ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団の皇帝など(日経ホール)

なんだか、記事を書き終わらぬうちにコンサートの予定になっちゃってます。コンサートでもらったチラシから気になるコンサートに出かけています。

WienNicolai.jpg
日経イベントガイド:第477回日経ミューズサロン

10月10日に日経ホールで行われたコンサート。ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団(Wien Nicolai Quartett)によるハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を並べたプログラム。ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団とは聴きなれない名前でしたが、メンバーはウィーンフィルのメンバーで、もらったチラシには『ウィーンフィルの創始者「オットー・ニコライ」の名を冠する』とあり、至極由緒正しい感じがして、しかも今回の来日が日本のデビューコンサートということで、それならば聴いてみようということでチケットを取った次第。

しかもプログラムは下記の通り、有名曲ばかりを組み合わせた、かなり集客を意識した構成。

ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76 No.3「皇帝」
モーツァルト:弦楽四重奏曲14番K.387「春」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲7番Op.59-1「ラズモフスキー1番」

日本で絶大な人気を誇るウィーンフィルのメンバーがこれらの曲を弾くということで、客層の裾野はかなり広がるでしょう。メンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(Wilfried Kazuki Hedenborg)
第2ヴァイオリンベンジャミン・モリソン(Benjamin Morrison)
ヴィオラ:ゲルハルト・マルシュナー(Gerhard Marschner)
チェロ:ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(Bernhard Naoki Hedenborg)

IMG_3342.jpg

日経ホールは読響以来2度目です。この日の席はやや右後方。規模は室内楽にはぴったりですが、多目的ホールなため弦楽四重奏には少々デッドで響きが痩せて聞こえるのではとの危惧がありましたが、だいたい予想通り。お客さんの入りはほぼ満員で、さすがにウィーンフィルというブランドが効いていると納得ですね。

1曲目の皇帝は、予想通りオーソドックスな演奏。1曲目ということでちょっと硬さも感じさせ、特に第1ヴァイオリンの音程が少し落ち着かない感じでした。響きがデッドなため、このあたりの粗が少し目立った感じ。ただし、1楽章で目立った粗も徐々に収まり、2楽章ではアンサンブルがかみ合ってきて、特に弱音のバランスの良さを感じさせるようになります。美しいメロディーを聴かせるところは流石にウィーンフィルということで味わい深い響きを作り出します。ヴィオラやチェロは盤石の安定感。メヌエットではこちらの耳がホールの響きに慣れてきたのか、デッドな響きがかえって心地よく感じられてくるのが不思議なところ。各パートの見通しが良くメロディーの受け渡しとリズムが鮮明に聞き取れるからでしょう。そして終楽章は複雑にメロディーが絡み合いながらまとまっていくところが聴きどころですが、弾き慣れているからでしょう、音楽が収束に向かうのを安心して聴いていられます。ということで、1曲目のハイドンはアイドリング的な感じがなくもありませんでした。

続くモーツァルトは、1曲目でアイドリングが済んだのか、冒頭から緊張感あふれる素晴らしい出来でした。ハイドンではどこか流れに淀みがあったように感じていたのが、モーツァルトでは実に楽しげにリラックスして4人のボウイングが揃って響きの統一感も上がった感じ。何よりのびのびとしてメロディーが心地よく流れ、アゴーギクもより自然に感じられました。この曲はモーツァルトがハイドンのロシア四重奏曲に深く感銘を受け、ハイドンに献呈したハイドンセットの6曲の最初の曲。作曲は1782年ということで、1曲目のハイドンの皇帝の1797年よりも15年も前に書いたことになります。こうして並べて聴くと流石にメロディーラインの美しさはモーツァルトならでは。ハイドンが構成の面白さに聴きどころを設けていたのに対し、モーツァルトはメロディーの流麗な美しさと、パートの絡み合いの面白さにこだわっていたことがよくわかります。天真爛漫にさえずるような音楽を聴いて、ハイドンがモーツァルトの才能を見抜いた時の様子を想像しながら楽しみました。特に3楽章のアンダンテ・カンタービレのジワリと染み透るような美しさ、終楽章のフーガの幽玄な感じは見事でした。

休憩を挟んで最後の曲はベートーヴェンのラズモフスキー1番。何度も書いていますが、ベートーヴェンのクァルテットは苦手分野の一つ。この曲の刷り込みは同じくウィーンフィルのウェルナー・ヒンク率いるウィーン弦楽四重奏団のもの。なんとなくウィーン風にまとめられたこのアルバムの演奏と比べて聴いてしまっていましたが、同じウィーンフィル母体のクァルテットながら、このウィーン・ニコライの方は、それと比べるとだいぶストイックに聴こえました。あえて流れの連続性を分断してキレ味を追求するような姿勢の演奏。ベートーヴェンを聴き慣れた人の耳にどう聴こえたかはわかりませんが、私には少し力入りすぎに聴こえました。まあ、ハイドンやモーツァルトはともかくベートーヴェンの感想はおまけ程度にご理解ください。この日のお客さんは迫真の力演に盛大な拍手で讃えていました。

そしてアンコールにはラズモフスキー3番のメヌエット。アンコール演奏前のアナウンスでラズモフスキーの3曲を録音して発売予定であることが告げられていましたので、番宣ならぬ盤宣という意味もあったのでしょう。

このコンサート、お手並み拝見的な気分でもありましたが、良い意味でも悪い意味でもウィーンフィルブランドに印象を引っ張られたような気がしました。ウェルナー・ヒンクやライナー・キュッヒル率いるウィーンフィル出身者のクァルテットが、ある意味ウィーン風の伝統の中で演奏してきたのに対し、このクァルテットもその期待を背負ってのスタートとなるわけです。伝統的な看板を背負ってこれからどのようにやっていくのか気になるところですね。もちろん、ハイドンの本格的な録音への期待も込めて見守りたいと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 皇帝

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ三重奏曲ベートーヴェン第九オックスフォードヒストリカル太鼓連打交響曲99番時計ボッケリーニモーツァルトシューベルトロンドン天地創造交響曲5番交響曲61番ピアノソナタXVI:46チャイコフスキーストラヴィンスキーピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:20チェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲軍隊ヴィヴァルディバッハオペラ序曲アリア集パイジェッロ弦楽四重奏曲Op.76皇帝日の出ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:49ラヴェルブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.71弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ無人島変わらぬまことチマローザ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20古楽器交響曲3番アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲88番驚愕交響曲19番交響曲27番交響曲58番アンダンテと変奏曲XVII:6紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番交響曲90番告別交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲80番交響曲全集交響曲81番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲12番交響曲10番交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバードタリスピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマン交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ