ディルク・フェルミューレン/シンフォニアの悲しみ、告別

パーヴォ・ベルグルンドの演奏を聴いて、もう少しシンプルな交響曲の良さを聴きたくなって選んだアルバム。

Fermeulen44.jpg

ディルク・フェルミューレン(Dirk Fermeulen)指揮のシンフォニア(Sinfonia)の演奏で、ハイドンの交響曲44番「悲しみ」、45番「告別」、歌劇「アチデとガラテア」序曲の3曲を収めたアルバム。収録はベルギー、ブリュッセルのSteurbautスタジオでのセッション録音。レーベルはKOCH DISCOVER INTERNATIONAL。

アルバムの風情はさも廉価盤然としたものなので、もしかしたら「あたり」の可能性もあると思い手に入れたアルバム。選曲は名曲ぞろいで悪くありません。

指揮者のフェルミューレンについて調べると、オフィシャルサイトがありました。

Dirk Fermeulen(英文など)

サイトの情報によると、フェルミューレンはベルギーの指揮者。古典派、初期ロマン派の曲を得意とする事で知られていますが、バロックから現代音楽の新作を演奏するまでと広いレパートリーをもつとのこと。当初はソロヴァイオリニストとしてヨーロッパ中で有名指揮者と演奏し、フランダース・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを数年にわたり務めました。1985年に指揮者に転向することを決断し、ウィーンで指揮を学び、1991年に自らプリマ・ラ・ムジカ室内管弦楽団を設立し、間もなくベルギーでも指折りのオーケストラとみなされるようになりました。このオケとは2回アイゼンシュタットの国際ハイドン・ターゲに招待されています。フェルミューレンはモーツァルトのオペラを数多く振っており、得意としているようですね。現在はブリュッセル王立音楽院の教職にあります。

手元にアルバムはありませんが、このアルバムの他にもハイドンの交響曲のアルバムが何枚かリリースされていますので、ハイドンも得意としているのでしょう。ちょっと期待が高まります。

Hob.I:44 / Symphony No.44 "Trauer" 「悲しみ」 [e] (before 1772)
冒頭はいい響き。小規模オケのタイトな響き。弦楽器の音色はもうちょっと潤いが欲しい気もしますが、テンポや推進力は水準以上。普通にいい演奏なんですが、前記事でレビューしたベルグルンドなどの演奏との違いはわずかなものの、個性が弱いと感じてしまいます。ほんの紙一重なんですが、普通の演奏に聴こえてしまうのも正直なところ。
2楽章のメヌエットも破綻なく、穏やかないい演奏。一貫性がありながら目先のクイックさもあり、フレージングにも工夫が見られます。
この曲で一番良かったのがつづく3楽章のアダージョ。表現が柔らかくなり、すこし踏み込んだ解釈を聴かせます。音を切り気味に訥々と進めているのが効果的なんでしょうね。つくづくいい曲だと思いますね。木管楽器の美しい音色が沁みてきます。
フィナーレは個々の楽器の存在感がきちんとあぶりだされていますが、やはりすこし潤いに欠け、またちょっと粗さも見えてしまいます。録音はオンマイクで残響は少なめなのも影響しているかもしれませんね。テンポと推進力は一貫性があり悪くありません。

Hob.I:45 / Symphony No.45 "Farewell" 「告別」 [f sharp] (1772)
前曲同様小編成オケの特徴が良く出た演奏。演奏の特徴も前曲とよく似ていますが、良く聴くと、すこしリズムに重さがあり、それが全体の印象のキレに影響している事がわかります。オケのメンバーのテクニックに起因するものでしょうか。全般に律儀で真面目な演奏と言う範疇です。曲の骨格設計は悪くありません。
アダージョは前曲同様、浸透力があります。ただ、ここに来て気づいたのは楽章間の対比が弱く、それがちょっと一本調子な印象を残しているのも事実。あとは間の取り方も同様、もう少しメリハリをつけることで、フレーズ間の対比をもう少しクッキリさせることができると思います。
メヌエットに入ると曲自体のもつ鮮烈な印象がうまく出せて調子が上がってきているようです。オケのキレも徐々にアップしてきました。今まであまり意識してきませんでしたが、ホルンがなかなかいい音。
有名なフィナーレの前半はメヌエットの延長で、勢いを感じさせますが、やはり少々単調さをはらんでいるのが正直なところ。そして、奏者が一人づつ立ち去る有名な部分は学芸会での演奏のように、一人一人の奏者が律儀な演奏で、普通だったら詩情漂う演奏のところ、逆に純粋にメロディーを弾く奏者の数が減る事自体を楽しめと言われているような演奏。不思議な感覚の演奏です。

Hob.XXVIII:1 / "Acide e Galatea" 「アチデとガラテア」 (1762)

序曲(Ia:5)のみですが、教科書的な律儀さの支配する演奏。演奏によってはかなりの勢いを感じさせるのでしょうが、おそらくこれがフェルミューレンのスタイルなのでしょう。ちょっと教条的というか家父長的と言うか、古風とも言い切れないのですが、ちょっと古いスタイルという気がします。

当たり狙いで聴き始め、出だしが良さそうな事から、あまり聴き進まないうちにレビュー候補としてしまったこのアルバム。フェルミューレンの律儀な人柄が表現されたのでしょうが、名盤ひしめく悲しみや告別のアルバムとしてはインパクト不足なのは正直なところ。原因の一つはオケにあるような気がします。ジャケットのオケの表記はシンフォニアとしか記載されていないので、寄せ集めのオケでしょうか。探してみましたがあまり情報もありません。評価は3曲とも[+++]とします。

このアルバム、心に残る演奏とそうでない演奏の違いをよくわからせてくれたような気もします。やはり選び抜いたアルバムをレビューした方が筆も進みますね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 悲しみ 告別 オペラ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
如月も後半になりましたが、ますます寒くなってきました。

44番、45番…短調の名曲が並びました。この指揮者、もちろん初耳ではありますが。レビューをお読みする限り、敢えて聴きたいとは思いません。残念ながら…。教科書的、楷書的と捉えて良いのでしょうか。この二曲は、一歩でも踏み込んだ何がしかが無いと、ハイドンの多様な表現様式が見えてきませんよね。ハイドンの交響曲に通奏低音としてのチェンバロの有無なども考えつつ、少しずつ聴き進めたいと思います。

先日のシベリウスですが、私が最初に買ったのは、カラヤンとフィルハーモニア管弦楽団による、2番とフィンランディア。75年、高2のころでした。

Re: No title

有田さん、こんばんは。
先程仕事から帰ってきましたが、東京は雪が降ってます。今晩は冷えそうです。
このアルバム、ご指摘通りというか、取りあげて書いている途中から、アップしようかどうしようか迷ったものです。前にも書きましたが、1本記事を書くのに、いろいろ聴いて、取りあげるアルバムを選ぶのが一番時間がかかります。それが楽しくもあるのですが、、、 このアルバムは、出だしはそれほど悪くなかったんですが、聴き進めるうちにオススメのアルバムではないとわかりました。ただ、いつもオススメのアルバムばかりですので、たまにはこのようなレビューもありかと思ってアップした次第。
教科書的というのは、楷書的というイメージよりは、意図した模範というか、書き順重視みたいなイメージです。個人的には楷書というのはスタンダードでスタイリッシュな演奏、以前ドラティの交響曲に使った覚えがあります。個人的には楷書というとプラスなイメージの場合が多いです。
言葉で音楽を伝えるのは非常に難しいことなので、いろいろ思案して書いています。他の方のブログもふくめて、言葉の使い方には非常に興味があります。私にとっては永遠の課題ですね(笑)
シベリウスですが、カラヤンもいいですね。私はDeutsche Grammophoneのベルリンフィルとの4番、5番など愛聴していました。4番はカラヤンの鋼のようなオーケストラも好きな演奏です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ