カルミナ四重奏団の十字架上のキリストの最後の七つの言葉

土曜日にHMV ONLINEから届いたばかりのアルバム。

CarminaSeven.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

カルミナ四重奏団(Carmina Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」。この曲には弦楽四重奏曲版の他にオラトリオ版、管弦楽版などがあり、特に後者2つには曲間に語りが入ったりする様々な演奏がありますが、この演奏は弦楽四重奏曲版なのに、曲間にグレゴリオ聖歌が挟まれるという変わった趣向の演奏。グレゴリオ聖歌の演奏はペーター・ロマン・バンワルト(Peter Roman Bannwart)指揮のルツェルン・スカラ・ロマーナ(Schola Romana Lucernensis)。収録は1999年12月13日~15日にスイスのベルン近郊のブルーメンスタインの教会、2000年2月18日にスイスのルツェルン近郊のアインジーデルンの修道院での2回に分けた録音。おそらく後者はグレゴリオ聖歌を収録したものと思います。レーベルはスイスのclaves RECORDS。

カルミナ四重奏団はスイスで1984年に結成されたクァルテット。1987年にイタリアのエミリアで開催されたパオロ・ポルチアーニ弦楽四重奏コンクールで1位なしの2位になったことから、国際的な舞台に立つようになったとのこと。シャンドル・ヴェーグ、アマデウス弦楽四重奏団とラサール弦楽四重奏団メンバー、ニコラウス・アーノンクールに師事し、以来世界中でコンサートを行っています。アルバムはDENONから多くリリースされているので日本でもおなじみのクァルテットでしょう。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:マティーアス・エンデルレ(Matthias Enderle)
第2ヴァイオリン:スザンヌ・フランク(Susanne Frank)
ヴィオラ:ウェンディ・チャンプニー(Wendy Champney)
チェロ:シュテファン・ゲルナー(Stephan Goerner)

オフィシャル・ウェブサイトがありましたのでリンクを張っておきましょう。

CARMINA quartet(英文)

カルミナ四重奏団にはハイドンのOp.76の演奏があり、手元にもありますが、ちょっと真価をはかり難い演奏。そこでもう一枚注文してみた次第。Op.76は1993年頃の演奏ゆえ、今日取り上げるアルバムの方が新しい録音。

Hob.III:50-56 / String Quartet Op.51 No.1-7 "Musica instrumentare sopra le 7 ultime parole del nostro Redentore in croce" 「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 (1787)
今日は時間があまりないので、演奏レビューは概要程度で。序奏がはじまるや否や、カルミナ四重奏団のざらついた荒々しい鋭角的な演奏が耳に刺さります。このクァルテットの演奏の印象はこの独特の音色とかなり鋭角的な演奏を好きになれるかどうかがポイントでしょう。おそらくライヴではかなりの迫力をもつと思いますが、録音で聴くと弦楽器独特の艶や音色の美しさは聴かれず、むしろ意図的とも思われる不安定寸前のフレージングやかなりきつ目のアクセントに惑わされることになります。このアルバムの聴き所はズバリ曲間に置かれたグレゴリオ聖歌の面白さです。かなり枯れた音色の弦楽四重奏による導入曲が終わると、タイムスリップしたように豊かな残響のグレゴリオ聖歌が、しかもわりと長めに歌われ、この曲が宗教儀式で演奏される事になったことに気づかされます。そう、聴き所は、荒々しい弦楽四重奏と極上のグレゴリオ聖歌の見事な対比にあります。時代感覚や儀式としての正当性を判断できる立場も知識もありませんが、音楽的には不思議にマッチして、普通の弦楽四重奏というより現代音楽的な緊張感も醸し出しています。7つのソナタは何れも情緒に陥る事なく、不思議な音色の弦楽四重奏で独特の調子で演奏されますが、最も特徴的なのは最後に置かれた地震の曲。耳をつんざくような刺激音で構成された恐ろしく刺々しい演奏。バルトークの曲でもここまで踏み込んだ表現はしないだろうと思わせる、驚愕の演奏です。良い意味でも悪い意味でも非常に個性的な演奏と言えるでしょう。この曲に静謐な祈りと峻厳さを求める人には受け入れられない演奏かも知れません。

カルミナ四重奏団によるグレゴリオ聖歌を挿入したハイドンの名曲「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」の超個性的な演奏。私はこのアルバムの企画意図は買います。この演奏が弦楽四重奏のみだったら、あまりいい評価はできないと思いますが、グレゴリオ聖歌の極上の演奏と組み合わせられた、尖ったこの曲の演奏の意図は理解できます。評価はグレゴリオ聖歌と、ここまで踏み込んだ表現意欲に敬意を表して[++++]としておきます。

気づいてみたらもう月末。明日は恒例の今月の一枚を選びます。今月は、、、というか今月もいいアルバムが目白押しでしたので悩みますね。お楽しみに。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。弦楽四重奏版にグレゴリオ聖歌を挿入するというのは初耳です。しかも、その修道院はグレゴリオ聖歌について独自の歌い方・伝統を守るところなので、本格的な製作だろうと思います。カルミナ四重奏団のハイドンは皇帝とかの録音がDENONのクレスト1000にあって時々聴いていました。特別に凝ったことをする四重奏団とは思えなかったので、その組み合わせも意外です。また、グレゴリオ聖歌のどのような聖歌を歌ったのかも興味深いところです。「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」は何となく敬遠していた作品でしたが、くすぐられるCDです。

Re: No title

ライムンドさん、おはようございます。
グレゴリオ聖歌にについては詳しくないので、情報助かります。実際に聴く限り非常に本格的な歌唱です。これが弦楽四重奏曲に挟まれた演奏としてリリースするのが惜しいくらいです。曲名リストから順にグレゴリオ聖歌の曲名と演奏時間を書いておきます。全部で7曲が採用されこの曲の7つのソナタの前にそれぞれ置かれ、7つ目のソナタと終曲の地震の間には何も置かれていません。

In Monte Oliveti(2'41)
Velum Templi Scissum Est(2’41)
Tristis Est Anima Mea(3'17)
Tenebrae Factae Sunt(3'06)
Omnes Amici Mei(3’12)
Caligaverunt Oculi Mei(2’41)
Aestimatus Sum(2’35)

No title

DENONには、同じ作品76にクイケン四重奏団の録音がありますね。で、小生はどちらを採るかといえば・・・うーん、Ich habe Passe(今回はパスしときまっさ!)かな?この演奏はそれよりだいぶ後なので、興味が沸いてきました。ところで「パオロ・ポルチアーニ」とは大変懐かしいお名前。(イタリアSQの1vn.兼リーダーですね)私事ですが”S”に変わる直前に導入したiPhone4に、最近ベートーヴェンの後期SQを取り込んで良く聴いている今日この頃です。

No title

Daisyさん、こんばんは。聖歌のタイトルをありがとうございます。好きなだけで詳しくはありませんが、手持ちのCDを参照すると聖木曜、金曜、土曜日のレスポンソリウムが使われています。ハイドンの各曲の間に、応唱として聖歌が入っているようで、なるほどとうならされるものです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
イタリア四重奏団もいい演奏が多いですね。弦楽四重奏はたった4本の弦楽器なのに非常に鮮明に個性が出るのが面白いところ。特にイタリア四重奏団は伸び伸びとした流麗なフレージングが素晴らしいです。パオロ・ポルチアーニがイタリア四重奏団の第1ヴァイオリンだと気づかずに紹介していました。これでこの弦楽四重奏コンクールの位置づけがよくわかりました。(コメントデータでお名前空欄だったのでお名前なしの返信ご容赦を)

Re: No title

ライムンドさん、いつもコメントありがとうございます。
グレゴリオ聖歌集はこれまであんまりちゃんと聴いた事がありません。ただ、何か引き込まれる魅力をもっていますね。おそらく録音もいろいろあるでしょうし、コンサートで取りあげる機会があるかも知れませんので、一度聴いてみたいと思っています。歌ものでは以前タリス・スコラーズのコンサートに行ったことがあります。録音の精緻な印象とは異なり、実演ならでは感興もあり、また違った印象を持ちました。グレゴリオ聖歌などはコンサートホールよりも教会などの響きの良いところで聴く方がいいのでしょうね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ