フリッツ・ライナーの交響曲集

このところ交響曲に戻ってます。今日はクレンペラーの時計つながりでライナーの時計など。

Reiner88.jpg
HMV ONLINEicon

フリッツ・ライナー(Fritz Reiner)指揮のシカゴ交響楽団とフリッツ・ライナー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲88番、95番、101番「時計」の3曲。もともとはRCAが録ったものをTESTAMENTレーベルが再発したものでしょう。録音は88番のみがシカゴ交響楽団の演奏で、1960年2月6日、シカゴオーケストラホールでの録音。その他が1963年9月13、16、18、29日、ニューヨークのマンハッタンセンターでの録音。何れもセッション録音です。

フリッツ・ライナーは1888年12月19日ハンガリーのブダペストに生まれたユダヤ系の指揮者。このところ取り上げているクレンペラーやアンセルメと同世代ですが、クレンペラーより3つ下ということになります。この演奏のころは70歳代ですが、亡くなったのが1963年の11月15日ですので、95番と時計は亡くなる2ヶ月前の最晩年の録音ということになります。Wikipediaなどによればライナーは88番を録音した1960年に心臓発作で一度たおれており、その後95番と時計を録音した1963年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場で「神々の黄昏」の公演準備中に亡くなったので、ハイドンの演奏はライナーにとって鬼門だったのかも知れませんね。

1曲目のシカゴ交響楽団との88番。入るや否や分厚いシカゴ響の素晴しい精度の音響! 流石魔術師ライナー、いきなり全力投球ですね。元の録音もいいのでしょうが、TESTAMENTの復刻した音響も素晴しい。とても1960年の録音とは思えません。若干デッドで低音が薄い感じがしますが、クッキリ感を際立たせる方向の調整だと思います。1楽章の弦の速いパッセージの充実ぶりは素晴しいものがあります。インテンポでザクザク切り込む感じですが、ライナーらしく流線型のスタイリッシュさも兼ね備えています。
2楽章のラルゴは一転、クッキリさをたもちながらゆったり感も十分な展開。途中から楔のようにはいる強音は迫力満点で楽章を引き締めます。後半の鳥の鳴き声のように入るオーボエ?をちょっと遅らせて鳴らすなどの粋な演出も効いて、なかなかの出来。
3楽章のメヌエットはあえて小節をきかせて舞曲のリズムの面白さを浮き彫りに。曲の本質を良くふまえた考えられたアプローチですね。太い筆なのに非常に繊細な輪郭を描いているところが常人とは異なるレベル。
フィナーレは、非常に優しく入る開始の部分が鳥肌が立つような秀逸な解釈。いきなり引き込まれます。クレッシェンドして勢いをましたり、引いたりの波のような緻密な演出。途中、フレーズの終わりを荒々しく強調したり、テンションを落としたり、ライナーによってハイドンの楽譜がなんと豊かな表情を魅せるのでしょう。素晴しいフィナーレですね。88番は群を抜いた出来です。

つづく95番。オケが変わってフリッツ・ライナー交響楽団。収録場所もニューヨークにかわり、音響は残響豊かなゆったりした響きになり、低音も豊かに。88番の鋼のようなテンションから、力のぬけた開放的な演奏に変わりました。冒頭からの流れはライナー流の流麗さを感じさせますが、前曲で見せた緻密なコントロールというよりは、手綱を少し緩めてオケに任せて鳴らしているという印象。テンポは若干遅めでオーソドックスな解釈ですが、1楽章の最後の1フレーズを極端にテンポを落として起承転結を鮮明に表現するようなアクセントをつけます。
2楽章のアンダンテ・カンタービレはかなり遅めのテンポ。柔らかいフレージングで進めますが、とはいってもライナーのコントロールは行き渡っていて、所々に閃きを感じるアクセントがつけられて、やはり普通の演奏とは違います。
3楽章のメヌエットは音を短く切ったような表現を基調に、レガートを強調したり、細かい表現の対比で聴かせる玄人向けの演奏。これは面白いですね。途中で入るピチカートに乗ったチェロのソロも聴かせ上手。分厚い強奏の魅力をたっぷり楽しめます。
フィナーレは88番と同様、力をぬいた爽やかな入りの演出が巧み。絶妙の入りですね。ハイドンもこれほど爽やかなフレージングを想像だにしなかったでしょう。意外と速くないテンポでじっくり複雑に入り組んだ楽譜を鮮明に描き出している感じです。最後はライナー流にテンポをぐっと落として終わります。

最後は時計。1楽章の序奏は遅めのテンポでじっくり描き出していきます。主題の提示以降は素晴しい覇気溢れるオケのショーケースのような展開。この曲本来の素晴しい構成感を3Dテレビで見るような見通しのよい演奏。オケの精度は88番の手兵シカゴ響には及びませんが、ライナーのコントロールによる構成感の表現は見事の一言。盛り上がりますね。
2楽章はかなりゆっくりとしたテンポの設定。時計という曲のモチーフからすると遅すぎるきらいはありますが、ライナーが表現しようとしたのはヴァイオリンによって奏でられる旋律のとびきりの美しさでしょう。途中からの展開部も遅めのテンポでじっくり描きます。
3楽章のメヌエット。これまでの2曲とくらべると演出は若干あっさりしたものと感じます。溜やコントラスト、アクセントをあしらって創意を尽くすというより、楽譜に忠実に演奏することを優先しているよう。このアルバムの中では最もポピュラーなハイドンの交響曲故、小細工無用との判断なんでしょうか。
フィナーレはライナー特有のデリケートにおさえた優しい入りですが、ほどなく3D映像のような見事な構成感が浮き彫りになります。アルプスの雄大な山脈を空撮で眺めるがごとき素晴しい気分になりますね。これがシカゴ響の覇気溢れる音響で聴けたら卒倒確実ですね! いやいや、素晴しいフィナーレです。

評価はもちろん3曲とも[+++++]。正直88番は[++++++]を進呈すべき出来だと思います。ライナー/シカゴ響の金字塔といっても過言ではないでしょう。クレンペラーやセルなど名実ともにハイドンの名演奏とされているアルバムと比べるとライナーのハイドンはあまり知名度がある訳ではありませんが、これは素晴しい演奏ですね。ブログで取り上げるときには背景や情報を調べた上で何度か聴いた上で記事にしますが、今回あらためて聴き直して、ライナーのハイドンの素晴しさを再発見。

さて、本日は台風が関東直撃コースで北東にコースをとるなか、これからサントリーホールにアーノンクールの天地創造を聴きに出かけます。室内のコンサートゆえ中止とはならないでしょうが、帰りの電車が止まらないか若干心配でもありますね。コンサートレポートは今夜か明日にでも記事にする予定です。

それから明日で10月も終わりですので、先月より始めたHaydn Disk of the Monthの2回目の選考もしなくてはなりません。今月はどの盤が栄光に輝きますでしょうか!
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲88番 交響曲95番 時計 ヒストリカル おすすめ盤 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ