。

Hob.XXVIa:25 6 Original Canzonettas 1 No.1 "The Mermaid's Song" 「人魚の歌」 [C] (1794)
もう夢のような柔らかいピアノの伴奏からいきなり惹きつけられます。流石に伴奏のスペシャリストだけに歌を引き立てるツボを押さえた演奏。ゲンツは清らかかつ澄んだ響きの声。ニュアンス豊かな歌なんですが、それもドレイクのピアノの表現力もあってのこと。

Hob.XXVIa:26 6 Original Canzonettas 1 No.2 "Recollection" 「回想」 [F] (1794)
ゆったりとした伴奏にゆったりとした歌が乗り、極上の音楽が流れます。かつての恋人との忘れがたい時をしのぶ歌詞がしっとりとうたわれる名曲。

Hob.XXVIa:27 6 Original Canzonettas 1 No.3 "A Pastoral Song" 「牧歌」 [A] (1794)
なぜか、イギリスらしい郷愁を感じる曲。ピアノのきらめくような高音の美しさがちりばめられながら、時折りコミカルな表情をみせたかと思うと、陰りも見せる美しいメロディーが印象的です。ゲンツの表情の使い分けが巧みです。

Hob.XXVIa:28 6 Original Canzonettas 1 No.4 "Despair" 「絶望」 [E] (1794)
ここにきて、歌よりも雄弁なピアノの伴奏。英語の歌詞をみると確かに絶望という感じの詩なんですが、透明感が覆う美しい曲。ジュリアス・ドレイクの自在なタッチに耳を奪われます。

Hob.XXVIa:29 6 Original Canzonettas 1 No.5 "Pleasing Pain" 「愛の苦しみ」 [G] (1794)
この曲では今度はクリストフ・ゲンツの高音の伸びやかさでリードしてきます。歌手と伴奏の微妙なやりとりの妙を楽しめます。ピアノは少し砕けた表情で力を抜きます。

Hob.XXVIa:30 6 Original Canzonettas 1 No.6 "Fidelity" 「誠実」 [f] (1794)
と思うと、今度はピアノが踏み込んできました! なんというアンサンブルの面白さ。ゲンツもドレイクも競い合うようにキレの良さを誇る見事な演奏。第1巻の最後の曲はスリリングなせめぎ合いが楽しめます。



Hob.XXVIa:31 6 Original Canzonettas 2 No.1 "Sailor's Song" 「船乗りの歌」 [A] (1795)
第2巻の最初の曲。気分が変わって軽やかな曲。6曲がセットになっている意味をしっかり踏まえてあえてさらりとした軽さを強調。この曲の詩はアン・ハンターではなく作者不詳。

Hob.XXVIa:32 6 Original Canzonettas 2 No.2 "The Wanderer" 「さすらい人」 [g] (1795)
そして、月夜にさすらう人の歌。しっとりと沈む曲想。ピアノはしなやかに豊かなニュアンスを発散し、テノールは淡々と歌います。微妙な音程のコントロールの巧みさをさりげなく聴かせる名唱。

Hob.XXVIa:33 6 Original Canzonettas 2 No.3 "Sympathy" 「共感」 [E] (1795)
心の通じ合う喜びを歌う、ほのかな明るさを帯びた曲。ピアノの伴奏のメロディの雄弁さと多彩さに驚きます。

Hob.XXVIa:34 6 Original Canzonettas 2 No.4 "She never told her love" 「彼女は決して愛を語らなかった」 [A sharp] (1795)
この曲集で最も美しいメロディの曲。詩はシェイクスピアだったんですね。美しい曲の序奏をことさらゆったりとした間を取りながらゆったりと伴奏していく、見事な入りにゲンツも伸びやかな歌唱で応えます。

Hob.XXVIa:35 6 Original Canzonettas 2 No.5 "Piercing eyes" 「見抜く目」 [G] (1795)
しっとりとした曲とコミカルな曲が交互に配され、歌曲集としての構成も見事。曲順もハイドンのアイデアなのでしょうか。詩は作者不詳。

Hob.XXVIa:36 6 Original Canzonettas 2 No.6 "Content"(Transport of Pleasure) 「満ち足りた心」 [A] (1795)
第2巻の最後の曲はやはり伴奏だけで沁みる曲。最後に持ってくるのにふさわしい晴朗な曲。爽やかな風のように軽やかな情感に包まれます。この曲も詩は作者不詳。



アルバムの最後にアン・ハンターの詩による英語による独立した曲を持ってきました。

Hob.XXVIa:41 "The Spirit's Song" 「精霊の歌」 [f] (c.1795
歌手の表現力、そしてピアノによる表現力を問われる曲。前半の霊気漂うような厳粛な雰囲気と、後半の朗々とした歌唱の対比がポイントの曲ですが、流石にドレイクのピアノはこれまでの演奏同様、自然な表情の演出が絶妙で、もちろんこの曲の対比を見事に描き、ゲンツもそれに応える朗々とした歌唱で、ハイドンの仕込んだ深い曲想を汲み取ります。見事。

Hob.XXVIa:42 "O tuneful Voice" 「おお美しい声よ」 [E flat] (c.1795)
なんと美しい伴奏。最後に絶妙に美しい曲で締めます。あえてさらっとした曲の魅力を印象付けて終わります。

ハイドンの英語によるカンツォネッタ集は名曲揃い。女性による歌唱もいいんですが、ゲンツの清らかなテノールによる歌唱もいいですね。このアルバムのポイントはゲンツの安定した歌唱のクォリティの高さもあるんですが、何と言ってもジュリアス・ドレイクのピアノによる伴奏の豊かな表情の変化。この伴奏あってゲンツの歌唱が引き立つというものです。そして、短い曲を組み合わせて作られる曲集としての面白さもこのアルバムの聴きどころでした。評価は全曲[+++++]とします。

お盆をすぎて東京の気温も少し下がり、秋の気配も感じられるようになってきましたね。歌曲や室内楽を楽しむ季節ですね。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 英語カンツォネッタ集

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ三重奏曲ベートーヴェン第九オックスフォードヒストリカル太鼓連打交響曲99番時計ボッケリーニモーツァルトシューベルトロンドン天地創造交響曲5番交響曲61番ピアノソナタXVI:46チャイコフスキーストラヴィンスキーピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:20チェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲軍隊ヴィヴァルディバッハオペラ序曲アリア集パイジェッロ弦楽四重奏曲Op.76皇帝日の出ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:49ラヴェルブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.71弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ無人島変わらぬまことチマローザ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20古楽器交響曲3番アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲88番驚愕交響曲19番交響曲27番交響曲58番アンダンテと変奏曲XVII:6紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番交響曲90番告別交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲80番交響曲全集交響曲81番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲12番交響曲10番交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバードタリスピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマン交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ