ピエール・フルニエ/カール・ミュンヒンガーのチェロ協奏曲2番

8月もそろそろ終わり。今日の1枚はだいぶ昔に書きかけになっていた記事を修復(笑)

FournierMunchinger.jpg
amazon

ピエール・フルニエ(Pierre Fournier)のチェロ、カール・ミュンヒンガー(Karl Münchinger)指揮のシュツットガルト室内管弦楽団(Stuttgart Chamber Orchestra)の演奏でハイドンのチェロ協奏曲2番。他にラファエル・クーベリック指揮のウィーンフィルの演奏でドヴォルザークのチェロ協奏曲も収められています。ハイドンの収録は1963年9月、スイス、ジュネーヴのヴィクトリア・ホールでのセッション録音。レーベルはLONDONの国内盤で1995年に発売された「世紀の巨匠シリーズ」の1枚。

フルニエのチェロ協奏曲はこれまで3回取りあげています。

2010/10/11 : ハイドン–協奏曲 : フルニエ/クーベリックのチェロ協奏曲2番
2010/09/16 : ハイドン–協奏曲 : フルニエ/バウムガルトナーのチェロ協奏曲1番
2010/09/02 : ハイドン–協奏曲 : フルニエ/ヨッフムのチェロ協奏曲

フルニエ、3度記事にしているのにちゃんと略歴を紹介していませんでした。
1906年パリに生まれたフランスのチェリスト。気品ある容貌と優雅な演奏から「チェロの貴公子」と呼ばれる存在でした。パリ音楽院で学び1923年に首席で卒業しました。翌年にはパリでコンサートデビューし、ピアノのペルルミュテールとヴァイオリンのブイヨンとともにピアノ・トリオを組んで活躍しました。1937年、31歳という若さでエコール・ノルマル音楽院の教授に就任後、しばらくでパリ音楽院教授となり、戦後までその職位にありました。シゲティ、シュナーベルとのピアノ・トリオ、カザルス・トリオからカザルスが抜けた後ティヴォー、コルトーとのピアノ・トリオなどで室内楽で活躍しました。1956年からジュネーブに移住。彼の二人目の奥さんは日本人で、親日家でもあったとのこと。亡くなったのは1986年とのことです。

フルニエのチェロは独特の軽さと紳士的なマナーの良さがあり、鳴きを多用する浪花節調が多いチェロ奏者にあって独特の存在でしょう。このあっさりとしたタッチは、演奏のタイプは違うものの、実際は練った演奏ながらあっさりとした感触のヨー・ヨー・マの演奏と似たものを感じます。何となく気になる存在というところでしょう。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
それなりに古さを感じるオケの序奏の響き。ステレオ録音が普及している1963年の録音ながら、このアルバムの録音はモノラル。ミュンヒンガーのコントロールは几帳面というか律儀さを感じさせる演奏。なんとなくゴトゴトとした足音のような低域の雑音が少し混ざった録音。フルニエのチェロはフルニエらしいあっさりとしたタッチの自然体の演奏。中庸なバランスが聴き所と言わんばかりの演奏。音階の音程がすこしズレながら弾くあたりもフルニエの味わいの一つでしょう。酔拳を使う老人の癖のある動きにも独特の勝負勘があるような感じ。ちょっとリズムが重いのが気になりますが、律儀なオケに乗って自在に弾く姿はなかなか。ミュンヒンガーの几帳面さと対極にある酔拳とのえも言われぬアンサンブル。フルニエのチェロはこの自在さを聴くべきなんでしょう。確かに誰にも真似の出来ない境地と言えるでしょう。2番の長大な1楽章をじっくり弾いていきます。カデンツァは酔拳の魅力炸裂! 妙に詩的な演奏。音楽の魅力は多様ですね。忘れた頃にミュンヒンガーが迎えにきます。
2楽章のアダージョはすこし正常化しておだやかなフルニエの入り。オケが入って穏やかさがさらに増しますが、フルニエのチェロがすすむにつれフルニエ節が炸裂し独特のフレージングが存在感満点。やはり個性という意味では突き抜けたものがあります。これは誰も真似ができないフルニエ独特の節回し。2楽章のカデンツァは力が抜けきった幽体離脱後の演奏のような不思議なもの。これもフルニエの器の大きさからでしょうか。
フィナーレは録音の古さが多少気になるものの、郷愁を感じるハイドンの美しいメロディーをフルニエ独特のフレージングで再構成したような非常に個性的な演奏です。なぜか幸福感が満ちてくる不思議な感覚。音程の不安定さも味わいとして聴かせてしまういい雰囲気。ギターと違ってフレットがないぶん音程は自由なものとの主張さえかんじさせる独特さ。なんとなくフルニエにやられた余韻が残りました。

ピエール・フルニエのチェロによるハイドンのチェロ協奏曲2番。同時代で聴いてきた訳ではありませんので、「チェロの貴公子」という印象はあまり感じず、今回のように酔拳使いのような印象のほうが強いのが正直なところ。このアルバムを含めてフルニエの独特の節回しは個性的なことは間違いなく、音楽の聴かせどころが如何に多様かを思い知る演奏ということになるでしょう。この感覚ははじめてクナの演奏の面白さに気づいたときの感覚に近いかもしれません。評価は[++++]とします。スタイリッシュな演奏をよしとする方からは甘すぎる評価と言われるかもしれませんが、テクニックやスタイリッシュさ、情感ばかりが音楽ではありません。酔拳の達人もありだと思います(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ