ザロモン四重奏団のOp.74のNo.2、騎士

今日は古楽器の弦楽四重奏。

SalomonSQ74_2.jpg
amazon

ザロモン四重奏団(The Salomon String Quartet、のちにThe Salomon Quartet)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.74のNo.2とNo.3「騎士」の2曲を収めたアルバム。 収録は1983年11月18日~19日、どこで収録されたかは記されていません。レーベルはロンドンのhyperion。

ザロモン四重奏団のアルバムは何枚かもっているのですが、このアルバムは手元にありませんでした。最近ディスクユニオンで見かけて手に入れたもの。今月は弦楽四重奏曲を集中的に取りあげてはいますが、古楽器のアルバムを取りあげていなかったので、ちょうど良いとばかりに今日はこのアルバムを取りあげました。

ザロモン四重奏団は1982年に設立されたクァルテット。なんでも、英国で最初の古楽器によるクァルテットだそうです。このアルバムの録音は1983年なので設立間もない録音。クァルテットにとってハイドンは最初に挑むべき作曲家でしょう。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:サイモン・スタンデイジ(Simon Standgage)
第2ヴァイオリン:ミカエラ・コンベルティ(Micaela Comberti)
ヴィオラ:トレヴァー・ジョーンズ(Trevor Jones)
チェロ:ジェニファー・ウォード・クラーク(Jennifer Ward Clarke)

サイモン・スタンデイジは古楽器のヴァイオリニストとしては有名な人なのでご存知の方も多いでしょう。1941年生まれのイギリスのヴァイオリニストで1972年にデビュー後、トレヴァー・ピノックのイングリッシュ・コンソートの創設メンバーとなり、その後このザロモン四重奏団を創設、以後ホグウッドのエンシェント管弦楽団(The Academy of Ancient Music)、リチャード・ヒッコクスとともにコレギウム・ムジクム90を創設、最近ではマンフレート・フスのハイドン・シンフォニエッタ・ウィーンとも共演するなど、古楽器オケの隆盛を支えてきた人ですね。私はホグウッドとのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集の凛とした古楽器らしいヴァイオリンの音色が印象に残っています。

そのスタンデイジが第1ヴァイオリンを務めるザロモン四重奏団のハイドンのクァルテットはやはり古楽器の凛とした緊張感が支配する音楽です。

Hob.III:73 /String Quartet Op.74 No.2 [F] (1793)
冒頭から古楽器特有の鋭い音のヴァイオリンを中心としたアンサンブル。弦楽器の胴鳴りよりも弦の鋭い響きを中心とした響き。録音は直接音を中心としたダイレクト感溢れる音で残響は少なめ。スピーカーの前にクァルテットが並ぶようなリアリティの高いもの。この曲のユニークメロディーをコミカルに描くのではなく、速めのテンポとザクザク刻むような迫力ある演奏。同じ曲でも演奏によって見せる表情がだいぶ変わります。チェロも胴鳴りより輪郭がクッキリとした響き。途中から休符を印象的に長くとり、予想以上の踏み込んだ表現を聴かせます。
2楽章のアンダンテ・グラツィオーソは一転して穏やかな表情。古楽器の音色の雅な側面にスポットライトが当たります。素朴なメロディを訥々と奏でていくことで孤高の境地を表現。
メヌエットも抑え気味。骨格よりもメロディーラインの美しさを重視したメヌエット。歌うメヌエットという感じ。
フィナーレはこの前コダーイ四重奏団のこの曲を取りあげた際にネコが鼠を追いかけているような曲と例えたんですが、ザロモン四重奏団の演奏ではもう少しフォーマルな印象。コミカルなメロディに変わりないんですが、そのメロディを素晴らしいテクニックで自在に変化させ、抜群の起伏と表現の限りを尽くした素晴らしい演出。最後のクライマックスの盛り上がりは素晴らしいですね。クァルテットにも関わらず突き抜けた迫力。

Hob.III:74 / String Quartet Op.74 No.3 "Reiterquartetett" 「騎士」 [g] (1793)
いきなり大迫力のタイトな響き。古楽器であることを忘れてさせるような広大なダイナミックレンジ。抑えた部分と強奏部分の対比が痛快。フレーズごとに丁寧に表情をつけて曲の骨格をきっちり描いて行きます。切り込む部分と流れるような部分を絶妙に組み合わせて抜群の立体感を表現。音響は前曲同様非常にリアリティのある録音なので、曲のみりょくがカッチリと浮かび上がります。成熟したハイドンの筆致が見事に表現されています。今更ながらザロモン四重奏団の迫力に圧倒される楽章。
2楽章のラルゴ・アッサイはゆったりとしたメロディーをピタリと息のあったアンサンブルがじっくり描いて行きます。すべてのメンバーのボウイングも呼吸もデュナーミクもすべてそろった完璧な演奏。遅めのメロディを丹念に起伏をつけて弾いているので、息を合わせるのはかなりの練習が必要なことと想像できます。この楽章も神憑ったような完璧なアンサンブル。
前曲同様、構成感よりも流麗さを意識したメヌエット。この曲では1楽章、2楽章の緊張をほぐすようなさりげなく素朴な演奏。ほどほどの立体感と緊張感。
フィナーレも軽めに入りますが、一音一音の伸びが素晴らしいので聴き応え十分。抑えながら楔のように入る強音のキレを際立たせます。有り余るテクニックと音楽性でハイドンの名曲を自在に料理した名演奏と言えるでしょう。

久しぶりに聴いたザロモン四重奏団のOp.74。やはりスタンデイジの絶妙なヴァイオリンがポイントでしょうか。評価は両曲とも[+++++]とします。以前に聴いた印象よりだいぶ鮮烈なものでした。これは意図してザロモン四重奏団のハイドンの演奏をコンプリートしなくてはなりませんね。未入手盤をメモして捕獲候補リストに入れましょう。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.74 騎士 ハイドン入門者向け 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ