プロ・アルテ弦楽四重奏団のOp.1のNo.1、Op.20のNo.5

今日はまた古めの弦楽四重奏曲に戻ります。

ProArte1.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

プロ・アルテ弦楽四重奏団(The Pro Arte String Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲集。第1巻(3枚組)、第2巻(4枚組)の計7枚にハイドンの弦楽四重奏曲27曲と、旧来ハイドンのものと思われていたホフシュテッターの弦楽四重奏曲2曲を収めたアルバム。収録は1931年から38年にかけてロンドンのアビーロードスタジオでのセッション録音。レーベルはヒストリカルの正統派復刻者であるTESTAMENT。

このアルバムも手に入れたのは10年以上前。以前はかなり古い録音とあっさりした演奏ということで、あまり聴きこんではいませんでした。最近ヒストリカルな弦楽四重奏の魅力にすっかりハマり、あらためて取り出して聴きなおしたところ、やはり歴史を経て発売され続ける魅力が十分あるアルバムであることがよくわかりました。今日は第1巻のCD1に収められた最初の2曲を取りあげてみましょう。

プロアルテ弦楽四重奏団は1911年から12年にかけてベルギーのブリュッセル音楽院の生徒で設立されたクァルテット。1913年にデビューすると間もなく現代音楽のスペシャリストとみなされるようになりました。バルトークやミヨー、オネゲルなどが作品の初演を委嘱するようになります。バルトークの弦楽四重奏曲4番は1928年の作曲で彼らに捧げられたもので1930年にプロ・アルテ弦楽四重奏団によって初演された曲。

このアルバムに収められた演奏の頃のメンバーは次のとおり。

第1ヴァイオリン:アルフォンス・オンヌー(Alphonse Onnou)
第2ヴァイオリン:ローラン・アルー(Laurent Halleux)
ヴィオラ:ジェルマン・プレヴォー(Germain Prévast)
チェロ:ロベール・マース(Robert Maas)

この少し後になる1941年には活動の場をアメリカ、ウィスコンシン州のマディソンに移し、そして、なんと現在もメンバーが変わって活動を続けています。現在はウィスコンシン音楽大学に所属するクァルテットのようですね。いつものようにオフィシャルサイトへのリンクを張っておきましょう。

PRO ARTE QUARTET

今回,聴き直してみると、同時代のカペーやレナーなどのポルタメントを効かせたある意味時代がかった演奏が多かった時代にあっては、流石に現代音楽を得意としていただけに、非常に新しいスタイルの演奏だったと思います。キレのいい表現と感情を抑制し音自体に音楽を語らせるような表現は今聴いても十分通用するもの。当時のパースペクティヴに浮かび上がる前衛性といってもいいでしょう。ハイドンのクァルテットも屹然とした語り口が心地よい演奏ですね。

Hob.III:1 / String Quartet Op.1 No.1 [B flat] (c.1757-59?)
滅多に聴かないハイドン最初期の弦楽四重奏曲。5楽章構成でハ長調のシンプルなメロディーの曲。録音は1938年11月5日。1楽章は序奏のようなプレスト、2楽章と4楽章のメヌエットが置かれ、3楽章がアダージョ、そしてフィナーレもプレストという練習曲のような曲調。録音はSP原盤のようで若干のスクラッチノイズが入りますが、クァルテットの音楽自体は直接音重視のキレのいいもの。鮮明さも時代を考えると十分でいい復刻です。
ちょっと聴くとあっさりした演奏なんですが、音量を上げて聴くと、情緒に溺れない毅然としたカッチリとした演奏。やはり現代音楽を得意としているだけに、現代音楽の冷静な視点からハイドンの最初期の曲を眺めているよう。1楽章から速めのテンポで冷静というか若干覚めた視点も感じさせつつタイトで緊密な演奏。一番特徴がでているのがアダージョ。キリッと流麗かつタイトなアダージョ。白磁の美しさのような趣。4楽章のメヌエットも青白い炎のような冷徹かつタイトは響き。フィナーレは後年の曲の成熟を予感させる快速なもの。プロ・アルテの確かなテクニックを感じさせるクリアでタイトな演奏。初期の曲をこれだけタイトに聴かせる見事な演奏。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
続いてシュトルム・ウント・ドラング期の傑作。この曲は1934年10月29日の録音。演奏精度は今ひとつながら1楽章の冒頭から迸るタイトなエネルギーに圧倒される演奏。音階にわずかながらポルタメントのような面取りが聴こえますが、演奏の特色は一貫して速めのテンポと緊密感。音響もダイレクト感溢れるもの。意外とデュナーミクの幅も大きくかなりの起伏でハイドンの名曲の構成美というか骨格美をあらわにします。1楽章はテンション高くすすめてきて最後にふっと力を抜いて終わる絶妙なセンス。2楽章はメヌエットで古い録音から聴こえてくるカミソリのような切れ味鋭い演奏。録音を通して演奏者のオーラが伝わってくるような素晴らしい気合い。3楽章のアダージョは前曲同様ひきしまって淡々とした運びがかえって情感を生むような見事さ。ヴァイオリンの突き抜けるような純度の高い響きが心に刺さります。ヴィオラとチェロのさりげないサポートが曲の深みを増しています。フィナーレのフーガはプロ・アルテの面目躍如。ヴェーベルン編曲のバッハのリチェルカーレを聴くような、現代音楽のような険しさをもった素晴らしいフーガ。ハイドンのクァルテットの緊密な構成と現代にも通じる音楽性にスポットライトを当てた見事な演奏と言っていいでしょう。

やはり現在まで聴かれ続ける理由のあるずばらしい演奏。1930年代の演奏としては驚くほど現代的でかつ、その時は前衛的だったことと想像されます。ポルタメントを効かせた懐かしい響きのハイドンも悪くありませんが、プロ・アルテ弦楽四重奏団の聴かせる冷徹かつタイトなハイドンも素晴らしい魅力を持ったものでした。評価はOp.1が[++++]、Op.20は[+++++]とします。

これまで古い演奏を多く取りあげてきましたが、このあとは少し新しいものも聴いていきたいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.1 弦楽四重奏曲Op.20 ヒストリカル おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ