ロリン・マゼール/ウィーンフィルの85年オックスフォードライヴ

真夏の夜のCD-R特集、、、のようになってきてしまってますが、前記事のガーディナーの指揮するウィーンフィルが良かったので、ウィーンフィルのライヴを探したところ、ありました。

Maazel92.jpg

ロリン・マゼール(Lorin Maazel)指揮のウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲92番「オックスフォード」とベートーヴェンの交響曲5番「運命」の2曲を収めたCD-R。演奏は1985年10月9日で、演奏場所の表記はありません。レーベルはFackmann für Klassischer Musikというアメリカのレーベル。Fkmというロゴをよく見るレーベルです。

ロリン・マゼールはカラヤンの後継者としてベルリンフィルの音楽監督の座をアバドと競ったり、ボスコフスキーのあとのウィーンフィルのニューイヤーコンサート指揮者にいきなり抜擢されたりと、いわゆるビッグネームですが、録音で聴くとなかなか癖のある演奏も多く、映像での露出とインパクトにくらべて音楽の印象を強く持っている人は少ないのではないかと想像してます。

ただ、わたしはきらいな指揮者ではなく、結構興味があり、昔からいろいろ聴いてます。マゼールと言えばやはりその緻密な指揮姿。すべての楽器のすべてのタイミングをコントロールするような指揮姿は見ていて興味は尽きません。ちょうど工事現場を見飽きないのと同様、一体どうなってんだろうというくらい、スペクタキュラーなもの。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをマゼールが指揮する時は、その指揮姿に釘付けです。

マゼールの指揮する音楽で印象深いのはLPで擦り切れるほど聴いた、ベルリンフィルとのバルトークの管弦楽のための協奏曲。当時はほぼ同時にリリースされたショルティの演奏が一声を風靡していましたが、わたしはショルティのある意味鮮明かつショーマンシップに富んだ演奏よりも、マゼールの燻し銀のベルリンフィルの分厚い響きの方を愛聴したものです。あとはCDになってはじめて手に入れたホルストの惑星。我が家最初のCDプレイヤー、マランツの名機CD-34で再生したアナログとは次元の異なる度肝を抜くキレのいい低音の響きに、本当に度肝を抜かれたものです。そしてTELERCレーベルの名盤、春の祭典の後半の超低速グランカッサの11連発。そう、マゼールには度肝を抜かされるような演奏を期待してしまうんですが、実は意外にオーソドックスな演奏も多いんですね。それゆえ、いつも怖いものみたさで聴きたくなってしまう不思議な指揮者。

このアルバムの演奏はロリン・マゼールがニューイヤーコンサートにはじめて登場した1980年から5年後、ウィーンフィルのコントロールを手中に収めたマゼール絶頂期の演奏といえるでしょう。マゼールは牙を剥くでしょうか?

Hob.I:92 / Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
意外に分厚い音色の導入部。かっちりというよりがっちりした入りで、筋骨隆々のハイドンの演奏。筋骨隆々といえば先日とりあげたハイティンクですが、マゼールの演奏はハイティンクよりもメリハリ重視で、悪く言えばドンシャリ、良く言えばダイナミックで覇気溢れる演奏。フレージングはオーソドックスですが、若干くどさを感じなくはないような節回し。そう、これがマゼール節なんでしょう。鋭い目つきと華麗なタクトさばきでウィーンフィルの隅々にまで神経を張りつめたマゼールの指揮姿が浮かんでくるような演奏。良く聴くとアクセントの部分のちょっとした溜めが、このイメージにつながっているものとわかります。1楽章はアポロン的均整のとれた見事に彫刻的な演奏。
2楽章に入るまでに十分間をとり火照ったエネルギーを冷まします。このアダージョはやはりウィーンフィルならではの木質系の弦楽器の柔らかな音色が聴き所。マゼールもことさらソフトにコントロール。中間部の盛り上がりはゆったりとした響きで迫力を演出。前記事のガーディナーがスピードとキレ、くっきりとしたフレージングが聴き所だったのとハッキリと異なる演奏。こちらはどちらかといえば重量級の演奏。
ふたたびゆったりと間をとって3楽章のメヌエットへ。録音に触れていませんでしたが、85年のライヴとしては申し分のないもの。鮮明さよりも音塊のエネルギー感に重点を置いた録音。低域が分厚いピラミッドバランスの演奏。図太い音色で聴かせる迫力のメヌエット。テンポは一貫して安定しており、フレージングもオーソドックスな範囲で極めて正統派色のつよいメヌエット。
最後はこの曲のクライマックス、冒頭の華麗なメロディーラインは流石マゼールのコントロール。軽さと跳躍感にあふれて入ります。この立体感とエネルギーは素晴らしい。とくにメロディーラインのコントロールでは、並の指揮者とはレベルが異なる安定感とキレ。ようやくマゼール牙を剥きます。完璧なオーケストラコントロール。とくにリズムのキレは流石。終楽章の複雑に絡み合うメロディーラインを完璧に再現。この交響曲がモーツァルトのジュピター同様、フィナーレの晴朗な立体感が聴き所だと教えてくれるような演奏でした。最後は大拍手。

ふと、久しぶりに取り出したマゼールのオックスフォードですが、期待通りのマゼールらしい演奏。ただ、恐いもの見たさというのもあって、もう一超え期待してしまうのも正直なところですので、評価は[++++]に留めておくことにします。マゼールクラスだと、他にもライヴ音源があるような気がしてますので、引き続きコレクション充実を図らなくてはなりませんね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オックスフォード ウィーンフィル ライヴ録音 CD-R

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造東京オペラシティヒストリカルディヴェルティメント古楽器東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.54ロンドン軍隊交響曲102番太鼓連打交響曲99番時計交響曲97番奇跡交響曲93番交響曲95番驚愕交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ライヒャロッシーニドニぜッティピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎マーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:31モンテヴェルディアレグリパレストリーナタリスバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンモーツァルトシューベルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹無人島時の移ろい交響曲42番交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番交響曲78番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットカノンオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲18番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ