パブロ・カザルス指揮の驚愕、95番、告別

今日は先日ライムンドさんのブログで取り上げられた、カザルスのハイドン。

Casals45.jpg
TOWER RECORDS

ライムンドさんのブログでの紹介記事はこちら。

今でもしぶとく聴いています:カザルス ハイドン・告別交響曲

これを読んでいたら、無性に聴きたくなってきました。ちょうど本日は会社の帰りに新宿による経路でしたので、久しぶりにタワーレコード新宿に立寄り、早速入手してきました。このアルバム、気になっていたんですが未入手のままでいましたので、良い機会だったかもしれません。

カザルスは言わずと知れた、今世紀、もとい、20世紀最高のチェリストという存在でしょう。私はもちろんバッハの無伴奏などずいぶん聴いてきましたが、カザルスの指揮した演奏というのはあまりちゃんと聴いた覚えがありません。ライムンドさんのブログを読むと、これは聴かなくてはならない演奏に違いないとの想いがメラメラ。ということで入手となったわけです。

アルバムの内容をちゃんと紹介しておくと、パブロ・カザルス(Pablo Casals)指揮のマールボロ音楽祭管弦楽団、プエルト・リコ・カザルス音楽祭管弦楽団の演奏で、収録順にハイドンの交響曲94番「驚愕」、交響曲95番、交響曲45番「告別」の3曲。告別のみプエルト・リコ・カザルス音楽祭管弦楽団。録音は驚愕が1967年7月9日、95番が1967年7月8日、マールボロ音楽祭でのライヴ録音。告別は1959年夏のプエルト・リコでのライヴ録音。

カザルスは1876年生まれで1973年に97歳寸前で亡くなっています。ということでマールボロでの演奏は91歳ごろ、プエルト・リコでの演奏は83歳と超高齢での演奏。演奏を聴くとぶっ飛びますが、この年齢でこのエネルギーはどうゆうことでしょう。まさに驚愕の演奏とはこのことでしょう。

今日は帰りが遅かったので最後の告別のみ取り上げます。驚愕と95番は明日以降に。

1959年録音ということで、このアルバムの中では一番古い録音ですが、デッド気味ながら解像度はまったく問題なく、むしろ年代を考えると鮮明なほうかもしれません。1楽章はまさに雄弁な弦楽器が素晴らしい迫力。やりすぎるとくどくなりますが、迫力ある演奏の範疇で溜めを効かせてメロディーラインをがっちり浮かび上がらせます。弦の音色は一人一人のテクニックはほどほどと思わせるものながら、全員が髪を振り乱して弾いているような素晴らしい力感を感じます。この迸るエネルギーはどこからくるのでしょうか。
2楽章は一転、抑制をよく効かせて、じっくりメロディーを噛み締めながら弾いていきます。テンポは相当落としてつぶやくようなフレージング。シュトルム・ウント・ドラング期のハイドン特有のほの暗いメロディーの情感を一層寂しげなものに感じさせます。弦楽器の音色に何か宿っているのではないかと思わせる深い情感。
3楽章のメヌエットはかなり個性的。ゆったり入ったと思ったら楔を打つようにインテンポのアクセントが入り、かなり演出。基本的に前楽章の遅いテンポを受けて入るため、テンポは遅めでじっくりとした演出。優美と諦観の狭間のようなメヌエット。他の誰にも振れないメヌエットでしょう。
4楽章の前半はふたたび1楽章の力感が戻ります。ぐっと筋肉に力がこもったようなフレージングで前半を折り返します。後半の優美なメロディー。一歩一歩ゆっくり進むようなアダージョ。実際に奏者が立ち去る音まで鮮明に録られてます。楽器が減ってきたところで、もう一段テンポを落とします。ハイドンの書いた楽譜の意図以上に色濃く表される諦観。最後の弦楽器のメロディのなんと寂しげなこと。一瞬の静寂の後、雷鳴のようなものすごい拍手とブラヴォー。ここには音楽がありました。素晴らしい感動。

これはカザルスによる特別な「告別」の特別なライヴの記録ですね。他の誰にも出来ないカザルスならではの音楽を聴くことができます。告別の評価は[+++++]を進呈。いままでこの演奏を聴いたことがなかったのは、やはり痛恨事ですね。

ただし、このアルバム、聴き所はむしろ驚愕のほうかと思います。レビューはまた明日。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 告別 おすすめ盤 ライヴ録音 ヒストリカル

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カザルス ハイドン・告別交響曲

ハイドン 交響曲 第45番 嬰ヘ短調 Hob.1-45「告別」 パブロ=カザルス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。
このハイドンはやっぱり素晴らしいですよね。のどかなという趣ではありませんが、何かすがすがしくもありました。
カザルスのハイドンはタワーレコードと共同でCD化されるということは、ちょっと埋もれていた状態だったのかもしれませんね。45番ばかり聴いていて、まだ94、95番は一度しか聴いていないのでこれから聴きたいところです。

Re: No title

ライムンドさん、こんばんは。
ライムンドさんの記事にだいぶインスパイアされました。カザルスの覇気が時代を超えて伝わるような演奏ですね。今日は驚愕と95番をレビュー予定です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ