ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管のトランペット協奏曲、協奏交響曲

今日は懐かしい人には懐かしい(だろう)アルバム。

OrmandyTP.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤)/ amazon

ユージン・オーマンディ(Eugene Ormandy)指揮のフィラデルフィア管弦楽団などの演奏で、ハイドンのトランペット協奏曲、協奏交響曲、かつてハイドンの作とされていたオーボエ協奏曲、レオポルド・ホフマン作曲のフルート協奏曲を収めたアルバム。今日はこの中から、ハイドンの作曲であることが明らかなトランペット協奏曲と協奏交響曲の2曲をとりあげます。収録はトランペット協奏曲が1967年10月9日、協奏交響曲が1958年2月23日、いずれもかつてフィラデルフィア管の録音会場として使われていたタウン・ホールでのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

オーマンディのハイドンは珍しいものですが、以前に1枚取りあげた事があります。

2011/03/28 : ハイドン–交響曲 : オーマンディ/フィラデルフィア管の88番1958年モスクワライヴ

オーマンディについては以前の記事をご覧ください。トランペット協奏曲のソロを担当するのはギルバート・ジョンソン(Gilbert Johnson)で、フィラデルフィア管弦楽団の前首席トランペット奏者です。

協奏交響曲のソリストは下記のとおり。
オーボエ:ジョン・デ・ランシー(John de Lancie)
ファゴット:ベルナルド・ガルフィールド(Bernard Garfield)
ヴァイオリン:ヤコブ・クラチマルニック(Jacob Krachmalnick)
チェロ:ローン・マンロー(Lorne Munroe)

こちらもフィラデルフィア管弦楽団のメンバーのようです。

オーマンディの手兵フィラデルフィア管の精鋭メンバーをソロに据えたハイドンの協奏曲、はたして豪華絢爛な「フィラデルフィア・サウンド」が聴かれるでしょうか。

Hob.VIIe:1 / Concerto per il clarino [E flat] (1796)
やはり来ました。分厚いしかもゴージャスな音色のオーケストラによる序奏。ハイドン本来の魅力とは少々異なりますが、この音色は期待どおりで、妙に嬉しいですね。ギルバート・ジョンソンのトランペットはちょっと薄い感じの音色ですが、分厚いオケのなかに埋没しそうな音量ながら、クッキリ浮かび上がっているところは流石。それにしてもゴージャスなオーケストラの響き。オーマンディはハイドン本来のアクセントではなく、スタイリッシュに聴かせようとしたアクセントを多用して、立体感もかなりのもの。これはオーマンディのコントロールを聴くべき演奏であることに間違いありません。カデンツァはクッキリしたトランペットのあっけらかんとしたもの。ここまでくると、徹底していて悪くありません。
2楽章のアンダンテもオーケストラの深みのある分厚い響きが見事。最近のトランペット協奏曲の録音で聴かれる音色とは異なり、かなりクッキリした音色のトランペットとの対比が面白い効果。アンダンテはあえてさらりとやり過ごします。
フィナーレはオケのかなりしっかり目のリズムをとった演奏が個性的。ちょっとくどくなる寸前まで小節を効かせており、オケはかなりのインパクト。その伴奏にのってトランペットがやはり小節を効かせて軽々と吹き抜ける感じ。個性的な演奏です。ソロは存在感はあるのですが、ちょっと深みに欠ける印象も与えてしまいます。オケは終始ゴージャスでした。

Hob.I:105 / Sinfonia Concertante 協奏交響曲 [B] (No.105) (1792)
だいぶ遡って1958年の録音。音の鮮度と迫力が若干落ちますが、サウンドイメージはかなり似ており、イメージとしてはそこそこゴージャスといった感じの演奏。灰汁もそれほど強くなく、前曲よりはオーソドックス。オーボエのリズムが少々重いのが気になる程度。ソロの各楽器はテクニックはほぼ安定しているせいか、逆に型にはまったような印象もつきまといます。
2楽章のアンダンテは一貫してゆったりとしたテンポで進めます。非常にのどかな趣を醸し出しています。録音の古さに起因するちょっと古びた音色が相俟ってセピア調に変色してしまった写真を見るような印象。これはこれでいい感じです。最後までゆったりゆったり進みます。
フィナーレは再び分厚いオケの音色によって目が覚めるような序奏から入ります。やはりアメリカのオケとはっきりわかる楽天的な雰囲気が宿ります。ヴァイオリンの線の細目のソロをはさんでオケとソロの掛け合いが続き、各楽器がかわるがわる応報。フォーカスがだんだん合ってきて集中していきます。フィラデルフィア管の妙技が楽しめる楽章。冒頭は楽天的に聴こえたものの、進むにつれてすこしその感じがうすれ、オーソドックスな秀演と聴こえます。オーマンディも最後はオケにまかせてコントロールの手綱をゆるめている感じ。結果的にハイドンらしい演奏になりました。

フィラデルフィア・サウンドで鳴らしたオーマンディとフィラデルフィア管によるハイドンの協奏曲2曲。録音年代の新しいトランペット協奏曲はゴージャスさが際立つ、まさにフィラデルフィア・サウンドが特徴でしたが、トランペットの音色に少々スタイルの古さが感じられてしまう演奏、協奏交響曲の方は、録音年代が古い分オーソドックスな印象が強く、最盛期のフィラデルフィア・サウンドに至る前の演奏と言う印象ですが、逆に堅実、オーソドックスな良さもあります。評価は両曲とも[+++]としました。オーマンディの特徴が良く出た面白い演奏ですので、嫌いな演奏ではありませんが、この2曲の演奏としては特殊なものゆえ少し星の数が減ったという事です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲 協奏交響曲 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
昼過ぎにこちらでは雷雨にみまわれました。急激な気象の変化 は、それこそ金環日食に踊らせれる日本人への警鐘なのかもしれません。

オーマンディーのハイドン珍しいですね。40年ほど前、CBSでは、バーンスタインやセル、アイザックスターン、カサドゥジュ、グールドが先陣を切ってまして、オーマンディーは殆んど記憶にありません。RCAのルービンシュタインのラフマニノフの第二コンチェルトのレコードを母が買ったのを覚えている程度です。
彼のハイドンいうのも、今となっては貴重な記録かもしれませんね。
ところで昨日、吉田秀和氏の訃報が報道されました。バッハやハイドン、モーツァルトなど氏の番組をリアルタイムに触れることの許されたことに感謝の思いでいっぱいであります。御冥福を心よりお祈りしつつ、失礼させていただきます。

Re: No title

有田さん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。東京は今雨が降ってきました。

オーマンディは私もあんまり同時代では聴いていません。日本のマスコミでもそれほど取りあげられることがなかったからかもしれません。良く雑誌等で曲のベスト盤などの企画があり、おそらくその曲になじみが薄い人は、雑誌の評価等を参考に演奏に接することが多い事でしょうが、オーマンディがベストという演奏はあんまりなかったからかもしれませんね。今聴くと絢爛豪華そのものの分厚い響きは流石なものがありますね。
吉田秀和さんも著作集を良く読みましたし、近年FM放送でハイドンをずっと取りあげていたと聞いています。なかなか記事にならないハイドンの良さを知る人が一人減ってしまいましたね。ただ98歳との事で大往生でしょう。私も98歳くらいまでブログを書き続けて、ぽっくり逝きたいものです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ