ブラウティハムの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」

先日HMV ONLINEから届いてようやくシリーズがコンプリートしたもの。

BrautigamSeven.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ロナルド・ブラウティハム(Ronald Brautigam)のフォルテピアノによるハイドンの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」。収録は2002年8月、スウェーデンのランナー教会(Länna Church)でのセッション録音。ランナー教会というのかいくつかあり、この名前だけでは場所が特定できません。レーベルはスウェーデンのBIS。

ブラウティハムの演奏は以前一度協奏曲を取りあげています。以前の記事はこちら。

2010/10/03 : ハイドン–協奏曲 : ブラウティハムのピアノ協奏曲集

ブラウティハムの情報は前記事をご参照ください。ブラウティハムはハイドンのピアノソナタ全集を完成させており、このアルバムはその最後を飾る第11集。第9集と第10集が3枚組のため、全部で15枚となります。のんびり集めてきましたが、この第11集のみなかなか出会わず、先日HMV ONLINEで欲しいアルバムがあったので、穴埋めで注文したものです。

ブラウティハムのフォルテピアノは古楽器の演奏というよりはフォルテピアノをまるでピアノのようにダイナミックに鳴らしての演奏。表情付けも独特の濃さがあり、もしかしたら好き嫌いが別れる演奏かもしれません。ただ久しぶりに聴き、この十字架上のキリストの最後の七つの言葉という曲の演奏にはブラウティハムのダイナミックさがなかなか合うとのことで取りあげた次第。

Hob.XX:1C / XX:1C-"Die sieben letzten Worte unseres Erlösers am Kreuze " 「十字架上のキリストの最後の七語」 (1787)
序章 Maestoso adagio
渾身の一撃からはじまる序章。ゆったりとしたテンポで濃密な音楽を奏でます。演奏自体はピアノで弾いてもおかしくないダイナミックなもの。テンポをじっくり動かして大きな波のようなメロディーを描いていきます。非常に構えの大きい演奏。ずっと短調が続くこの曲の出だしに相応しい濃い情感。教会での録音ですが残響過多ではなく程よい余韻。

第1ソナタ:「父よ!彼らの罪を赦したまえ」 Largo
ほんのりと明るさを感じるラルゴ。ここでもゆったりしたテンポですが、微妙に溜めをつくってテンポにメリハリをつけながら進みます。右手も左手もかなりデュナーミクに変化をつけ、メロディーラインにクッキリと抑揚をつけています。

第2ソナタ:「おまえは今日、私と共に楽園にいる」 Grave e cantabile
さらにテンポを落として涅槃の境地のような曲。途中の夜空のきらめきのような部分の抑えた表現が秀逸。一貫してじっくりしたブラウティハムの指さばき。あわてずじっくり曲を描いていくブラウティハムのスタンスが功を奏して、この長い音楽をじわりと静かに楽しめる演奏。

第3ソナタ:「女性よ、これがあなたの息子です」 Grave
曲によってテンポや演奏を変える事なく,一貫した姿勢。序奏以外は八分の力に抑えてじっくりと料理します。いつもは音量を上げて聴きたくなるのですが、この演奏は逆に音量をおとして音楽を静かに楽しみたくなります。後半にテンポがあがり、盛り上がりが垣間見えます。全体を見通した奏者による前半のピーク設定。

第4ソナタ:「わが神よ!何故私を見捨てたのですか?」 Largo
フォルテピアノの中音域の澄んだ響きが非常に印象的。ここまできてまさに大河のような滔々とした流れをイメージさせる演奏。曲によって大きな起伏をつけますが、小細工は一切なく、あくまでも一貫した非常に大きな音楽の流れ。大船に乗っている気分になります。

第5ソナタ:「渇く!」 Adagio
曲想が少し変わり、音階で軽さを表現しながら、訪れるメロディーラインの波を次々と奏でていきます。抑えた部分の音色の美しさと強奏部分との対比は見事。ブラウティハムのこうした古楽器離れしたダイナミクスの表現には楽器によるところも大きいでしょう。楽器は1795年製のアントン・ガブリエル・ワルターを1995年にアムステルダムのポール・マクナルティーによって修復されたもの。響きの力強さ、均質さと余韻の美しさはほれぼれするほど。

第6ソナタ:「果たされた!」 Lento
刺さるような印象的な序奏に続いて、ハイドン特有の暖かみのある美しいメロディーが続きます。何度かこの流れが繰り返されるうちに、メロディーが妙に記憶に残るようになります。変奏を重ねるうちに表現が極まり、最後に暖かい陽が差したような気持ちにさせられる見事な展開。ブラウティハムの構えの大きな設計が見事に曲の魅力を表現しています。

第7ソナタ:「父よ!あなたの手に私の霊を委ねます」 Largo
最後のソナタも、ブラウティハムの一貫した表現。普通のシンプルなソナタの時は、もしかしたら表現過剰に聴こえるブラウティハムの解釈ですが、この大曲では、曲の大きさゆえ非常にマッチしたものに聴こえます。最後の消え入るようなところも絶妙な美しさ。

地震 Presto e con tutta la forza
最後の荒れ狂う部分はダイナミックですが、節度を保ち、これまでの演奏の秩序のなかでのダイナミクスを表現しているよう。楽器を鳴らしきって終わります。

ブラウティハムのハイドンのソナタ全集の最後を飾る1枚。大作の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」をブラウティハム流にきっちり料理した、フルコース料理のような重厚さ。古楽器の演奏の一面である雅な音色を生かしたものではなく、古楽器の音色のグランドピアノを弾いているような趣。この曲ではそうしたブラウティハムのアプローチがプラスに働いて、曲の壮大さ、静謐さ、深い情感を見事に表現した秀演となっています。評価は[+++++]としたいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
4月になりましたが、相変わらすず肌寒さがつづいております。

十字架上のイエス=キリストの最後の七つの言葉~管弦楽版、オラトリオ版しか知りません。フォルテピアノの、渋い音色で聴いてみたくなりました。このブログでも紹介されてるアルメイダ盤が好きです。
今日は、まさに、イエス=キリスト受難の聖金曜日。毎年、マタイ受難曲を聴いてますが、さすがに重すぎまして…これから、ハイドンを聴きます。…我が神、何故に我を見捨て給いしか
…ここに、モーツァルトのフレーズに似たメロディーが出てきますね。確かピアノコンチェルト→第何番か忘れましたが→の第二楽章と微かに記憶してます=苦笑=
ハイドンにはまって以来、モーツァルトが、疎遠になりました。

Re: No title

有田さん、こんばんは。
今日は寒いですね。このブラウティハムの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」はいいですね。管弦楽版、オラトリオ版、そして弦楽四重奏曲版とありますが、このピアノ版も悪くありません。ブラウティハムの大きな構えの演奏によって、この曲の構造が非常に鮮明にわかります。
私自身もごく初期の記事に書いたとおり、モーツァルトに一時かなりハマりましたが、ハイドンを聴くようになって以来、モーツァルトからはちょっと距離を置くようになりました。わかる人にはわかる、ハイドンの不思議な魅力のなせる仕業でしょうか。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
14位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ