バーンスタイン/ウィーンフィルの102番1971年ライヴ

交響曲が続きます。

Bernstein102.jpg

レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)指揮のウィーンフィルの演奏による、ハイドンの交響曲102番、ラヴェルのピアノ協奏曲(ピアノはバーンスタイン自身!)の2曲を収めたアルバム。収録は1971年2月21日、ウィーンのムジークフェライン・ザールの大ホールでのライヴ。レーベルはDeutsche Grammophone。

このアルバムを見て懐かしいと思った方も多いのではないでしょうか。1992年にウィーンフィル創立150周年を記念してリリースされたDGのシリーズ。ウィーンフィルの創立は1842年です。モーツァルト没後200年の喧噪がさめやらぬ頃ですね。その中の1枚がこのアルバム。

実はこのアルバム、あんまりちゃんと聴いた覚えがありません。ご存知のとおり、私はバーンスタインのハイドン、特に後年のものはあまり好きなタイプの演奏ではないため、このアルバムも食わず嫌いだったのかもしれません。バーンスタインは調べてみると1969年のシーズンを最後にニューヨークフィルを離れて、活動の場をヨーロッパに移します。このアルバムの録音はそのニューヨークフィル最後のシーズンの翌シーズンの録音。ということで、バーンスタインの覇気がウィーンフィルに出会って、ヨーロッパの響きが加わったばかりの演奏でしょう。

そうこういっても、バーンスタインの演奏はこれまでに結構な数、取りあげています。当ブログとしては多い方でしょう。

2011/09/15 : ハイドン–声楽曲 : バーンスタイン/ロンドン交響楽団のテレジアミサ
2011/08/15 : ハイドン–声楽曲 : 【お盆特番5】バーンスタイン/ウィーンフィルのテレジアミサライヴ!
2011/05/08 : ハイドン–交響曲 : バーンスタイン/ウィーンフィルの88番、オックスフォード
2010/12/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】バーンスタイン/NYPの97番、98番DVD
2010/09/11 : ハイドン–オラトリオ : バーンスタインの天地創造DVD

なんとなくバーンスタインを取りあげた時はブログのアクセス数も伸びるような印象があります。カラヤンやショルティなどとならぶ巨匠の一人ということで、ファンの方も多いのでしょうね。

ウィーンフィルに客演し始めたころのバーンスタインが、名曲102番をどう料理するか、なぜか非常に新鮮な気分(笑)

Hob.I:102 / Symphony No.102 [B flat] (1794)
おどろおどろしい序奏。録音はあまり良くありません。会場ノイズが入るのは嫌いではありませんが、ちょっと高音にチリチリする雑音が入るのが今一。響きはムジークフェラインならではですが、高音が薄く饐えた感じ。コンディションはそれほど良くありません。しかし、問題はその演奏。バーンスタイン特有のじっくりと息の長いフレーズを奏でて進みますが、主題に入った途端、ムジークフェラインを吹き飛ばさんばかりの凄まじいエネルギーがホール充満。ゴトゴト音がするのはバーンスタインが飛び跳ねているからでしょうか。筋肉が浮かび上がるようにデヴォルメされたミケランジェロのダビデ像のような素晴らしい立体感。録音のハンディをものともしない素晴らしい充実した響き。一音一音に力が漲り、有機的に連なる音符が生き物のようにうねります。展開部ではちょっと音が飽和気味ですが、そんなことは気になりません。名手ぞろいのウィーンフィルが髪を振り乱して演奏しているような素晴らしい力感。バーンスタイン特有の表情の濃さは感じるものの、過度な感じはありません。
102番の白眉、2楽章のアダージョはウィーンフィルならではの豊かな響きに包まれます。じっくりこってりと音符を料理していきますが、間を上手く取っているので詩的な印象もあり、くどすぎることはありません。非常にロマンティックな演奏です。2楽章のこの盛り上がりはベートーヴェンを超えるような大山脈のような圧巻の迫力。
メヌエットもタクトがバックスイングを伴って振りおろされるようすを音にしたような、一音一音を慈しむような演奏。ただ迫力がある演奏とは異なり、音がホールに響き渡るようすを奏者が克明に聴きながら演奏しているよう。テンポは揺るぎなく、音塊が次々と飛んでくる感じ。ゆったりした部分の滑らかさはビロードのよう。それでいてウィーンらしい弦楽器の柔らかな響きが相俟って、まさに極上のひと時。
そしてフィナーレは嵐の予感。入りは意外と落ち着いたものでしたが、主題に入ると徐々にオケにエネルギーが満ち始め、爆発の時を待ちます。最後にウィーンフィルのヴァイオリンセクションが牙を剥きます。鬼気迫るフィニッシュ。もちろん会場から爆発のような拍手が降り注ぎます。

録音が悪いのが欠点ではありますが、おそらくこの演奏はバーンスタイン最上のハイドンの交響曲演奏の一つでしょう。後年のくどさはなく、またニューヨークフィルを自在に操っていたころの覇気があり、オケはウィーンフィルの極上の響き。言う事ありません。バーンスタインがこのコンサートに102番という傑作を選んだのも酔眼。評価はもちろん[+++++]とします。惜しむらくはこのアルバムが現役盤ではないこと。数は出たアルバムだと思いますので中古で丹念に探せば出会えるでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲102番 ウィーンフィル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。バーンスタインについて、誰が、バーンスタインのどの時期の演奏に対して評したのかは覚えていませんが、「今世紀最高のハイドン指揮者ではないだろうか」と書かれてあったのが記憶にあって、妙に気がかりです。個人的にはバーンスタイン最晩年の録音は、作曲家を問わずどうもあまり集中できない気がしていました。しかし、この記事の演奏は好感が持てそうです。ちなみにウィーンフィル創立150周年のCDにはクレンペラー唯一のDG盤「運命と未完成」がありました。パッケージノデザインで思い出しました。

Re: No title

ライムンドさん、おはようございます。
バーンスタインというと日本ではウィーンフィルとのベートーヴェンの交響曲全集がとりわけ人気が高かった印象があります。もちろんマーラーも有名ですが、わたしはどちらもちょっと濃い演奏ゆえ、人気ほどには愛聴しておりません。(どちらも手に入れましたが)
ハイドンはどちらかと言うと古い演奏のほうが好みですね。この演奏はバーンスタインの演奏スタイルがハイドンにマッチしているベストの演奏だと思います。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ