アンフィオン管楽八重奏団の皇帝、オックスフォード

今日は珍しいアルバム。

AmphionWindOctet.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

アンフィオン管楽八重奏団(Amphion Wind Octet)の演奏によるヨゼフ・トリーベンゼーの管楽合奏編曲集。ケルビーニ、ハイドン、モーツァルトの有名曲を管楽八重奏曲に編曲したものを集めたアルバム。ハイドンについては弦楽四重奏曲Op.76のNo.3「皇帝」の2楽章、交響曲92番「オックスフォード」の2曲が収められています。収録は最近で、2010年2月22日から25日、ドイツのフランス国境に近いのカールスルーエ近郊の街、エットリンゲンにあるエットリンゲン城でのセッション録音。レーベルはベルギーの名門ACCENT。

アンフィオン管楽八重奏団はスイス、バーゼルのスコラ・カントルムで学んだ古楽器奏者によるアンサンブルで、オーボエ2人、クラリネット2人、ナチュラルホルン2人、ファゴット2人、トランペット1人、コントラバス1人という構成。八重奏団なのに10人という謎は解けません(笑) メンバーは下記のとおり。

オーボエ:クセニア・レフラー(Xenia Löffler)
オーボエ:ケルスティン・クランプ(Kerstin Kramp)
クラリネット:クリスチャン・レイサラー(Chirstian Leitherer)
クラリネット:ダニエル・ベイヤー(Daniel Bayer)
ナチュラルホルン:ヴァーツラフ・ルークス(Václav Luks)
ナチュラルホルン:ミロスラフ・レヴェンスキ(Miroslav Rovenský)
バスーン:エクハルト・レンツィング(Eckhard Lenzing)
バスーン:ギェルギ・ファルカス(Györgyi Farkas)
トランペット:フルジナ・ハラ(Fruszina Hara)
コントラバス:ルーデック・ブラニー(Ludek Braný)

Hob.III:77 / String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
聴き慣れた皇帝の2楽章のフレーズが木管を中心とした穏やかな響きで蘇ります。ちょうどモーツァルトのグラン・パルティータと似たような響き。最初にメロディーが提示されたあとの変奏は木管やホルンによる千変万化する音色を楽しめます。普段アンサンブルを組んでいるだけあってアンサンブルの精度は抜群。弦楽四重奏による演奏よりも音色の変化が面白く、編曲の出来も素晴らしいもの。

Hob.I:92 / Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
こちらも聴き慣れたオックスフォードの1楽章のメロディーラインがグラン・パルティータのような響きではじまります。こちらも編曲が上手く、もともとこの編成で書かれたような自然さ。木管楽器を中心とした響きの織りなす彩を満喫できる演奏。よくぞこの曲を選んで編曲したものです。違和感ゼロ。オックスフォードという交響曲の響きの中にこのような音色を聴き取った編曲者の感度に感服。
2楽章のアダージョはもともと美しい響きで知られる曲ですが、柔らかな響きとやはり各楽器の重なりあいが絶妙の音色を構成し、素晴らしい感興。とくに抑えた部分は一瞬の光のきらめきを表現したようなぞくっと来るような表現。オーボエの天使のような響きが絶品。
メヌエットは管楽器にもかかわらずなかなかの迫力。各楽器の音色が保たれるギリギリのところまで音量を上げている様子がよくわかります。低音部はバスーンが担当しますが、この音色もなかなか深みがあっていいですね。そして要所でホルンの図太い響きがアクセントをつけます。上下する音階の妙。
そしてかなり速めの弾むメロディーの入り。ハイドンのフィナーレの複雑な構成を見事に捉えた演奏。速いパッセージの演奏のリズム感はヴァイオリンとは異なる木管楽器ならではのキレのよさ。また全体のヴォリュームに主体を置いて、メロディーよりもマスが表現されています。細部よりもヴォリューム感を良く表すデッサンのように量感を非常に巧みに表現。メロディー重視かと思いきや、この量感の表現は予想外の見事さ。もちろんメロディーラインもキチンと表現して、キレよくフィニッシュ。実に見事。各楽器のテクニックは流石なものです。

オックスフォードが終わると、今度はモーツァルトのドン・ジョバンニから、序曲と有名な場面のメロディーをメドレー式に5曲に分けて綴ったもの。ピンク・レディーがヒット曲メドレーを歌っているような構成(笑) これはモーツァルトだけにまさに細部はグラン・パルティータを聴いているような気にさせられます。こちらも楽しめる選曲。

アンフィオン管楽八重奏団の演奏によるハイドンの皇帝とオックスフォードは、曲自体に潜むもう一つの響きの魅力を見事に浮かび上がらせるヨゼフ・トリーベンゼーの編曲の手腕と、アンフィオン管楽八重奏団の見事な演奏を楽しめる素晴らしいプロダクションでした。管楽合奏というニッチなジャンルですが、室内楽を聴く悦びにみちた素晴らしいプロダクションです。流石はACCENTというべきでしょう。ハイドンの演奏は両曲とも[+++++]とします。気に入りました。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 皇帝 オックスフォード 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんはんは。

木管楽器による、92番『オックスフォード」聴いてみたくなりました。K361十三管楽器のグランパルティータ、とっても楽しい大曲!?と記憶してます。ハイドンの交響曲を、管楽器のみで演奏する…画期的な試みですが、92番はぴったりフィットするのかもしれません。64番『時の移ろい」なども、管楽器で合うのかと、勝手な想像をしてしまいました。

ドンジョバンニのメドレーも楽しそうですが♪ピンクレディのメドレーにふれられてまして、嬉しくなりました。
蛇足で恐縮ですが…私の中学高校時代は、歌謡曲の全盛期でした。クラシックのみならず、当時の歌謡曲も懐かしく聴いてます。中3トリオの女性陣と同い年の私には、朝の教室じゅうで、歌謡曲の話題で盛り上がっていた中学時代。懐かしさと共に、いま思えば幸せな時代でした。クラシック好きな友人も、チラホラいましたね。

Re: No title

有田さん、こんばんは。
ピンクレディーにミートしましたか(笑) 私は中三トリオより少し若いです。確かに昔は歌謡曲全盛でしたね。テレビでも今と違って歌謡番組が数多く流れていましたし、歌謡曲のシングルレコードがレコード屋さんで飛ぶように熟れていた時代ですね。
私も歳をとったのか、ちあきなおみとか美空ひばりとかの良さもわかるようになってきました。たまには歌謡曲もレビューしなくてはなりませんかね(笑)

No title

大変失礼いたしました。この場所は、あくまでも、ハイドンのサイトであります。私も脱線しないように、書き込みさせていただきます。

木管楽器のアンサンブルですが、確か、ハイドンの交響曲にクラリネットが使われているのは、ザロモンのなかの数曲と記憶しています。クラリネットがどんな響きでハイドンを奏でるのか、興味がつきません。

Re: No title

有田さん、おはようございます。
別段ハイドン以外の書き込みをしていただいても全くかまいません。こちらもこちらもハイドン以外のことも良く書いておりますので。
ハイドンの曲を原曲と異なる楽器で演奏することは当時からも良くあったことで、フルートの人気にともない、ピアノトリオ等をはじめとする各種室内楽をフルートで演奏する版の楽譜が広く流通していたとの記載がありますが、やはり元の楽曲が楽器の音色まで含めて書かれていることを逆に感じさせてしまうような編曲も多いのが私の印象です。要は結果的に編曲に不自然さが残ってしまっているという事です。
このアンフィオン管楽八重奏団のアルバムの編曲を担当したヨゼフ・トリーベンゼーという人はなかなかの腕前。ハイドンの曲から新たな魅力まで引き出していますね。ホルンはともかくクラリネットの響きはアンサンブルの音色に大きな影響があるのではないかと思います。そうゆう観点でもう一度聴き直してみたくなりました。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ