オイゲン・ヨッフム/ロンドン・フィルの軍隊、時計ライヴ

連日交響曲ですが、今日はハイドンの名手、ヨッフムのライヴ盤を紹介しましょう。

Jochum100live.jpg
HMV ONLINEicon

オイゲン・ヨッフム(Eugen Jochum)指揮のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲100番「軍隊」と101番「時計」、そしてヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」の3曲を収めたアルバム。ハイドンの演奏は1973年1月30日、ロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートのライヴ録音。レーベルはご覧のとおりBBC LEGENDS。このレーベルのジャケットはシンプルながら音楽を感じる良いデザイン。集めたくなる魅力をもっていますね。

ヨッフムには現代楽器によるザロモン・セットの代表的演奏ともいえるアルバムが、同じくロンドン・フィルとのセッション録音がDeutsche Grammophoneからリリースされており、その録音も1971年~73年とほぼ同時期のもの。セッション録音中のハイドンをコンサートでも取り上げたということでしょう。ザロモン・セットの方の演奏はまだ取り上げてはおりませんので、そのうち取り上げなくてはと思っています。とりあえずセッション録音ものよりも個人的にライヴ盤の方が好きなので、どうしてもライヴ盤から手に取ってしまいます。コンサート会場の興奮が味わえるのは貴重な体験ですね。

ヨッフムについては以前モーツァルトを取り上げていますので、そちらの記事もリンクを張っておきましょう。

ハイドン音盤倉庫:ヨッフム/バンベルク響のモーツァルト後期交響曲

さて、本題のハイドンのライヴですが、軍隊の方からレビューに入りましょう。今日は風邪でちょっと耳が詰まり気味故レビューの切れが悪いかもしれません(笑)

1楽章は少し速めのテンポながら落ち着いた入り。冒頭の序奏からの盛り上がりは大迫力。主題に入ると快速ピッチにギアチェンジ。ロンドン・フィルの演奏と言うとちょっとピントが甘い演奏が多い中、ヨッフムのコントロールは緻密で、いつもの欠点を全く感じさせません。テンポが速い分弦のキレは非常に良いんですが、昨日のクレンペラーのようにキレを聴かせるというよりはバランスよいオケの響きに溶け込んだキレという風情。ライヴならでは感興。オケが非常にノっているのがよくわかる演奏。終盤は各楽器が良く鳴って最後の一音にむけて盛り上がり、大音響で終了。
2楽章のアレグレットの入りは弦楽器のヴィブラート美しい、流石ヨッフムのコントロール。テンポは中庸よりちょい速めといったところでしょうか。途中からのティンパニとトライアングルの炸裂が寄せては返すように繰り返す流れはライヴだけに演出効果満点。ヨッフム全盛期の覇気が爆発です。素晴らしい2楽章。
3楽章のメヌエットは結構速めのテンポで颯爽とした流れを重視した演出でしょう。昨日のクレンペラーがどちらかというとずっしりと遅めのテンポで聴かせたのに対し、ヨッフムは速めのテンポで曲の流れの一貫性の演出重視と言ったところでしょう。メヌエットは比較的あっさりと流しますが、最後は溜を効かせて終わります。
軍隊のフィナーレ。静かな序奏からはいり徐々にテンションを上げていきます。ヨッフムがオケにムチを入れ始めるところがよくわかります。途中のティンパニの号砲のキレは見事。不安な曲調にかわるところの演出も対比が効いていて効果的。最後の打楽器炸裂の部分の盛り上がりは眼前で弾いているようなリアリティがあって聴き応え十分。ライヴだけあってやはり最後の一音の爆発感が痛快です。余韻が消える間もなく日本のコンサートのような拍手の渦とブラヴォーの渦に迎えられます。見事。会場にいたかったですね(笑)

続く時計。一転ゆったりとした荘重な序奏を経て、中庸なテンポに戻り1楽章の主題をじっくりと描いていきます。同日のコンサートらしく、前曲の軍隊と音響的にはほぼ同一。73年のライヴ音源としてはふつうの出来なんだと思いますが、ノイズも気にならず、かといって生気が犠牲になるような音響処理の弊害もなく、音楽を楽しむという意味では十分な質の録音です。途中からヨッフムらしからぬ畳み掛けるド迫力の展開になってきます。緊密な構成で知られる時計の1楽章。なにやら神がかってきました。オケに宿る鬼気迫る迫力。きましたきました! 1楽章のフィニッシュのころには観客も手に汗握る素晴らしい緊張感が伝わります。
2楽章の有名な時計のリズム。1楽章で会場を煽った興奮をさますように、リラックスしたリズムを刻み、ヨッフムらしい音楽性豊かなゆったりとした時間。やはり展開部からは大迫力のオケが再び観客を襲います。何と言う興奮。巨大津波のような破壊力。そして静かな時計のリズムに戻ります。秒針の孤高の進行のような静けさと間。興奮と間を回想するような展開を再度経て2楽章を閉じます。最高ですね。
3楽章のメヌエットは、前曲同様比較的あっさりとした展開で進めます。メヌエットをあっさりこなすのがヨッフム流なんでしょうね。ただしこの曲ではヴァイオリンのエッジが立って痛快なキレを聴かせます。中間部のフルートとソロの部分、遠くでそっとフルートを奏でるような非常にデリケートな設計。この対比がメヌエットの立体感を見事に浮き彫りにしているんでしょう。
フィナーレはこれまでの演奏の総決算。速めのテンポ、優しいタッチでで入りますが、すぐにオケが大爆発。俊敏さが加わりすぐに弦のキレと大音響の迫力で素晴らしい陶酔感。オケの勢いが素晴らしいです。最後はテンポも上がり弓の範囲を超えて弦を奏でているような振り切れた表現。オケのテンポが少々乱れますが、ご愛嬌。最後の一音めがけて突進。またも大拍手が迎えてくれます。時計も素晴らしい演奏。

コンサートのつもりで余韻を楽しんでいたら、次曲のヒンデミットの音響に襲われてしまいました(笑)

このアルバムをCDプレーヤーにかけるだけで、1973年のロイヤル・フェスティヴァル・ホールにタイムスリップできます。一夜限りのコンサートの興奮を脳内に完全に再現できる素晴らしい演奏です。これだからライヴ盤はやめられません。シナプスからアドレナリンが噴射されるところをハイスピードカメラでとらえたような感動。いやいや、風邪薬て多少ラリっているせいか、今日は効きます。

もちろん評価は両曲ともに[+++++]です。以前は[++++]にしていたんですが、修正ですね。ライヴが好きな方には絶対のおすすめ盤です。

仕事は無事おさまったんですが、やはり風邪を本格的にひいてしまいましたね。風呂入ってゆっくり休むことにしましょう。暮れと正月は普段取り上げにくい大物も取り上げようかと思ってます。それではまた明日。くれぐれも皆様もご自愛ください。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 軍隊 時計 ライヴ録音 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
14位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ