ヨー・ヨー・マ/ホセ=ルイス・ガルシア/イギリス室内管のチェロ協奏曲集

今日もチェロ協奏曲集。コレクションの穴を埋める1枚。

MaGarcia.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ヨー・ヨー・マ(Yo Yo Ma)のチェロ、ホセ=ルイス・ガルシア(José-Louis Garcia)指揮のイギリス室内管弦楽団の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲1番、2番の2曲を収めたアルバム。収録は1979年10月8日、9日、15日、ロンドンのCBSスタジオでのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

このアルバム、最近まで手元にありませんでした。

ヨー・ヨー・マ1955年パリで生まれの中国人チェリスト。父は中国浙江省のニンポー生まれの指揮者、作曲家。母は香港生まれで台湾国立中央大学出身の声楽家と音楽一家。2人とも中国を離れパリに渡り、その後マが7歳の時にニューヨークに移住し、今もニューヨークに在住とのこと。小さい頃からヴァイオリン、ヴィオラ等を習い、7歳の時にはジョン・F・ケネディの前で演奏、8歳でレナード・バーンスタインが行ったコンサートでアメリカのテレビに出演するなど所謂神童です。ハーバード大学で人類学の学位を取得、また、ジュリアード音楽院でレナード・ローズにチェロを学び、以後の活躍がご存知のとおり。日本でも坂東玉三郎との共演やサントリーのCMに出演する等クラシックの演奏家の中では最も知名度の高い人の一人でしょう。

わたしはバッハの無伴奏のアルバムや、あとはテレビで放映された演奏を聴いたくらいで、あまりなじみはありません。媚びない流麗さと正確無比はテクニックが印象的な人というイメージです。

今日取り上げるアルバムは1979年とマ24歳の時の演奏。30年以上前の演奏です。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)

ちょっと意表をつくかなりこもった音響。高域がかなり減衰して、ハイ下がりの録音。ガルシアの伴奏はテンポのいいオーソドックスなコントロール。マのチェロは軽々としたボウイングが特徴。特段踏み込む事はなく1番の1楽章はソロも非常にオーソドックスな演奏。どちらかというとガルシアのコントロールするイギリス室内管の弾む感じの方が目立つほど。マの若い表現意欲が聴かれるかと思いきや、どちらかと言えば抑えた表現。中盤以降、チェロの高音の伸びの良い音が徐々に目立つようになります。キレの良い軽さと要所で聴かせる伸びのよい音が特徴という事でしょう。カデンツァは後年のマらしい自在さの片鱗が見え隠れします。
1楽章のスタイルをほぼ踏まえた2楽章のアダージョですが、オーソドックスな演奏の振幅がすこし広がり、深さをうまく表現できています。結果的に呼吸の深さが感じられ1楽章以上に音楽が深くなりました。ここではオーソドックスさが美点になっています。演奏によっては演歌風というか浪花節的にさえ聴こえるフレーズが洗練された鳴きになるあたり、マの媚びないフレージングは流石なもの。この楽章はマが主導権を握っています。
フィナーレはオケの推進力が見事。ハイ下がりの音響でもオーケストラのエネルギーがしっかり伝わってきます。この楽章、マの素晴らしいテクニック炸裂です。やはり溜めのない軽々とキレのいいフレーズを抑えた音量でスイスイいくあたりは痛快そのもの。速いパッセージの恍惚感がこの演奏のポイントでしょう。最後はガッチリフィッシュ。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
ハイ下がりは変わりありませんが、程度は少し抑えられ、こちらの方がバランスの良い録音。何度聴いても、誰の演奏で聴いてもうっとりするこの曲の入り。ガルシアのコントロールは、前曲より落ち着いたものですが活き活きとした感じは残っていて悪くありません。マのチェロは濃い伸びた音とあっさりとしたフレージングの織りなす独特の感じ。あっさりした演奏が濃い情感を浮かび上がらせています。ちょっと音程が落ち着かないところがあります。もう1テイク録る余裕がなかったのでしょうか。長大な1楽章の音楽をどう設計するのかすこし迷っているような感じもあります。カデンツァに入ると徐々にマの表現力が顔を覗かせ、大人しい音楽ながら濃さを見せつけます。
アダージョの伴奏は音響的に沈み込みますが、音楽はそこそこ。そこにマの伸びの良いチェロが抜群の存在感で乗り、マが主導権を握ります。アダージョはソロの深みを聴くべき楽章です。静寂に響くチェロの孤高の音色。
フィナーレは流すように力を抜いた部分とアクセントの繰り返しがえも言われぬ幸福感を演出。最後までガルシアのコントロールは生気を失わずソロをサポート。最後は素晴らしいオーケストラのエネルギーを浴びるようなフィニッシュ。

30年以上前に録られた名手ヨー・ヨー・マの弾くハイドンのチェロ協奏曲集。もうすこし表現意欲と言うか若さを感じる演奏かと思いきや、演奏自体は後年の至芸の片鱗を感じさせながらも踏み込みすぎたところはなく、バランス感覚に溢れたもの。マのソロが目立つのかと思ったら、意外とガルシアとイギリス室内管の活き活きとした演奏の方に耳がいきます。ハイドンに対する視点よりも、マの曲に対するアプローチに関心が向く演奏と言うべきでしょう。評価は両曲とも[++++]としました。この演奏は後年のマのスタイルの萌芽が感じられる初期の貴重な録音と言うべきでしょう。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ