ヌリア・リアルのオペラ挿入アリア集

今日は珍しいハイドンが他の作曲家のオペラのために書いたアリア集。

RialAria.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

先日手に入れてレビューしたテレサ・ベルガンサのアリア集を所有盤リストに登録したのを機に、手持ちのアルバムで未登録のものを登録しようと聴き直したもの。

ソプラノはヌリア・リアル(Nuria Rial)、メゾ・ソプラノの曲はマルゴ・オイツィンガー(Margot Oitzinger)が歌ってます。伴奏はミッヒ・ガイック(Michi Gaigg)指揮のオルフェオ・バロック管弦楽団の演奏。収録は2008年9月9日~11日、オーストリア南部グラーツの東にあるブルゲンランドのリストセンターコンサートホールでのセッション録音。

演奏を記録するために、ジャケットやらライナーノーツやらをしげしげと眺めていると、アルバムの裏面に英語で気になるコメントが! 訳すと「このレコーディングはハイドンが密かに恋慕っていたイタリア人のソプラノ歌手ルイジア・ポルッツェリのために作曲した美しいアリアの数々を収録」とあります。今一度アルバムのジャケットを見ると、”Arie per un'amante”と書いてありますが、これをMacの翻訳ウィジェットに入れると、まさに「恋人のためのアリア」ではありませんか。あわてていつもの大宮真琴さんの「新版ハイドン」を紐解いてみると、この辺りのことが詳細に記されていました。要約すると次のようになります。

エステルハーザの楽長となったハイドンにとって、妻アンナ・アロイジアとの家庭生活は無味乾燥であった。ところが、1779年にイタリア人のヴァイオリニストのアントニオ・ポルツェリとメゾソプラノ歌手のルイジア・ポルツェリの夫婦がエステルハーザにやってきた。ルイジアは典型的なイタリアのブルネットで優美な容姿だったとのこと。この時ハイドン47歳で、ルイジアは28歳下とのことなので19歳! 夫のアントニオは老年で体が弱く、ルイジアにとっても不幸な結婚。ハイドンがこのルイジアに熱心に歌唱指導したため、夫は2年で契約が終了したが、ルイジアはその後約12年間ルイジアはエステルハーザの歌手として雇われつづけたとのこと。ルイジアには2名の息子があったが2人目のアントンは1783年にエステルハーザで生まれ、ハイドンの子であるとの噂があった。ハイドンはルイジアの息子を非常にかわいがり、後年に至るまで送金したり面倒を見たとのこと。

また、ハイドンの伝記を書いたガイリンガーの記述を先の著書から引用しておきましょう。

「ハイドンが深く愛していた時期にあっては、ルイジアは彼の必要としていたものを与え、また彼の感情生活を覚醒させることによって、その発展に重要な部分を演じたのであった。もしこのイタリア女性に対する情熱が、彼の人生に新しい展望を開いたのでなかったとしたならば、壮麗さに彩られた1780年代の作品の芸術的成熟が果たして成し遂げられたかどうかは疑問である。」

まさに、ハイドンの数多くの名曲が作曲された頃、ハイドンの創造の源泉となっていたということでしょうか。

さてさて、このような背景を知って、あらためてこのアルバムのジャケットを眺めると、ヌリア・リアルの姿がルイジアと重なって見えるのは私だけでしょうか。ブルネットの髪をもつ、若くて美しい容姿。ハイドンがルイジアを迎えた年齢に私も近いせいか、ちょっぴりハイドンの気持ちがわかるような気がします。このアルバムの企画意図がようやく見えてきましたね。ついでにヌリア・リアルのウェブサイトへのリンクも張っておきましょう。

Nuria Rial - Soprano(英文)

収録曲は1曲をのぞいてすべて1779年から1792年の間に作曲されたもの。歌はソプラノとメゾソプラノ用のものがありますが、おそらくルイジアが歌うために作曲されたんでしょうね。収録曲目については上にリンクを張ったHMV ONLINEをご参照ください。

収録曲目は、まずこのアルバムの序曲という位置づけか、交響曲81番の1楽章が最初に置かれています。この次の82番以降のいわゆるパリ・セットと呼ばれる交響曲は、外国からの依頼にもとづいて作曲されたもの。ルイジアがエステルハーザにいた頃に、依頼でなく最後に作曲した曲ということでしょうか。演奏は人数の少ない古楽器オケの俊敏さがよく出た快活なもの。音が耳に刺さるような生き生きとした響きが特徴です。録音は多少デッドな印象もあるものの鮮明に各楽器をとらえた最新の録音らしい素晴しいキレ、というか、キレまくってます! 指揮者のミッヒ・ガイックも女性ですね。オケのオルフェオ・バロック管弦楽団も巧いですね。エッジをかなり明確に立てた鋭い表現が痛快です。

ヌリア・リアルの歌声は、清透そのもの。歌い方も古楽にあわせたヴィブラートをほとんどかけないもの。一流のオペラ歌手の堂々とした歌唱とは全く違う印象。年齢や声質は異なりますが、エマ・カークビーの歌い方に近いと言えば伝わりますでしょうか。先日このアルバムにもふくまれるいくつかの曲をベルガンサの名唱で聴いたばかりですが、同じ曲とは思えないほど印象が変わります。

収録曲はハイドンが他の作曲家のオペラの挿入アリアとして書いたもの。というより、ルイジアのために当時演奏されていた様々なオペラの演奏時にルイジアに歌わせようと書き加えたものなんじゃないかと思います。

前置きがだいぶ長くなっちゃいましたので、気に入った曲をいくつか上げておきましょう。
基本的に全曲オペラのアリアとして素晴しいものばかり。トラック3の「薔薇に刺がなくなったら」は2分弱の短い曲で、曲調もシンプルですが、愛しい人が歌ったらぐっとくるような美しいメロディー。続くトラック4の「あなたはご存知で」は、ハイドン特有の心温まる序奏で始まる曲。トラック10の「私は運命に見放された不幸な女」は、不思議と明るくちょっとコミカルなフレーズがぐっときます。そしてトラック12の「情け深い人は」、何度聴いても素晴しいメロディ。

評価は、歌、オケ、指揮ともに素晴しい出来で、もちろん全曲[+++++]としました。ルイジアを愛しむハイドンの気持ちがよくわかります。私も当時のハイドンに近い年齢ゆえ、個人的な感情移入もあります。ヌリア・リアルにノックアウトされたと言えば、おわかりでしょうか(笑)
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オペラアリア 古楽器 おすすめ盤 美人奏者

コメントの投稿

非公開コメント

入手しました~

こんばんは。以前から欲しかったこのCD、レビューを読ませて頂き、早く聴きたいとようやく入手しました。まだ途中までですが、コンセプトから的確な歌手の起用まで全て魅力的でしみじみ楽しめますね!

お二人とも初めて聴く歌手ですが、とても好きな声質でこの特別なCDで聴けて嬉しいです~

リアルさんはアーメリングに声質似ているような、、、あくまで主観です(笑)あ、私もヤノヴィッツが好みです~!

Re: 入手しました~

sifareさん、コメントありがとうございます。
このアルバム、歌手もオケも構成もいいんですね。お気に召してなによりです。ヌリア・リアルの声、確かにアーメリングに似ているかもしれませんね。この可憐さが何ともいえません。
可憐な声もいいですが、ヤノヴィッツの深い憂いに満ちた声もいいですね。きりがありません(笑)


プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6バッハすみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:46サントリーホールブーレーズラヴェル弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.71変わらぬまことモーツァルトアルミーダチマローザ騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20交響曲3番古楽器ラメンタチオーネ交響曲79番アレルヤチェロ協奏曲1番驚愕オックスフォード交響曲88番交響曲58番交響曲19番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ベートーヴェンショスタコーヴィチ紀尾井ホールドビュッシーストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲協奏交響曲LP日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番交響曲99番奇跡交響曲18番ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲81番交響曲80番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲10番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲2番交響曲15番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲皇帝シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31バードタリスアレグリモンテヴェルディパレストリーナピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットカノンドイツ国歌オフェトリウム弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルンライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ