コダーイ四重奏団のOp.74

弦楽四重奏曲を古いものでいろいろ聴いてきましたが、今日は有名盤。

Kodaly74.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

コダーイ四重奏団(Kodály Quartet)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.74のNo.1、No.2、No.3の3曲を収めたアルバム。収録は1989年10月21日から23日にかけて、ブダペストのフンガロトンスタジオでのセッション録音。レーベルは廉価盤復興の祖、NAXOS。今日はこのなかからOp.74のNo.1とNO.2の2曲を取りあげます。

ご存知のようにNAXOSからリリーズされ続けたハイドンの弦楽四重奏曲のシリーズは25枚になり、現在は全集としてまとめて発売されています。全集はこちら。

KodalyComplete.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

私の手元のアルバムはもちろんバラの方です。場所をとるので全集に買い替えてもいいのですが、このシリーズはハイドンゆかりの肖像画が各アルバムにちりばめられており、廉価盤ながら妙にコレクション欲をかき立てる企画。上の写真のOp.74のアルバムの表紙はヨハン・ペーター・ザロモン。ハイドンをロンドンに招聘した音楽興行師ですが、もともと弦楽四重奏でヴァイオリンを弾いたり作曲家としても活躍ていた人とのこと。ハイドンがロンドンで作曲した93番以降の交響曲がザロモンセットと呼ばれるのはもちろん彼が作曲を依頼したことから来たものです。

演奏者のコダーイ四重奏団は1965年にハンガリーのブダペストで設立されたクァルテット。メンバーはブダペストのフランツ・リスト・アカデミーの出身者。当初はSebestyén Quartetと名乗っていたが1969年よりハンガリー出身の大作曲家ゾルタン・コダーイの名を冠してコダーイ四重奏団と名乗るようになったとのこと。コダーイ四重奏団はNAXOSにおいてハイドン、ベートーヴェン、シューベルトの弦楽四重奏曲の全集を担当する等、レーベルの重責を担っています。私もNAXOSのアルバムを通してはじめて聴いたクァルテットですが、自然なソノリティと虚心坦懐な表現がハイドンの弦楽四重奏曲の無垢な魅力をつたえる素晴らしい演奏。

このアルバム録音時のメンバーは下記のとおり

第1ヴァイオリン:アッティラ・ファルヴェイ(Attila Falvay)
第2ヴァイオリン:タマーシュ・ザボ(Támas Szabó)
ヴィオラ:ガボール・フィアス(Gabor Fias)
チェロ:ヤーノシュ・デヴィッチ(János Devich)

もちろん現在も活動していますが、第1ヴァイオリンのファルヴェイ以外は入れ替わっているようですね。オフィシャルサイトへのリンクも張っておきましょう。

Kodály Quartet(英文)

今日選んだアルバムは最近良く聴くOp.74です。

Hob.III:72 / String Quartet Op.74 No.1 [C] (1793)
冒頭からこのクァルテットの特徴である自然なソノリティの演奏。テンポは中庸、4人のアンサンブルも息が合っていて緊密。強いて上げれば第1ヴァイオリンのファルヴェイの少し糸を引くようなフレージングに特徴があるでしょうか。音階のきざみに擦弦楽器であることを示すがごとく少し練りがあるという感じ。それ以外は極めてオーソドックスな教科書的演奏。ハイドンの弦楽四重奏を楽しむには標準的な演奏。ピアノソナタにおけるオルベルツの演奏のような基準点の演奏というのがふさわしいもの。決して個性的ではありませんので聴き飽きない演奏と言えるでしょう。録音もスタジオ録音としては標準的。十分に音楽に浸ることができます。
2楽章のアンダンティーノは非常にさっぱりとした表現。淡々とメロディーを刻むうちに徐々に音楽の魅力に包まれるような演奏。後半に行くに従って表現が深まるのが手に取るようにわかる演奏。4人の音色もそろっていてメロディーの受け渡しの妙を楽しめます。
3楽章のメヌエットになると、ちょっとアンサンブルの粗さが垣間見える部分がありますが音楽は破綻なく流れます。メヌエットは古のいろいろな演奏の抜群の起伏と演奏を聴いた耳からすると若干単調さも感じなくはありませんが、これは致し方ないところ。
フィナーレはもしかしたらテンポはすこし遅めかもしれません。迫力は十分ながら、この楽章も歴代のキレまくった素晴らしい演奏が耳にのこっているため、速いパッセージの技術的な部分ではすこしまどろっこしさも感じさせる部分があるのが正直なところ。ただ、これもクァルテットを聴く醍醐味でもあり、不思議と音楽的な不満はあまりなく、逆に曲のスリリングさの魅力と写ります。最後はびしっと決めて終了。聴く側の成熟でしょうか(笑)。 総じてオーソドックスないい演奏という印象の範疇です。

Hob.III:73 /String Quartet Op.74 No.2 [F] (1793)
ユニークな旋律からはじまる曲。1楽章はその主題の変奏が様々に料理されるのを楽しめと言われているような技巧を尽くしたように聴こえる曲。コダーイ四重奏団の演奏は非常に安定しており曲ごとのムラがすくないのが素晴らしいですね。どの曲を聴いても彼らの虚心坦懐な作法が楽しめるので安心して気ことが出来ます。この曲も程よい緊張感と良い意味でこだわりのない淡々とした演奏によってハイドンの音楽の妙を楽しむことができます。
2楽章のアンダンテ・グラツィオーソはシンプルな曲調でかえってファルヴェイのヴァイオリンの美音が際立ちます。ヴィオラもチェロもそれぞれ音階を丁寧にあつかって雰囲気を盛り上げます。なぜか枯淡の表情さえ感じさせます。
メヌエットはもしかしたコダーイのちょっとした弱点かもしれません。自然な演奏ながらわかりやすさがかえって単調さを感じさせてしまうような印象も残してしまいます。
フィナーレも非常に個性的なメロディー、ネコが鼠を追いかけているがごときコミカルなもの。手作りの音楽のような素朴な印象を与えながら、適度に緊密なアンサンブルでハイドンの機知に富んだ音楽を弾き進めて行きます。ハイドンの楽譜は徐々に表現の幅を広げ、クライマックスに向けた盛り上がりと機知を降りまぜ最後まで飽きさせません。コダーイの演奏も指示通りにこなして行きびしっと最後は決めて終了。

廉価盤の雄、NAXOSレーベルの看板アーティストであるコダーイ四重奏団のハイドンのOp.74の2曲は、彼らの素朴な良さを感じさせる、じわりと良さがつたわるアルバムでした。評価は両曲とも[++++]とします。このあとは名曲「騎士」が収められているんですが、そちらはまたの機会に。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.74

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ストラヴィンスキー東京オペラシティマーラー弦楽四重奏曲Op.9古楽器アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:68人のへぼ仕立て屋に違いない交響曲97番告別交響曲1番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番天地創造太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメントシューベルトモーツァルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38LPピアノソナタXVI:31交響曲80番交響曲67番哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ