チェリビダッケ、RAIナポリの102番、ロンドンライヴ

今日はチェリビダッケの新着ライヴ盤です。

Celibidache.jpg
HMV ONLINEicon

セルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)指揮のRAIナポリ・スカルラッティ管弦楽団のライヴで、ハイドンの交響曲102番と104番「ロンドン」、そしてバッハのブランデンブルグ協奏曲3番から2曲の計4曲を収めたアルバム。レーベルはヒストリカル復刻の雄、ARCHIPELです。録音は102番が1956年12月30日、ロンドンが1959年12月7日、何れもナポリでのコンサートの模様のようです。

チェリビダッケのハイドンの交響曲については、以前ブログで取り上げていますのでリンクを張っておきましょう。

ハイドン音盤倉庫:磨き抜かれた逸品、チェリのロンドン

このアルバムは最近リリースされたばかりののもの。以前記事にしたとおり、102番はだいぶ後の1971年9月、シュトゥットガルトでのライヴ盤があるだけ。ロンドンの方はアルバムは4種ですが、おそらく録音は3種あります。今回の演奏は1950年代とチェリビダッケ壮年期の覇気溢れる演奏が期待できますが、問題はオケの精度と録音ではないかとの想像が働きます。録音の程度が良ければそれなりに期待できるんではないでしょうか。

早速102番から。

冒頭の1音で安堵が広がります。1950年代のライヴとしては十分いい録音です。解像度はほどほどながら厚みもあり、安定度も問題なし。ホールの咳やノイズは若干聴こえますが、過度でなく十分演奏に集中できる録音、見事です! チェリらしいスローテンポで構築感あふれる序奏。主題の提示と同時にエンジンがかかり、推進力が漲ります。1楽章は力感はほどほどで、流麗さも少々押さえ気味。後半に入ってもまだフルスロットルにはなりません。徐々にスピードが上がりオケのキレが良くなります。スケール感よりも鮮度勝負といったところが、チェリの晩年の演奏とは異なります。
この曲の聴き所である2楽章は、ことのほか柔らかな入り。テンポはもちろん遅めですが、そこそこフレーズも練って、呼吸も深め。この楽章もスロットルは押さえ気味。押さえた表現のなかでのじんわりとした盛り上がりが、なかなかいい味ですね。
3楽章のメヌエット。チェリにしてはめずらしく、弾む感じのフレージングで華やかさを演出。中間部のメロディーのほのぼのとした感じがうまく表現できていますね。ふたたび最初のフレーズに戻って、メヌエットらしい演奏を堪能。
そしてフィナーレ。速いですね。最初は小鳥のさえずりのごとく細かいやり取り、主題に入るとスピードが乗って、流麗な演奏に。RAIナポリ・スカルラッティ管は安定度抜群。ちょっと浮き足立ったような表現が面白いですね。最後のクライマックスは息継ぎの面白さを楽しめるような遊び感覚に溢れた構成で、フィニッシュは切れ味抜群。チェリの若さを感じさせる演奏ですね。録音も演奏もなかなか良く楽しめる演奏です。

続いてロンドン。

102番から4年後の演奏。102番の時より、序奏はオケの鳴らす音の彫り込みが深くなり、彫刻的な表現になってます。序奏は一般的なスピードでしたが、主題に入るところで、なんとスピードが落ちます。朗々とした感じを出そうとしたのでしょうが、逆にちょっとギクシャクした感じを残してしまった感じに聴こえます。繰り返し以降はフレーズの小節をきつめにつけてテンションを上げてきます。明らかにヴァイオリンセクションにテンションをかけているようですね。録音は鮮明さ、自然さは102番より上がっているんですが、低音が薄くなり、迫力が落ちてしまってます。脳内で音響を変換してスケール感を補いながら聴きます。
2楽章は102番とはことなり枯淡を感じさせるあっさりしたフレージング。102番で感じた柔らかな感じがなくなり、クナの演奏のような素っ気ない雰囲気すら感じさせます。途中から悲壮な迫力が加わり、ちょっとおどろおどろしい感じに。
3楽章のメヌエットはタイトに攻める感じで迫力を増していきます。リズムを揺らすことなくテンションをかけ、鋼のごとき響きを創ります。中間部ではすこし力を抜いて対比を鮮明にし、再びフルテンションのメヌエット。
フィナーレは、やはり速めのテンポで入ります。メヌエットにつづいてテンションの高いオケ。デッド気味な音響が迫力を増長しています。ザクザク切れ込む弦セクション。つぎつぎと迫る波が畳み掛けるような展開。フルスロットル、フルスピードでクライマックスまでのステップを盛り上げ、音響も飽和寸前まで振り切れて終了。盛大な拍手がホールの興奮を伝えます。

評価は両曲ともに[++++]としました。柔らかさ、若さを感じる102番とデッドな音響でハイテンションに振り切れるロンドンと結果的には表現の方向性が異なりますが、どちらも今ひとつ完成度に課題があるように聴こえました。どちらかといえば、102番のほうがおすすめでしょうか。ロンドンは録音がもう少し響きと厚みがあればいい演奏に聴こえると思いますが、ちょっと激しさが過度に聴こえてしまいました。

いずれにせよ1950年代のチェリビダッケの貴重な演奏の復刻ということで、復刻盤としては素晴しい仕事だと思います。チェリのファンの方は必聴アルバムですね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲102番 ロンドン ヒストリカル ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ