アドルフ・ハーセス/アバド/シカゴ響のトランペット協奏曲

今日もラックの整理をしていて取り出した古いアルバム。

AbbadoTp.jpg

アドルフ・ハーセス(Adolph Herseth)のトランペットにクラウディオ・アバド(Claudio Abbado)指揮のシカゴ交響楽団の演奏によるハイドンのトランペット協奏曲。他にモーツァルトのホルン協奏曲3番、ファゴット協奏曲、オーボエ協奏曲(KV314)の4曲を収めたアルバム。収録はPマークが1985年というだけで記載がありません。レーベルは久しぶりのDeutsche Grammophone。

このアルバムは、アバドとシカゴ響の首席奏者らによるモーツァルトとハイドンの管楽協奏曲集という位置づけでしょう。手に取った理由は冒頭に置かれたモーツァルトのホルン協奏曲3番のソロが別のアルバムのハイドンのホルン協奏曲で名ホルンを聴かせたデール・クレヴェンジャー(Dale Clevenger)だと気づいたから。調べてみるとファゴットのウィラード・エリオット(Willard Elliot)、オーボエのレイ・スティル(Ray Still)ともにシカゴ響の当時の主席奏者。クラシック音楽全盛期の勢いを感じる企画ですね。

クラウディオ・アバドはハイドンをあまり振ってはいませんが、交響曲集が4枚でており、ご存知のとおりオケはヨーロッパ室内管で、小規模オケの俊敏な反応を生かした切れ味の良い演奏。特に96番奇跡はカミソリのような素晴らしい反応が味わえるもの。当ブログでも初期にとりあげています。

2010/02/11 : ハイドン–交響曲 : アバドの「奇跡」

このシリーズは1986年から95年の間に、ウィーンのコンツェルトハウス、フェラーラのテアトロコムナーレ、ベルリン、イエス・キリスト教会などでのライヴ中心の収録。今回取りあげるトランペット協奏曲は収録年はわかりませんがPマークが85年という事で、85年以前の録音ということになります。

アバドの経歴を調べると、1968年から1986年までミラノ・スカラ座の音楽監督・芸術監督を、1979年から1988年までロンドン交響楽団の音楽監督を務めている間、1982年から1985年までシカゴ交響楽団の首席客演指揮者となっています。シカゴ交響楽団とは一時かなりのアルバムをリリースしていましたので、この録音はこの頃のものでしょう。このあと1986年からはウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任するためシカゴを離れた言う事だと思います。

アバドのディスコグラフィを確認すると、このトランペット協奏曲がハイドンのはじめての録音になるようです。

トランペットのアドルフ・ハーセスはwikipediaの情報によると、1921年アメリカのミネソタ州西部のレイク・パークという街の生まれ。もともと大学で数学を学び、第二次世界大戦では海軍で太平洋戦線に配属。戦後1946年からニューイングランド音楽院でトランペットを学び、地元ボストン交響楽団のトランペット首席奏者等に師事し腕を磨きました。その後、アルトゥール・ロジンスキの薦めでシカゴ交響楽団の首席トランペット奏者に就任し、2001年に退くまで53年間にわたってその職を務め、シカゴ響の黄金の金管セクションを支えた人です。ショルティ時代のシカゴ響の圧倒的な音響ははアドルフ・ハーセスの輝かしいトランペットの音色によるところも大きいでしょう。
現在はシカゴ交響楽団名誉首席トランペット奏者ということです。2000年のシーズンを最後にハーセスが引退した以後、シカゴ響首席トランペット奏者(現在はクリストファー・マーティン)に「The Adolph Herseth Principal Trumpet Chair」の名称が付けられる事となっているそうで、シカゴ響にとってハーセスの存在がいかに大きなものだったかがわかります。

Hob.VIIe:1 / Concerto per il clarino [E flat] (1796)
いきなり大オーケストラの分厚い響き。やはりヨーロッパのオケと違い、根底に絢爛豪華なアメリカンサウンドの香りを感じます。アバドのコントロールは晴朗さをきっちり表しながらもオーソドックスさを保ったもの。シカゴ響の派手な音色を抑えているのでしょうが、すこし金の縁取りがついているような華美な感じもあります。ちょっと気になるのはリズムの重さ。アバドとしては珍しいことですが重量級オケゆえのことでしょう。ハーセスのトランペットは演奏は落ち着いていますが、音色の安定感と高音域の伸び、輝かしい音質は流石なもの。アバドはときおりアクセントをしっかりつけて豪腕オケの存在感を感じさせます。ハーセスに全幅の信頼を置いてゆったりオケの反応を楽しむようです。ハーセスは、古典的なこの曲を、折目正しさの中で輝かしさをきっちりだして演奏しています。音階のひとつひとつが抜群の存在感。オケの音響から完全にクッキリ浮かび上がっています。カデンツァは音階の上昇と高音の圧倒的な伸びをゆったりと表現したもの。オケも落ち着いて寄り添います。
2楽章のアンダンテはハーセスのトランペットの美しい音色と巧みなフレーズコントロールが絶妙。こうしたゆったりしたメロディーをしっかり聴かせるにはしっかりしたテクニックが必要でしょう。アバドは得意の弱音を表情豊かにコントロールすることでソロを支えます。不思議に叙情的に聴こえず純音楽的な表情。
そしてフィナーレは再び重厚なシカゴ響の響きが復活。リズミカルにそよ風のように刻むヴァイオリンの序奏から入り、重厚なオケが畳み掛けます。トランペットの突き抜けるような輝かしい響きがホールに響き渡ります。特に素晴らしいのが短いカデンツァ。高音の安定感は揺るぎないものがありますね。流石にシカゴ響の歴史に名を残す名トランぺッターの演奏。終結部はトランペットとオケのエネルギーが満ちあふれます。最後の響きがホールに消え入るところが絶妙。

このところ懐かしいアルバムを取り出して聴くのが定番になっていますが、このアルバムも30年近く前の演奏。アバドはこの頃はシカゴ響やロンドン響を振って飛ぶ鳥を落とす勢いのころ。このアルバムではシカゴ響の名手とモーツァルトとハイドンの協奏曲を楽しむように録音しています。モーツァルトの3曲はどちらかと言うとハイドンよりも相性がいいように感じます。このハイドンのトランペット協奏曲は名手ハーセスとの協奏曲のショーピースのような演奏と言えばいいでしょうか。指揮もオケもソロも名手ぞろいですのでテクニックと演奏の質は完璧。ただハイドンの曲の演奏という視点で見ると、ハイドンの音楽のほの暗い情感、ハイドンらしい晴朗感といったものとは何か違う演奏という印象がつきまといいます。トランペット協奏曲の評価は[++++]としておきます。

今日は月末日ですが、今月はいろいろあってレビューが少なかったのて恒例のHaydn Disk of the Monthはお休みとさせていただきます。今月分も含めて来月表彰したいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
うちにもD.Gのハイドン名曲集のようなアルバムにこの演奏が入っていたのであらためて聴きました、ハーセスはシカゴ響の首席だったんですね、ソフトなアンドレに対しブリリアントな魅力でしょうか。アンドレ盤は同じくD.G録音のH.シュタットルマイア指揮、ミュンヘン室内Oが気に入っています。ソロ・tpの妙技も聴きどころですが、バックのオケが味わい深いものを聴きたいですね。

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
アンドレはDGにも録音があるのですね。それは未聴です。ハイドンのトランペット協奏曲はシンプルな曲ですが、不思議な魅力があり、たまに聴きたくなります。トランペットを吹きなら一度は録音してみたくなるんでしょうね。まだまだ未聴盤がありそうですので収集を続けなくてはなりませんね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ベートーヴェンピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:48驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番ヒストリカル奇跡交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計交響曲99番軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃モーツァルトピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲19番古楽器交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードピアノソナタXVI:20無人島ラメンタチオーネ騎士オルランドLPBlu-ray東京オペラシティ交響曲86番チェロ協奏曲1番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番交響曲18番ひばり弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番交響曲97番交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:49フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルクマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26タリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムカノンドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ