ブリュッヘンの90番、91番、オックスフォード

今日は3月最初のアルバム。今日はブリュッヘンのハイドンです。

Bruggen90.jpg

フランス・ブリュッヘン(Frans Brüggen)指揮の18世紀オーケストラ(Orchestra of The 18th Century)の演奏で、ハイドンの交響曲90番、91番、92番「オックスフォード」の3曲を収めたアルバム。すべて1994年から95年にかけてのライヴ収録。収録日とロケーションは曲ごとのレビューと一緒に記載します。

このアルバムを取り上げたのは、アルバム自体を最近手に入れたため。ブリュッヘンのハイドンの交響曲はほとんど所有していたのですが、このアルバムに収められた91番、92番のみ未入手でした。90番は他の曲とセットでリリースされたものを入手していました。ブリュッヘンのハイドンはひところ全録音を収めたボックスセットが販売されていたんですが、あと2曲のところだったので、買わずにじっと我慢しているうちにPHILIPSレーベル自体がDECCAに統合となり、ブリュッヘンのボックスもいつしかあまり見ないようになってしまい、どうしたものかと思っていたところ、ディスクユニオンでようやくこのアルバムを見かけたもの。ブリュッヘンのハイドンのコンプリート、だいぶかかりました(笑)

最近ネット上でレビューなどされていますが、ブリュッヘンは先月新日本フィルを振ってベートーヴェンの交響曲やバッハのロ短調ミサなどを演奏して話題になったよう。まったく無防備でしたので、コンサート情報も知らず、従って公演にも顔を出しておりません。演奏のようすなどは稲毛海岸さんのブログにくわしくありますのでそちらをご参照ください。

音楽の都:ブリュッヘン/新日本フィル(2011/2/17)

リンクした記事の他にもコンサートのレビューが豊富でとても読み応えがあります!

さて、ブリュッヘンのハイドンですが、当ブログでは3度に渡って取り上げています。

2010/11/01 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘンの88番、89番、協奏交響曲
2010/10/20 : ハイドン–管弦楽曲 : ブリュッヘンの十字架上のキリストの最後の七つの言葉
2010/04/04 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘンのザロモンセット

ブリュッヘンのハイドンは古楽器の中では異色ともいえる分厚い迫力のある響きで描くスケール感と古楽器の雅やかさの相俟った素晴らしいものですが、曲によって出来にムラがあるのも正直なところ。最近聴いた中では上記記事でふれた88番が素晴らしい出来だったのが記憶に新しいところ。ブリュッヘンのハイドンの残された未入手盤、今日は時間もあるため90番から92番まで3曲ともレビューすることとしましょう。

いつもの大宮真琴さんの「新版ハイドン」によれば、この3曲は作曲の経緯から3曲セットのもので、フランスのドーニ伯爵からの依頼により作曲されたもの。3曲とも自筆譜が存在し、ドーニ家の蔵書印が押されているとのこと。作曲は1788年~89年にかけて。ハイドンはその後1791年にロンドンを訪問した際、第1回のザロモンコンサートで演奏されたのが92番「オックスフォード」で、この曲の呼び名は1791年7月にオックスフォード大学から名誉音楽博士を授与された際の記念音楽会で演奏されたことに因んだものとのこと。

まずは90番。(1994年5月オランダ、ユトレヒトのVredenburgでのライヴ)

このアルバムでもっとも鮮明な録音。冒頭の序奏からブリュッヘン特有の図太く邪気に溢れた古楽器の響きが殺気に近い緊張感。ちょっとくどさを感じる寸前までアクセントを強調して、じっくりしたテンポでぐいぐい進めます。ブリュッヘンのハイドンの最も素晴らしい面がでた演奏。この迫力は古楽器では誰も真似ができないでしょう。木管楽器の柔らかい音色と畳み掛ける弦の対比が素晴らしい効果。リズムは朴訥に近いんですが、それが迫力をさらに増しているといったところでしょう。1楽章から怒濤の迫力!
2楽章はアンダンテ。ブリュッヘンのゆったりした楽章はあっさり気味に演奏することが多いんですが、この楽章も練ることもなくあえてさくさく進め、途中の盛り上がりの迫力で聴かせるパターン。途中楔が打たれるようにはいるアクセントの迫力は1楽章に続き流石のもの。途中顔をだす木管やホルンの響きは極上ゆえ、ざらついた弦とのコントラストは最高。
3楽章のメヌエットは遅めのテンポでじっくりとしたメヌエット。中間部のオーボエがこれまた美しい音色で彩りを加えます。
フィナーレはブリュッヘンの真骨頂、素晴らしいキレで分厚いオケをコントロール。この終楽章は見事の一言。以前ラトルとベルリンフィルのアルバムでも触れましたが、この楽章は終わったと見せかけて繰り返しが始まるような曲。ただし、ラトルがそれを演出として使っているのに対し、ブリュッヘンはああくまでも正統派で曲自体の魅力をフルに表現。素晴らしい演奏ですね。

続いて91番。(1995年5月オランダ、エンスヘーデの音楽センターでのライヴ)

ロケーションが変わって、ドイツ国境に近いエンスヘーデでのライヴ。前曲のキレまくりの演奏とくらべると、曲調も手伝って若干大人しめの演奏。録音は前曲よりも若干デッドでちょっと潤いに欠ける印象。会場ノイズの除去の処理の影響でしょうか。演奏自体は迫力に溢れたものですが、キレたところと抑えたところの対比が若干劣るせいか、フレージングの締まりが弱くなっている印象もあります。あくまで前曲比で、それなりに良い演奏である前提です。
2楽章のアンダンテは前曲同様あっさりした入りで途中に図太い楔をあしらった構成。ただしフレージングのきれがちょっと落ちて、つなぐ部分を引きずるようなところがあり、前曲ほどの迫力には至りません。
3楽章のメヌエット、今度は普通のテンポ。前半後半の舞曲の迫力はブリュッヘンならでは。この楽章は中間部の柔らかい表現がなかなか良いです。
フィナーレはやはりブリュッヘンの特徴がよく出たもの。細かいアクセントやリズムとコントラストの変化をちりばめながら、基本的にはオケの迫力溢れる音色で聴かせるもの。

最後は92番「オックスフォード」。(1995年1月オランダ、ユトレヒトのVredenburgでのライヴ)

ふたたびユトレヒトでのライヴ。こちらも残念ながら90番の素晴らしいキレの音響とは少し差があります。90番と比べて低音よりの録音。全体的に流れに乗った演奏。90番が明確なアクセントと間を最大限に生かしてすばらしい迫力を生んでいたのに対し、オックスフォードの方はある意味普通の演奏に近く、90番ほどテンポを落とさずブリュッヘンにしてはメロディーが流れています。
第2楽章のアダージョは基本的にあっさりした感じのものながら、これまでよりもデュナーミクの幅を大きめにとり、丹念な表情づけを意識しているよう。つづく3楽章のメヌエットも比較的あっさりした展開。
最後のフィナーレは速めのテンポで抑え気味に有名なメロディーから入りますが、すぐにブリュッヘンらしく分厚いオケの響きで一気に迫力を増します。この曲は明確に終楽章の盛り上がりに焦点を合わせた演奏。終楽章に入り一気に気合いが漲ります。第2、第3楽章が比較的あっさりしていたのは、ここにポイントを合わせていたからでしょう。速めのテンポのまままくしたてるように進め、フィナーレのクライマックスまで持っていきます。この楽章の迫力は流石ブリュッヘンというところでしょう。

評価は、90番が[+++++]、91番とオックスフォードが[++++]ということとします。このアルバムの聴き所はやはり抜群の出来の90番。その直後におかれた91番、オックスフォードも良い演奏なんですが、90番のすばらしさとはやはり差がつくところ。

久々にブリュッヘンのハイドンを堪能です。今度来日するときには是非生を聴いてみたいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲90番 交響曲91番 オックスフォード ライヴ録音 古楽器 おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

御紹介いただき感謝いたします

私のブログを御紹介いただき、ありがとうございました。
ハイドンのCDを聴きたくなったときに、私が「最初の選択肢」として取り出すのがブリュッヘンのCDなので、このレビューも興味深く拝見しました。
おっしゃるように「異色ともいえる分厚い迫力のある響き」が、私も大好きです。

Re: 御紹介いただき感謝いたします

稲毛海岸さん、こんばんは。
私もブリュッヘンのロ短調ミサ聴きたかったですね。やはり実際に聴くのとCDでは相当違います。ブリュッヘンの度迫力の音響は生でこそ楽しめるのではないかと思ってます。私はブリュッヘンは生できいたことがないので、元気なうちに一度聴いておきたいですね。今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:11序曲ヴィヴァルディ軍隊バッハオペラ序曲ベートーヴェンアリア集パイジェッロ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ヒストリカル日の出モーツァルトピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:20ブーレーズサントリーホールラヴェル弦楽四重奏曲Op.71弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと騎士オルランドアルミーダチマローザ無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3弦楽四重奏曲Op.20アレルヤ交響曲79番交響曲3番古楽器ラメンタチオーネ交響曲88番オックスフォードチェロ協奏曲1番驚愕交響曲27番交響曲58番交響曲19番アンダンテと変奏曲XVII:6紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番時計ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲12番交響曲10番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4アレグリタリスモンテヴェルディバードパレストリーナピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムカノンドイツ国歌モテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルンライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ