フェステティチ四重奏団のOp.9のNo.4新旧比較

今日は初期の弦楽四重奏曲。

FesteticsOp9.jpg
HMV ONLINEicon / amazon (何れも別装丁盤)

フェステティチ四重奏団(Quatuor Festetics)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.9の6曲を収めたアルバム。このアルバムはARCANAのものではなく、HUNGAROTONのもの。収録年代は記載がありませんがPマークは1989年。ARCANA盤が1998年4月の録音ですのでおそらく10年くらい前の録音と言うことになります。

フェステティチ四重奏団の弦楽四重奏曲は以前もARCANA盤ではなくharmonia mudiのOp.33を取りあげています。

2011/05/01 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : フェステティチ四重奏団のOp.33(旧録音)

以前聴いたOp.33はARCANA盤は手元になかったため聴き比べ出来ませんでしたが、今回は両方とも手元にありますので、聴き比べができますね。

FesteticsOp9ARCANA.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

フェステティチ四重奏団はハンガリーのブダペストに本拠を置く古楽器によるクァルテット。メンバーはこのHUNGAROTON盤もARCANA盤も変わっていません。

第1ヴァイオリン:イシュトヴァン・ケルテス(István Kertész)
第2ヴァイオリン:エリカ・ペテーフィ(Erika Petőfi)
ヴィオラ:ペーター・リゲティ(Péter Ligeti)
チェロ:レジェ・ペルトレーニ(Rezső Pertorini)

第1ヴァイオリンのイシュトヴァン・ケルテスはウィーン・アカデミー合奏団の元コンサートマスターということで古楽器の名手とされる人のようです。

まずはHUNGAROTON盤から聴いてみましょう。

Hob.III:22 / String Quartet Op.9 No.4 [d] (c.1769-70)
太陽四重奏曲でシュトルム・ウント・ドラング期の頂点を迎えるハイドンですが、Op.9はその数年前の作品。それまで5楽章が多かった弦楽四重奏曲が4楽章形式となった作品。音楽的にも後年の作品と比べてまだまだシンプルな構成ながらこの時期特有のうら悲しいメロディーを含む佳作。そのOp.9の1曲目におかれたNo.4。フェステティチ四重奏団の演奏は、このクァルテット独特のざらついた木質系の古楽器の特徴的な音色にいきなり耳を奪われます。暗く濁った響きからはじまるこの曲。すぐにヴァイオリンの張りのある音色が曲を支配して、独特の音色は他のクァルテットとは一線を画す魅力を持っています。テンポを揺らしながら、じっくり曲を描いていくような演奏。しかも9分の力で余裕を残しながら、巧みに曲想をコントロール。起伏も非常に大きく踏み込んだ表現がありますが、力は入りすぎないのが流石。徐々に徐々に表情を濃くしていき情念に近い曲の真髄を表現する名演奏。
2楽章はメヌエット。軽々としたタッチで自然なフレージング。軽く踊るための舞曲というような位置づけでしょう。必要十分な演出。ちょっとした休符にも意味ありげに表情をつけていくので単調さとは無縁。力が抜けていますがリズムのキレは冴えてます。
3楽章のアダージョ・カンタービレはやはりゆったりと、噛み締めるようにフレーズを刻んでいきます。ヴァイオリンのケルテシュは美音の限りを尽くした輝かしい音色。ヴィブラートをほとんどかけない伸びのある音色がぐっと響き渡ります。
フィナーレはフーガのようなメロディの繰り返しをタイトに表現。一音一音の音色の変化を巧みにつけながら速いパッセージをテンポ良く弾き抜いていきます。良く聴くと本当に一音一音よく表情がついていて、メロディに生気を与えている事がわかります。この音色の変化は秀逸。素晴らしい表現力。この曲の真髄に迫る名演奏です。

つづいてARCANA盤。HUNGAROTON盤よりも明らかにオンマイクの収録。残響は非常に少なく、弦楽器の音色がスピーカーから直接鳴り響く感じ。ダイレクト感はあるものの音場感がスポイルされ、若干不自然な感じ。フェステチィチ四重奏団の独特の音色は変わる事はありませんが、聴き比べると明らかに表現の幅、起伏が大きくなり、明らかに力感が増している感じ。ただし良い事ばかりではなく、HUNGAROTON盤で感じられた余裕が消えて、力みを感じるのも正直なところ。例えにならないかもしれませんが50年代のダンディズムを感じさせたカラヤンの演奏と、70年以降の音響を極めようと余裕のなくなった演奏の違いの様な感じ。私はやはりHUNGAROTON盤に分ありと思ってしまいます。この超デッドな録音は演奏する人にはディティールが良くわかっていいのかもしれませんが、音楽を楽しもうとするにはちょっとマイナスかもしれません。
2楽章以降も演奏のスタイルはほぼ同様、やはりARCANA盤はちょっと力んで聴こえるため、フェステティチ四重奏団のいいところがちょっと欠けてしまったように聴こえるのが惜しいところです。

ということで、フェステティチ四重奏団によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.9の最初に置かれたNo.4の新旧聴きくらべはやはり旧盤に軍配があがりました。評価はHUNGAROTON盤が[+++++]、ARCANA盤は[+++]とします。意外と差がついてしまったように聴こえます。音楽とはわずかの違いが非常に印象を変えてしまうものということでしょう。HUNGAROTON盤は絶対のおすすめ盤です。

ARCANA盤もまだ全部手に入れておりませんので、出会ったらまた聴いてみたいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.9 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フェステティチ四重奏団のハイドンは、最後の2セットまでARCANA盤を集めていました。 初めて聴く曲もあり、ハイドンの独特の
個性、面白さを教わりました。


フェステティチ四重奏団のHUNGAROTON盤は、モーツアルトの四重奏を所有していますが、確かに残響の豊かな録音です。 

この曲のHUNGAROTON盤とARCANA盤は同じ音源と思っていました。 

Re: No title

羊飼いさん、こんばんは。
私はどうもフェステティチのARCANA盤は相性が悪くしっくり来ていないので、HUNGAROTON盤やharmonia mundi盤の方に興味が行ってしまいます。残響もそうですが、生気というかエネルギーがARCANA盤よりいいように聴こえます。ただ、ARCANA盤はそれゆえ食わず嫌いになっており、良く聴き込んだ訳ではありませんので、あらためて聴き直してみなくてはとも思っています。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ