ウラジミール・フェドセーエフ/ウィーン響の校長先生、太鼓連打ライヴ!

ちゃんと聴いたことのない音楽家シリーズ。

Fedseyev55.jpg
HMV ONLINEicon

ウラジミール・フェドセーエフ(Vladimir Fedoseyev)指揮のウィーン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲55番「校長先生」と103番「太鼓連打」の2曲を収めたアルバム。演奏は校長先生が2000年8月、太鼓連打が1998年4月、何れもウィーンのムジークフェラインの大ホールでのライヴ。レーベルはオーストリアのVMS Musical Treasuresというレーベル。

フェドセーエフはロシア系指揮者としては日本でも有名でしょう。怖い顔つきからか、スヴェトラーノフのような爆演系の指揮者というイメージがありますが、本盤の印象はきわめてオーソドックスな演奏。いつものようにWikipediaなどの情報から略歴に触れておきましょう。

1932年レニングラード(現サンクトペテルブルク)の生まれ。レニングラードのムソルグスキー学校、モスクワのグネーシン特別音楽大学、モスクワ音楽院などで音楽を学び。1971年にムラヴィンスキーにすすめられレニングラード・フィルの客演指揮者としてデビュー。その後ロシア放送民族楽器オーケストラの芸術監督を経て、モスクワ放送交響楽団の音楽監督および首席指揮者に就任。以来、現在に至るまでその立場を継続。その他世界の数々の有名オケと共演し、1995年から東京フィル首席客演指揮者、1997年から2005年まで、このアルバムのオケであるウィーン交響楽団の首席指揮者を歴任している。またオペラ指揮者としてもキーロフ劇場の他、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、フィレンツェ5月音楽祭、ローマ歌劇場、モスクワ・ボリショイ劇場などのオペラハウスで指揮を行なっているとのことで、ロシアのみならず世界中で活躍する指揮者。

このアルバムはウィーン交響楽団の首席指揮者時代のライヴということになります。フェドセーエフというロシア系の指揮者の振るハイドンは如何なるところに狙いがあるのでしょうか。

Hob.I:55 / Symphony No.55 "Der Schulmeister" 「校長先生」 [E flat] (1774)
豊穣なムジークフェラインの響き。速めのテンポでいきなり生気抜群のオーケストラの響き。ロシア風な感じはせず、正統的ウィーン風の響きに聴こえます。木質系の美しいとろけるような響きがスピーカーのまわりに広がります。会場ノイズはほとんど聴こえないので音響処理しているのでしょう。リズミカルな部分の弾むようような生気、古典の均衡の範囲を逸脱しない紳士的なコントロール。ライヴとしては、以前聴いたヴァントの76番のDVDと同質の素晴らしい演奏。現代楽器によるハイドンの中期交響曲の理想的な演奏というレベル。
2楽章のアダージョは校長先生の聴き所。穏やかな表情のメロディーに癒されます。これ以上の癒しはないような極上の時間。強面のフェドセーエフの奏でる抑制を利かせながらもユーモラスな表情をみせるメロディーライン。これぞハイドンのアダージョの真骨頂。豪腕は影をひそめひたすら美しいメロディとゆったりとした間を表現するフェドセーエフ。絶品です。
メヌエットも至極正統的なもの。力感、均整、穏やかさともに絶妙のバランス。どちらかというと抑え気味のメヌエット。ハイドンの演奏にうるさいと想像されるウィーンの聴衆もこの演奏には納得でしょう。
フィナーレは1楽章の生気がもどってきました。穏やかながらも活き活きとしたフレージングでハイドンの名旋律によるフィナーレを描いていきます。何気ない演奏でもあるんですが、ハイドンの真髄を知っているというか、絶妙なコントロールを感じる演奏です。会場のお客さんも惜しみない拍手で迎えます。これは素晴らしい校長先生ですね。

Hob.I:103 / Symphony No.103 "Mit dem Paukenwirbel" 「太鼓連打」 [E flat] (1795)
静かな遠雷タイプの太鼓連打。校長先生が絶妙の演奏だっただけに期待が高まります。1楽章の序奏は非常にしっとりとメロディーラインを描いて、これから始まる響宴への伏線を張っているよう。主題に入り非常にジェントルな表情、八分の力で主題を奏でていきます。まさにハイドンの名旋律を楽しめと言わんばかりの余裕たっぷりの演奏。ムジークフェラインの黄金のホールに豪腕ロシア人指揮者が完全にウィーン趣味を理解して完璧なハイドンを表現。素晴らしい音楽性です。これは玄人好みの燻し銀の演奏。ハイドンの交響曲を聴き込んだ人にしかわからない、究極の自然さ。何もしていないようで、ハイドンを熟知している人だけが出来る絶妙なバランス感覚。久々に出会う絶品の演奏。1楽章だけで昇天です。
アンダンテはじっくりと骨のある演奏。アンサンブルは多少粗めではありますが、それもいい味わい。後半の盛り上がりはフェドセーエフの演奏の特徴である力みの一切ない自然な盛り上がり。これだけ自然で音楽に没入できる演奏はそうありません。
アンダンテの余韻の韻を踏むようなはじまり。全く力みのないのに素晴らしい力感のメヌエット。ムジークフェラインの美しい響きが我が家に降臨。完全にツボにはまってます。
フィナーレはここまでの秩序が保たれたオケのテンションが徐々にあがり、クライマックスにむけて不気味な迫力を帯びてきます。終盤の盛り上がりは流石フェドセーエフ。それでも決して力むことのないウィーン交響楽団の美しい音色がムジークフェラインに響き渡ります。こちらも観客の慈しむような拍手に迎えられて終了。

しっかりと聴いたことのなかったウラジミール・フェドセーエフのハイドンの交響曲ですが、聴いてみてビックリ。現代楽器のハイドンの交響曲の演奏としてはこれ以上の演奏はないほどの素晴らしい演奏でした。しかも私のすきなライヴ。ウィーンフィルではなく一つ格下のウィーン交響楽団の演奏ですが、ウィーンフィルに劣るような印象は皆無。評価はもちろん[+++++]とします。ハイドンの交響曲が好きなすべての人にお薦めの演奏です。もちろん「ハイドン入門者向け」タグをつけちゃいます。

※8月8日ブログのトラブルで本記事が表示されていませんでした。モバイル経由で修正した際に記事が飛んでましたので修正しました。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 校長先生 太鼓連打 ライヴ録音 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。
フェドセーエフのモスクワ放送響のロシアもののライヴにいかれたとは羨ましいです。しかも響きの良い人見記念講堂。ホールが吹き飛びそうな爆音が轟いたんでしょうね。 これは体調が良いときでないと受け入れられないかもしれませんね(笑)
このアルバムの頃はフェドセーエフはウィーン響の首席指揮者でしたので、オケを十分飼いならした上での演奏でしょう。ロシアものとハイドンでは演奏スタンスが異なるというか、ウィーン響に来て大人な趣味を身につけたといったところでしょうか。力を抜いた演奏というより円熟の成せる技というところでしょう。
このような剛腕指揮者の燻し銀のハイドンを聴くと、爆演の方も聴いてみたくなります(笑) ペトルーシュカの爆発、さぞかし凄いことになるんでしょうね。リタイアは今となってはよい思い出ですね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
14位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ