アレクサンダー・ルーディンのチェロ協奏曲集旧盤

以前素晴らしい演奏だった1枚のアルバム。

2011/01/30 : ハイドン–協奏曲 : アレクサンダー・ルーディンのチェロ&ピアノ協奏曲

アレクサンダー・ルーディンがチェロ、ピアノ、指揮を一人で担当したアルバム。この1枚で強烈な記憶が残ったアレクサンダー・ルーディンですが、今日は、先日ディスクユニオンで発見したルーディンがチェロを弾くアルバム。以前取りあげたアルバムより前の演奏です。

RudinCello2.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アレクサンダー・ルーディン(Alexander Rudin)のチェロ、サウリュス・ソンデツキス(Saulius Sondeckis)指揮のリトアニア室内管弦楽団の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲、1番と2番を収めたアルバム。収録は1982年4月26日、収録場所はちょっとわかりません。レーベルはロシアのMelodiyaです。

ルーディンの経歴は前記事をご覧ください。今日は指揮のソンデツキスを紹介。

指揮のサウリュス・ソンデツキスはリトアニアに1928年に生まれた指揮者。1948年から52年までヴィリニュス音楽院でオイストラフの弟子だったアレキサンダー・リヴォントにヴァイオリンを教わった後、1953年にはモスクワ音楽院で指揮をイゴール・マルケヴィチに学びます。1960年にはこのアルバムのオケであるリトアニア室内管弦楽団を創設し、2004年まで芸術監督兼首席指揮者をつとめました。彼とリトアニア室内管に多くの作品が献呈され、有名なところではシュニトケのコンチェルト・グロッソやアルヴォ・ペルトのタブラ・ラサがあります。ベルリン・フィルをはじめとする世界各国のオケを指揮し、ザルツブルク音楽祭にも登場。現在はリトアニア音楽大学教授とのこと。リトアニアではかなり知られた存在でしょう。

以前取りあげたアルバムは1990年の録音。調べてみるとリトアニアがソ連から独立したのが1990年、ベルリンの壁崩壊が1989年ですからまだまだ東西に緊張のある時代の録音ということです。今日取り上げるアルバムはそれに遡る事8年の1982年の録音。1982年といえばリトアニアはソ連の一部ゆえ、ロシアのMelodiyaが録音しているのは自然な事ですね。

違いを把握しようと、一応このアルバムを聴く前に以前とりあげた1990年の演奏を聴いてみました。90年の演奏は非常に感銘を受けた名演奏ゆえ、違いが気になるところです。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
音響は時代なり。Melodiyaレーベルということで音質は心配しましたが、ごく普通の音響。90年の演奏はルーディンが指揮も担当しているということで、爽快なテンポによる流麗なオケだったのに対し、こちらは良く溜めを作った、ちょっとリズムに重さのある演奏。ルーディンのチェロも90年盤に対してやはり、しっかりとした溜めのある演奏。重鎮ソンデツキスの伴奏に合わせた演奏という事でしょう。録音上もソロがかなり強調されて大きく前に張り出した録音。ただ、流石にルーディンだけあってチェロの音色の存在感は素晴らしいものがあり、高音部の所謂鳴きも素晴らしい伸びを聴かせます。
アダージョはソンデツキスのコントロールするオーケストラとチェロの音色とフレージングがピタリと合ってえも言われぬ一体感。90年の見事な情感に勝るとも劣らない演奏。どちらかというと禁欲的な険しさをもつ響きに聴こえます。音色は不思議と純度が高く、演奏の方向性は異なりますが、深さは負けていない感じ。ルーディンのチェロの孤高の響きが素晴らしいですね。デュナーミクの幅は大きく素晴らしく彫り込みの深いフレージング。ルーディンのチェロの独壇場。これは協奏曲ではありますが、圧倒的なチェロの存在感に打たれるべきアルバムですね。アダージョはチェロが鳴きまくります。
90年盤が快速テンポで聴かせたフィナーレは、このアルバムでは落ち着いて刻むリズムが印象的。チェロの響きが明らかにアダージョと比べてデッドになっていますので、録音日が違うのでしょう。この辺はMelodeyaらしいところ。オケはことさら几帳面に刻むリズムを強調した演奏。ルーディンのチェロは所々オケを意図的に煽るようなアクセントで攻め込みます。後半になると千変万化する音色を駆使してハイドンの素晴らしいメロディーラインを表現します。チェロは松ヤニも火花も散る素晴らしい力感。最後の盛り上がりは素晴らしいものがあります。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
2番の方はいつものように癒しに満ちたオーケストラの伴奏から入ります。ここでもリズムを少し強調したソンデツキスのコントロールが効いています。オケはいたって普通の入り。ルーディンの入りは8分の力でリラックスした入りですが、すぐに音色に力がこもり、いつフルスロットルにはいるかそわそわするような緊張感があります。ここでもルーディンのチェロは良く鳴き、のびのびとしたフレーズの美しさを存分に表現。聴いているとソンデツキスのオーケストラコントロールに慣れてきて、独特のアクセントとフレージングも自然に聴こえてきます。おそらく他の演奏と聴き比べると個性的なオーケストラコントロールという範疇でしょうが、聴き慣れると自然に聴こえるから不思議なものです。長大な1楽章を非常にクッキリと描いていくところは流石の技と言わねばならないでしょう。それにしてもルーディンのチェロの音色の深みは素晴らしいですね。この楽章のカデンツァはまさに神懸かり。ハイドンのチェロ協奏曲にデモーニッシュなものが降りてきたよう。音響から魂が抜け出して自ら鳴ってるような素晴らしさ。カデンツァだけで相当な長さ。オケが帰ってきて良かった(笑)
アダージョは、やはりチェロの圧倒的な存在感が際立ちます。オケはもはや純粋に音楽を弾くのみ。チェロがイニシアチブを握り、オケはそれにただ乗っているよう。最後は恐ろしく深いチェロの音色が心に刺さります。
フィナーレもいつものように郷愁を感じるメロディから入りますが、やはりチェロが落ち着きながらも自在な弓使いでハイドンの美しいメロディーを音楽にしていきます。長大な1楽章に対して、力を少し抜きながらもチェロの存在感が際立つアダージョとフィナーレでした。

チェロもピアノも指揮もこなす名手アレクサンダー・ルーディンのチェロ協奏曲旧録音。後年の垢抜けた演奏とは異なり、かなりチェロを鳴かせる濃い演奏ですが、やはりルーディンは只者ではありませんでした。特に2番のカデンツァはチェロという楽器の魂の表現の極北を魅せるような深い感動を残しました。ちょっと古びた印象もあるソンデツキスの指揮ですが、ルーディンはそのスタイルの中で表現の限りを尽くすような演奏。90年盤も素晴らしかったのですがこちらも負けてはいませんね。評価は1番が[++++]、2番は[+++++]とします。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ