府中のB級グルメ:吉田屋

今日は寒かったですね。日本海側は大雪続きでさぞかし大変なことと思います。先週忙しかったので、週末は家でブログを書いたりしてのんびり過ごしました。

昨夜一本記事をアップしようと書いていたんですが、疲れてサッカーの試合も途中にして寝てしまいました。その記事を今日仕上げてアップ。アレクサンダー・ルーディンのチェロ協奏曲とピアノ協奏曲は久々にズドンと来る一枚でした。こうゆう出会い頭の一枚が素晴らしいのはうれしいこと。だからコレクションがやめられない訳ですね。

それにしてもザッケローニ監督の采配と選手の掌握は見事。日本のサッカーが世界の一流どころと勝負できるレベルに到達できるかもしれません。久しぶりに明るい話題ですね。

ブログを仕上げて、いつものようにスポーツクラブでひと泳ぎ。サウナで汗を流してようやくリフレッシュした気になりました。運動もそうですが汗をかくのが良いようですね。

すっきりしたところで今日は簡単に外食。今日は意外なお店を紹介しましょう。

IMG_1217.jpg

府中駅前、大国魂神社に通じる欅並木沿いの無印良品手前に昔からある定食屋さんの吉田屋です。

食べログ:吉田屋

いつ出来たお店かは知りませんが、お店の雰囲気は昭和、それもそれほど最近ではない昭和の雰囲気満点です。店の構えが古いので、目の前は通り過ぎても入ったことがない人が多いんじゃないかと想像していますが、慣れると絶妙にいいお店なんです。今日も年配の方を中心に結構な人の入り。

入るとすぐ右に食券売り場! そこで定番、生ビール(小)、餃子、ニラレバ定食、タンメンを頼むのがいつもの流れ。生は小以外を頼むと巨大なジョッキが出てきます。まずは小で様子を見ましょう(笑)

IMG_1218.jpg

今日は寒かったんですが、吉田屋で生を頼まないわけには参りません。サッポロのそれでも大きめのジョッキにキンキンに冷えた生が注がれ、いつものようにつまみにカッパ海老煎がついてきます。ちょっと前はカッパ海老煎がちょっとしけているのがご愛嬌でしたが、最近はぱりっとしてます。

IMG_1221.jpg

いつも頼む餃子。ちょい大振りの餃子ですが、なかなかいい味。ビールのお供に最適。

IMG_1219.jpg

野菜たっぷりのタンメン。いつもながらいい味。野菜の甘みがスープにしみ出していい感じになるんですね。ここのタンメンはいつも美味しいです。

IMG_1220.jpg

そして定番ニラレバ定食。こちらももう味が体に刷り込まれてしまっているので、いつ食べても絶妙の美味しさです。今日も満足。

この辺りは府中でも人通りが多いため、居酒屋やチェーン店の激戦地。名前を聞いたことのあ居酒屋チェーン店はたいていあり、まわりは新しくてこぎれいな店、安くて美味しい店にあふれていますが、吉田屋だけタイムマシンから飛び出してきたような古い構えでお店が続いています。

私自身はチェーン店のマニュアルどおりの対応や画一的な感じがあまり好きではないので、よほど気に入らないとチェーン店には行きません。吉田屋もいつも食券売り場にいる、おばさんやおじさんの顔をみると安心します。最近日本では人の個性や顔の見えないサービスが非常に多くなってきており、見知った人とのコミュニケーションや安心感、ひいてはそのようなコミュニケーションが生まれる賑わいの場としての街や広場や文化が希薄化してきているようでなりません。これは生来生真面目な日本のサラリーマンが一生懸命会社でサービスの品質を上げているからに他ならないんですが(私もその一翼を担ってますが、、、)、これは大局的にみると企業の論理による文化の破壊なのかもしれませんね。

どこにいっても綺麗なお店。昔とは全く異なる価格帯で良い洋服を売るようになったユニクロをはじめとする大企業。別に悪いといっているわけではなく、吉田屋のようなお店が、このまま無くなるようなことにならないような包容力のある文化であってほしいと思うだけなんですね。

週末にやっていたテレビ番組、テレビ金沢の「田舎のコンビ ニ~一軒の商店から見た過疎の4年間」はそういった意味で素晴らしい番組でした。奥能登の過疎の街のコンビニは街の人になくてはならない心のよりどころ。商売っけはなく、ないものは通販で買ってお年寄りの家に持っていってあげる。寄れば食べ物を配り、畑仕事の合間にアイスクリームを配達。人としての気配りだけで成り立っているお店。お店の人にいつも送り迎えをしてもらっているおばあちゃんはコンビニの店主のことを、私の神様と言ってました。病気で亡くなるおばあちゃんがどうしても行きたかったと言ったのは、そのお店の名前でした。こう言ったお店が地域の心を支えていることを考えると、どこでも同じものを同じ価格で売ることが本質的にコンビニエントなのかと問いたくなります。企業は売上げだけでなく、社会や文化に貢献することをそろそろ真面目に考えなくてはならないでしょうね。

北國新聞:テレビ金沢が準グランプリ 放送文化大賞

テレビ金沢のこの番組の企画や制作を担当された方々に感謝したいですね。心に触れる本当にいい番組でした。
関連記事

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ベートーヴェンピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:48驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番ヒストリカル奇跡交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計交響曲99番軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃モーツァルトピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲19番古楽器交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードピアノソナタXVI:20無人島ラメンタチオーネ騎士オルランドLPBlu-ray東京オペラシティ交響曲86番チェロ協奏曲1番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番交響曲18番ひばり弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番交響曲97番交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:49フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルクマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26タリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムカノンドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ