エオリアン弦楽四重奏団のOp.74のNo.1

前記事のタートライ四重奏団の記事を読んで、次はこれが来るだろうと予想できた方、事情通です(笑)
やはり古くから親しまれているハイドンの弦楽四重奏曲ですが、いまだ取りあげていないクァルテットです。長らくリリースされ続けているものには、それなりの良さがあるんです。

AeolianSQ.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤)/ amazon

エオリアン弦楽四重奏団(The Aeolian String Quartet)によるハイドンの弦楽四重奏曲全集。今日はその中からOp.74のNo.1を取りあげます。収録は1972年12月から1973年5月にかけて、ロンドンのサウスバンクにあるセント・ジョージ教会でのセッション録音。レーベルはLONDON。

エオリアン弦楽四重奏団は1927年に創設された、非常に歴史の古いクァルテット。当初はストラットン四重奏団(Stratton Quartet)という名前でしたが1940年代終わりにエオリアン弦楽四重奏団と名前を変え、1981年に解散しています。この演奏当時のメンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:エマニュエル・ハーウィッツ(Emanuel Hurwitz)
第2ヴァイオリン:レイモンド・キーンリーサイド(Raymond Keenlyside)
ヴィオラ:マーガレット・メイジャー(Margaret Major)
チェロ:デレク・シンプソン(Derek Simpson)

第1ヴァイオリンのエマニュエル・ハーウィッツは1919年生まれのイギリスのヴァイオリニスト。ロンドンの王立音楽アカデミーでブロニスラフ・フーバーマンに認められ、奨学生となっていました。1937年にジョージ・セル率いるスコットランド国立管弦楽団、翌年にはトーマス・ビーチャム率いるロンドンフィルのメンバーとなり腕を磨きました。その後自身でクァルテットを設立して活動する傍ら、様々なオケで活動し、なかでもジュリーニ、クレンペラーが率いたニュー・フィルハーモニア管弦楽団のゲスト・リーダーとして2シーズンに渡って活動したことがその後の彼の音楽に影響しているとのこと。そして1970年にエオリアン弦楽四重奏団に招かれ、第1ヴァイオリンとして活躍しました。エオリアン弦楽四重奏団は1981年に解散し、ハーウィッツは2006年に亡くなっています。

エオリアン弦楽四重奏団のハイドンの弦楽四重奏曲全集も古くから聴かれているアルバムですが、鋼のような硬質な音色の硬派な演奏というイメージです。今回調べてみるとOp.2、Op.71、Op.74のみが1972年12月から1973年5月の録音で、他の曲は1973年8月から1976年12月の録音。録音会場も異なります。ということで、エオリアン弦楽四重奏団のハイドンの録音では初期の録音にあたるOp.74を選んだ次第です。

一聴して教会での録音らしく、残響が豊かで、音場も立体感があり、他の録音の激オンマイクの鋼のような響きとは異なります。

Hob.III:72 / String Quartet Op.74 No.1 [C] (1793)
他の曲とは異なり、瑞々しい入り。極めてクリアながら、響きの要所が集中している感じ。ヴァイオリンパートのクッキリした表情が印象的なのは言うまでもありませんが、アンサンブル全体が引き締まって素晴しい一体感。響きに余裕があるんですが、締まるところは締まってびしっとタイト。1楽章はかなりの彫り込み。
2楽章のアンダンティーノ・グラツィオーソはリズムをかなり抑えて、メロディーを浮かび上がらせます。リズムパートをクッキリと演出する演奏も多いなか、この演出は貴重。リズムを抑える事で浮かび上がるセンチメンタルな感情。この辺のバランスのコントロールは聴かせどころをどこに置くかでかなりの裁量がありますね。
メヌエットは響きはクリアながら、音楽的インパクトは抑え気味で、クッキリした表情がクリアに響きますが、間つなぎといった感じ。力を抜いて音楽が軽やかに進行します。ハイドンのメヌエットは曲のなかでの位置づけの工夫のしどころですが、この演奏ではかなり手慣れた扱い。このさっぱりとした表現も悪くありません。
そしてフィナーレも演奏し慣れた手堅いもの。ヴァイオリンがくっきりとフレーズを刻みますが、気負った部分はなく、手慣れたなかでの適度なメリハリ。適度な盛り上がりと適度な緊張感。ハイドンのクァルテットに必要なものはすべてそろって、しなやかにまとまります。安心して聴ける演奏です。

ハイドンの弦楽四重奏曲全集をいち早く完成させたエオリアン四重奏団の演奏ですが、演奏のタイトさはイメージ通りながら、録音は全体のなかでは早い時期のもので、慣れ親しんだダイレクトな響きとは異なり、少し余裕のあるもの。演奏の方もそれを踏まえて少し余裕が増しています。引き締まった表情は安心して聴けるものでした。評価は[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.74

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん こんにちは。
タートライSQに続き、こちらも取り上げた事がなかったのがやはり意外です。
当時日本でこのCD全集が発売された時は踊りました。箱には当時のまま、24枚組24800円という帯が付いています。それにしても今は安く手に入るようになりましたね。ただ、最近は、作品3の6曲が全集から除外されてしまっているようですけど。せっかく全集として録音されているのだから、完全な全集として販売すべきだと思っています。
作品74から後の作品は、ハイドン円熟の極み。どれをとっても名曲であり、それにふさわしい演奏も数ありますが、やはりエオリアンの演奏ははずせないですね。


Re: No title

Haydn2009さん、コメントありがとうございます。
タートライ、エオリアンともに以前はハイドンの弦楽四重奏曲全集の定番でしたね。ご指摘のように20枚組を超えるアルバム故、昔はかなりの値段で、買うにも勇気がいりました。タートライの方はバラを集めて箱に入れたボックスが手元にありますが、それこそ2万を超える値段がついており、買うのに逡巡した覚えがあります(笑)
どちらの全集も、聴き直してみると流石にハイドンの弦楽四重奏曲を全曲録音せんとするクァルテットだけあって、気合いが違いますね。最近ではいろいろな演奏で楽しめるようになってきましたが、タートライ、エオリアンともに今もその存在意義は変わらないと思います。久々に凛とした雰囲気を感じられました。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ