シャルル・ミュンシュの102番爆演

最近室内楽つづきでしたので、今日2組目のアルバムは濃いヒストリカル系の交響曲を。

IMG_1284.jpg

シャルル・ミュンシュ(Charles Munch)指揮のボストン交響楽団のライヴでハイドンの交響曲102番とモーツァルトの交響曲41番ジュピターを収めたCD-R盤。ハイドンの演奏は1956年9月、モーツァルトは1960年10月22日でどちらもラジオ放送をソースとしたもののようです。

シャルル・ミュンシュは小沢征爾の師として皆さんよくご存知の指揮者だと思います。日本ではベルリオーズの幻想交響曲やブラームスの交響曲1番はミュンシュで育った人も多いのではないでしょうか。フランスもののイメージがつきまとうミュンシュですが、ハイドンの録音はあまり記憶はありません。今回このアルバムを取り上げるにあたって調べてみるといろいろ新たなことがわかりました。ミュンシュの情報を少し取り上げてみましょう。

シャルル・ミュンシュは1891年、その当時はドイツ領だったストラスブールの生まれ。家はドイツ系だったとのことで、第一次世界大戦後にドイツ国籍を選択。後にナチスの台頭によりフランスに帰化したとのことです。1929年にパリで指揮者としてデビューし、その後パリ音楽院管弦楽団、ボストン交響楽団などの常任指揮者を歴任。このアルバムのオケであるボストン交響楽団には1949年から1962年まで在位。1967年にパリ管弦楽団が組織され、初代音楽監督に就任するも翌年のアメリカツアー中に東海岸バージニア州リッチモンドで急逝したとのこと。

ミュンシュと言えば畳み掛けるような迫真の演奏との印象が強いんですが、ウィキペディアの情報などによれば、練習をきらい、即興を好んだとのこと。ミュンシュ独特の迫力溢れる演奏は練習の賜物ではなく、閃きに合ったということなんでしょう。

このアルバムに含まれるハイドンの交響曲102番。ザロモンセットのなかでは大人しい曲調なんですが、ミュンシュがどうドライブするかが聴き所だと思います。

1楽章は厳かな序奏から入ります。ヴァイオリンの透明感溢れるクッキリとしたメロディーがいきなりの存在感。比較的遅めのテンポで入ります。音響的には会場の咳払いなどライヴの雰囲気をつたえる音で、古さはそれほど感じない良い録音です。高音域の鮮明さと比較すると厚みと言うか低音部のボリューム感は薄い感じ。1楽章はテンポは落ち着いているまま、一音一音の迫力はミュンシュの特徴がよくでた迫力ある演奏。とくに強奏部分のキレが演奏がすすむにつれ迫力を増し、1楽章の終盤にはキレも本格的になります。特にヴァイオリンのキレ方は尋常ではありません。
2楽章のアダージョは意外と平板なはじまり。あえて表情付けを抑え気味にしているようですね。徐々にメリハリの振幅が大きくなってきますが、抑えは効いて、それなりのレベルまででおさまります。後半のピークにミュンシュの牙がちらりと垣間見えます。終盤の盛り上がりは溜を効かせてそろそろエンジンがかかってきた模様。
3楽章のメヌエット。推進力が素晴らしいメヌエット。明らかにギアチェンジしてオケにムチが入っているよう。メリハリが非常に鮮明になり鋭角的なフォルティッシモの刻みの波が次々と襲ってきます。ミュンシュの真骨頂ですね。CD-R盤ゆえ、ちょっと音が途切れ気味に聴こえるキズがあります。
そしてフィナーレ。聴く方が既に身を乗り出してます(笑)。ほどなくすばらしいエネルギーが噴出。曲想は冷静なままなんですが音は高炉から流れ出すマグマのごとき溶けた鉄といった風情。最後はさっぱりとした迫力で終わり、拍手に迎えられます。

演奏自体はなかなかの迫力で、ミュンシュならでは畳み掛けるような迫力もあるんですが、ちょっと録音の傷が惜しいところ。評価は[++++]とします。

最近ミュンシュの古い録音のアルバムもいろいろ店頭で多く見かけるようになってきたところを見ると人気もそこそこでしょう。ハイドンの紹介もままならないほど仕事が忙しいので、最近あんまりハイドン以外に手を出せていません。肝心のハイドンも、未整理盤を入れた箱が溢れそうです(笑)
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲102番 ヒストリカル ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。
ミュンシュのハイドンはセッション録音や、正規盤では見たことも聴いたことも
なかったので意外です。ボストンSOとの運命、未完成は子供の頃に自宅に
あったレコード・ブックに含まれていてさんざん聴きました。ハイドンはすごく気
になります。

Re: No title

ライムンドさん、ご無沙汰しています。
ミュンシュのハイドンはコレクションの中でも他に1点あるだけです。Andanteからリリースされていたハイドンのヒストリカルな演奏をまとめたアルバムの中に1938年の協奏交響曲が含まれており、それが唯一のミュンシュのコレクションでした。この102番は待望のハイドンの爆演系ですね。
丹念に探すと他にもミュンシュのハイドンはあるのかもしれませんね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:52クラヴィコード古楽器豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島哲学者ラメンタチオーネチェロ協奏曲LP驚愕Blu-rayライヴ録音チェロ協奏曲1番モーツァルト交響曲86番東京オペラシティ十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲18番交響曲1番交響曲37番ひばりSACD弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲99番交響曲102番時計軍隊交響曲97番交響曲93番奇跡交響曲95番交響曲98番ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎シェーンベルクストラヴィンスキーマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26モンテヴェルディアレグリバードタリスパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番交響曲80番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番王妃トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ