アーノンクールの天地創造(サントリーホール10/30)

さきほどサントリーホールから帰ってきました。台風が早めに通り過ぎて何よりでした。

KAJIMOTO:コンサート情報:ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

今日は半蔵門で用事をすませて、開演の1時間前の17時前くらいにはサントリーホールに着いていました。ホール正面のアンデルセンの屋外席でビールを飲んでのんびり開演を待つのがいつもの流れですが、あいにく今日は雨で屋外席もたたまれてました。
しかたなくお店の中の席にすわり、いつものようにビールとサンドウィッチで腹ごしらえ。

IMG_0820.jpg
今日はカールスバーグ。軽さがサンドウィッチにマッチしてますね。結構気に入ってます。

IMG_0821.jpg
アンデルセンの生ハムサンド。生ハムにモツァレラチーズにトマトにバジルとイタリアンな仕上がり。パンもおいしく、コンサート前の雰囲気を盛り上げますね。

そうこうしているうちに、雨のせいか予定の17:30よりだいぶ早めに開場したので、ホールに早速移動します。入口でいつものようにコンサートのチラシをドッサリもらって場内に。今日はサイン会があるらしく、ロビーのCD書籍の販売コーナーで買い物をした人のみサイン会に参加できますとのアナウンス。

今日の席は最前列。開場が早かったせいか、最初は閑散としてて心配しましたが、最終的には6~7割の入りだったでしょうか。とくに1階の高い席の売れ残りが目立ち、1階最前列以外の両サイドはかなり空いていましたね。最初はオケのメンバーがかわるがわる試奏にでてきて天地創造のフレーズを練習。幕が開く前のざわめく気配を楽しめますね。特にティンパニは入念にチューニング。深い中華鍋に皮を張ったような太鼓を2つ並べた、いかにも古楽器らしい楽器。音程が安定しないのか、試奏の時のみならず、本番中も常時チューニングに追われながらの演奏でした。また舞台両脇には字幕表示用の電光掲示板が設置されていましたが、オペラと違って歌詞がドラマを左右する訳ではないので、必要性についてはあまり感じませんでした。

コンサートは第一部、第二部のあと休憩をはさみ第三部という構成。天地創造の場合休憩をはさまないのかと思ってましたが、そうではないんですね。



開演時間となり、拍手に乗ってウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのメンバーが入場、続いてアーノルド・シェーンベルグ合唱団のメンバー。そろったところでチューニング、最後までティンパニがきりきりとネジをまわして音程調整。しばらくの静寂の後に、ソロのメンバーとアーノンクールが入場。アーノンクールの登場で拍手と会場内のどよめき。期待の大きさが会場内に満ちてましたね。

ソロはブルーのドレスがまぶしいソプラノのドロテア・レシュマン(Dorothea Röschmann)、思ったより巨漢だったテノールのミヒャエル・シャーデ(Michael Schade)、アメフト選手のようなバリトンのフローリアン・ベッシュ(Floeian Boesch)の3名。バリトンのベッシュ以外は2003年のライヴ盤と同じ歌手ですので、アーノンクールのお気に入りの歌手なんでしょう。

冒頭の第1日は、まずはゆっくり精妙なオーケストラの音色で場内を魅了。最初にホールの聴衆を圧倒したのは、おそらくラファエル役のベッシュの一声目でしょう。度肝を抜くような素晴しい音量、素晴しくキレのいいメリハリとテンポ感、発声。はじめて聴く人ですが、調べてみると手持ちのハイドンのアルバムではアーノンクールの「騎士オルランド」で歌っています。このアルバムもあんまり聴き込んでいなかったので特別印象は残ってませんでした。この人は要注目ですね。声量、テクニック、表情付けまで完璧な歌を聴かせてくれました。
続いて歌うウリエルのシャーデは非常に良く通る美声でこちらもホールの隅々にまで響き渡る素晴しい声量。歌い方にちょっと癖があり、所々に明確にアクセントをつけたり、大きく溜めたりするのと、若干リズムが重いときがあります。アーノンクールのスタイルは合っているのでしょうね。

アーノンクールのコントロールは基本的には先日レビューした2003年3月のウィーン・コンツェントゥス・ムジクス結成50周年のライヴを収録したアルバムと近い解釈ですが、おそらくテンポはこのアルバムよりも少しメリハリをつけ変化に富むようになり、間も多くとるようになっているような気がします。ちょっと引っかかるのがソプラノの登場する第4曲と第8曲のガブリエルのアリアで変速がきつく音楽の流れが淀む部分があったこと。

ガブリエル役のレシュマンも素晴しい音量。声も美しく、エッジというよりは歌い始めたあとのふくらみの音量で圧倒するタイプ。音程も正確ですが、リズムはほんの少しすこし重くなりがち。バリトンのベッシュのあまりのキレの良いリズムに他の二人がすこしおくれて聴こえるだけかもしれません。ガブリエルのアリアはソプラノの美しい声を堪能しました。アリアの最後の音はホールを突き破らんばかりの声量に圧倒されました。

第1部のクライマックスはライヴだけあって素晴しい盛り上がり。これまで触れていませんが、コーラスも見事の一言。素晴しいハーモニーでした。

間を置くことなく第二部。基本的に第一部と同様ですが、ほれぼれするようなベッシュのバリトンのの聴き所が多く非常に楽しめる演奏でした。第2部の終わりのハレルヤも盛大な迫力で終了。休憩前に拍手喝采でした。

圧巻は休憩後の第3部。2カ所のアダムとエヴァの掛け合いは美しさの限りを尽くしたもの。途中ウリエルのシャーデの出番が長時間ない間、ちょっと手持ち無沙汰そうな様子が微笑ましかったです。終曲では合唱から一人前に出て四重唱になります。おそらく合唱の仕事を讃える意味でハイドンが仕組んだ粋な演出なんでしょう。今日もソロを担当した団員は拍手喝采を受けてました。
録音で聴くと、第一部、第二部の集結部に対し、ちょっと迫力不足に聴こえることが多い第3部の集結部は、生では逆に威厳に満ちた最も神々しい雰囲気に満たされ、全曲の終曲にふさわしい、素晴しい迫力を堪能できました。

満員ではなかった観客からは満員以上の大拍手。すぐに立ち上がってスタンディング・オベイションとなり、ブラヴォーの嵐。特に合唱が紹介されたときには割れんばかりの大拍手でした。度重なるカーテンコール。オケが撤収した後も、2度にわたってアーノンクールとソロ、そして合唱指揮のエルヴィン・オルトナーが拍手に応えていました。

私自身も感動のコンサートでした。なにより80歳を超えたアーノンクールの迸る創意に脱帽ですね。ハイドンが人生の総決算として書き上げた大作を素晴しい精度のオケと合唱、鬼気迫る指揮者のコントロールで聴く悦びは何にも代え難い体験ですね。今日のお客さんは良い体験だったことと思います。
おそらく、この演奏がライヴでアルバムとしてリリースされたものを聴くと、前回取り上げたブログの記事と同じような感想になると思いますが、やはり生の体験は違いますね。善し悪しを客観的に聴くのではなく、その場の音楽を共有し体験するということですので、感想や評価はまた違ったものになるのだと思います。

いや、今日はいいコンサート、いい体験でした。



コンサートが終わってサントリーホールを出た頃には、雨はほとんど上がって、傘をささずに歩ける程度。台風を心配していましたが、荒れずに一安心。

一路府中に帰り、行きつけの駅の下の汁ベ屋で嫁さんと反省会。

IMG_0822.jpg

いつものようにハイボールを頼み、鰤刺、生ユバ刺でまずは喉を潤します。

IMG_0823.jpg

ハラミを炙ってオロシ醤油をあしらったもの。旨味の濃い和牛をさっぱりいただけます。

IMG_0825.jpg

カキフライにいつもの〆の肉汁うどん。いつもながら美味しいです。先日カキにはやられたばかりですが、頼まない訳にはいきませんね(懲りない性格)

さきほど帰宅してブログにまとめたという次第です。

さて、明日はもう1組レビューした上で今月の1枚を選定することに致しましょう。目星はいくつかついているんですが、まだ決めてません(笑) お楽しみに!
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 サントリーホール

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ