ギレリス/コーガン/ロストロポーヴィチのピアノ三重奏曲

今日はピアノトリオ。

GilelsKoganRostro.jpg
HMV ONLINEicon

エミール・ギレリス(Emil Gilels)のピアノ、レオニード・コーガン(Leonid Kogan)のヴァイオリン、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Mstislav Rostropovich)のチェロによるハイドンのピアノ三重奏曲XV:19、XV:16の2曲とベートーヴェンのピアノ三重奏曲2曲、シューマンのピアノ三重奏曲、そしてフォーレのピアノ四重奏曲(ヴィオラはルドルフ・バルシャイ)を収めた2枚組のアルバム。収録はXV:19が1950年、XV:16が1951年、何れもモスクワでの録音。もともとはWestminsterへの録音だったようですね。レーベルはDeutsche Grammophone。

メンバーの3人は今更紹介するまでもないでしょう。ピアノのエミール・ギレリスは1916年ウクライナの黒海沿岸の街オデッサの生まれ。ヴァイオリンのレオニード・コーガンは1924年ウクライナの内陸の街ドニプロペトロウシクの生まれ。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチはその3年後1927年、カスピ海沿いのアゼルバイジャンのバクーの生まれ。3人の接点はモスクワ音楽院。すでに助手として働いていたギレリスに対し、コーガンとロストロポーヴィチが学生として学び始めたとのこと。3人はそれぞれ当時のロシアやヨーロッパのコンクールで入賞などして頭角を表し、ソロでも十分やっていけるようになっても、それまでに活動していた室内楽をやめる事はなかったとのこと。このアルバムの録音は1950年から1958年にかけてモスクワで集中的に行われた録音の成果です。20代から30代の若々しい彼らの活動の貴重な記録。ちなみにレオニード・コーガンの奥さんはエミール・ギレリスの妹とのことです。

弦楽四重奏曲にくらべて古い演奏が多くないピアノ三重奏曲ですが、これはその中でも貴重な演奏の記録でしょう。

Hob.XV:19 / Piano Trio (Nr.33/op.70-2) [g] (before 1794)
Hob.XV:18~XV:20の3曲は1794年にロンドンのロングマン&ブロドリップ社よりOp.70として出版された。マリア・ヨゼファ・エステルハージ侯爵婦人に献呈された曲。
1950年という収録年が信じられない十分自然で鮮明な音響。冒頭からギレリスのゆったりとしながらも輝きのあるピノに乗ってコーガンとロストロポーヴィチがゆったりと弦楽器の音を重ねて行きます。ハイドンというよりベートーヴェンのような雄大さをもあわせもつ表情。それぞれ大物だけあり、音だけを合わせて行く室内楽の団体とは訳が違います。全員の音楽が一つになって大きなうねりをつくっていくような演奏。
2楽章はギレリスのきらめく星のようなピアノが見事。ロストロポーヴィチのチェロは先輩に遠慮するように、そっと支えるようなタッチ。濃密な音楽。
3楽章はテンポをハッキリ上げることはせず、安定感を狙った演奏。これまでの揺るぎない3人の掛け合いを、あえて一貫したテンポでガッチリ仕上げようと言う意図でしょうか。録音年代から想像するよりもずっと最近の演奏のように聴こえます。おそらく、1950年当時としても新しい解釈であった事は容易に想像できますね。今更ながら偉大さがよくわかります。

Hob.XV:16 / Piano Trio (Nr.28/op.59-1) [D] (before 1790)
Hob.XV:15~XV:17の3曲は1790年にロンドンのブランドよりOp.59として出版されたもの。前曲より1年後の録音ですが、音はすこし薄め。前曲が十分な厚みと立体感があったのに対し、すこしバランスが高域寄りでかつ音が軽い感じです。微妙な違いですが、音楽の濃さに少々影響ありといったところでしょうか。
1楽章のアレグロはやはりギレリスのはずむようなピアノが軽快にリズムを刻んでいき、前曲とは異なり爽快感を前面に感じさせる演奏。音響も前曲が雄大さを狙ったものでしたが、この曲では鮮明さにシフトしている感じ。残響が少ない分、ピアノの音色に深みが少し欠けるのが惜しいところ。演奏は火花が散りそうなエキサイティングなもの。特にギレリスとコーガンの2人が有り余るテクニックで攻め合っているよう。時折ヨハン・シュトラウスの常動曲の断片のようなメロディーが顔をのぞかせるのがユーモラスな表情で和ませます。
2楽章のアンダンティーノは、悲しげなフレーズをピアノとヴァイオリンで訥々と重ねて行きます。チェロは雄弁にはならず、淡々と伴奏している感じ。コーガンのヴァイオリンの音色がとくに険しい表情を見せます。
3楽章でようやくチェロがすこし踏み込んできました。こうして聴くとコーガンのヴァイオリンの存在感は素晴らしいものがあります。圧倒的な迫力。テクニックも素晴らしいのですがやはりこのアルバムから聴くべきなのは覇気と音楽性でしょう。最後はきっちりけじめをつけて終わります。

ギレリス、コーガン、ロストロポーヴィチと名手ぞろいのトリオが奏でるハイドンのピアノ三重奏曲のアルバム。DGの復刻はなかなかいい状態であり、1950年ごろという録音が信じられないほどに鮮明な音楽を楽しめます。このアルバムもハイドンのピアノ三重奏曲演奏の歴史の冒頭を飾る名演奏にふさわしいものでしょう。評価はXV:19が[+++++]、XV:16が[++++]としました。

ピアノ三重奏曲もしっかり聴いていないアルバムも多いため、今月は何組か取りあげていこうと思っております。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ三重奏曲 ヒストリカル おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ