トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の90番、オックスフォード

しばらく更新が滞っていました。嫁さんが入院したので、病院と実家を行き来していて音楽をゆっくり聴く時間がとれませんでした。幸い嫁さんの方の経過は順調で、先程自宅に戻りようやく落ち着きました。ここはハイドン啓蒙の志の高さを疑われてはいけませんので、疲れた体にむち打って記事を書いておきます。というか、ハイドンの音楽を聴く事で私自身も癒されたいという心境です。

本当は整理中のBrilliantのスコットランド歌曲集を取りあげようと思ったのですが、もう少し整理に時間がかかりそうですので、今日は未聴盤ボックスからこのアルバム。

Fey9092.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

トーマス・ファイ(Thomas Fey)指揮のハイデルベルク交響楽団の演奏でハイドンの交響曲90番、92番「オックスフォード」の2曲を収めたアルバム。ファイのハイドンの交響曲全集の第16巻に当たるもの。収録は2011年5月25日、26日、ドイツ、ハイデルベルク西方のバート・デュルクハイムのナチュラル・ホルン・アカデミーでのセッション録音。レーベルはhänssler CLASSIC。

ファイは何度もこのブログで取りあげていますので今更紹介の必要はないでしょう。過去の記事はこちら。

2012/06/11 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルグ交響楽団のマリア・テレジア、56番
2012/05/03 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/シュリアバッハ室内管の「時の移ろい」「告別」
2011/07/06 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番
010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

ファイの交響曲集は順調にリリースされ、リリースされるごとにこれまでの垢を落とすような快心の演奏で、我々を楽しませてくれます。このアルバムはこれまで未入手だったものをHMV ONLINEに注文していたもの。ポイントは名曲オックスフォードをファイがどう料理するかでしょう。

Hob.I:90 / Symphony No.90 [C] (1788)
今まで聴いたファイの演奏と近い響きですが、若干音の厚さが増しているような録音。冒頭からテンポをかなり積極的に動かしてスリリングなはじまり。途中で突然早いテンポへの鮮烈なギアチェンジが何度かあり、ファイの表現意欲が漲っているのがわかります。ティンパニがかなり踏み込んで、強打をかまします。メロディーの流れよりもリズム感と炸裂感を主体とした演奏。1楽章の大迫力のフィニッシュにファイの創意が集約されます。ティンパニが恐ろしいまでにクレッシェンドして皮を突き破るような爆発。
アンダンテは、いつもながらの上手い場面転換で抑えた素朴な表情から入ります。今後爆発するとわかってはいますが、この穏やかな入りが音楽には必要ですね。中間部は止まりそうなほどテンポを落として表情を引き締めます。それぞれの場面の性格に応じた描写の使い分けが巧みですね。フルートと弦楽器のみによる間奏部分や、いくつかの部分でかなりテンポを落とした表現は孤高さが際立ちます。美しいアンダンテ。
メヌエットはファイのいつも通りの展開。大胆さのなかに変化を織り交ぜた高度な表現。意外とソロ等の細部の出来も緻密さを感じさせたり、メロディーラインの美しさを感じさせる流麗さも織り込まれています。
フィナーレはメロディーラインの面白さと祝祭感炸裂の演奏。オーケストラが爆発のしどころ心得ており素晴らしい吹き上がり。この曲はラトルが終わりそうで終わらない演出で観客をなごませる演奏を得意としているもの。ファイは終わりそうで終わらないというところコミカルにではなく、かなりタイトに攻めて、怒濤のようなクライマックスの波が繰り返し襲ってくるような迫真の演技で会場を凍り付かせるような演奏。ここでもティンパニが荒れ狂ったような激しさで炸裂。リズムと炸裂感の激しさが印象に残りました。

Hob.I:92 / Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
つづいてオックスフォード。冒頭の優しい序奏のチェロの音色の生々しさにちょっとビックリ。ちょっとしたところにファイの仕掛けが仕組まれています。主題は凡庸にならないよう、速めのテンポにかなりゴツゴツした表情でグイグイ進めます。もはやティンパニは雷鳴に近いものになっています。カルロス・クライバーがアンコールで振ったヨハン・シュトラウスの「電光と雷鳴」の地響きのようなティンパニを思い起こさせます。1楽章はこれまでの演奏の垢を強引に落としにいくような力みがちょっとありますでしょうか。変化とアクセントは今までのファイ通りなんですが、ちょっと力が入りすぎていなくもありません。力感の嵐のような演奏。
続いて美しいメロディーラインが有名な2楽章。冒頭はやはり表現を抑えて入り、流麗さすら感じさせるもの。そして中間部にはいると、鋭い楔を何本も打つような激しい表現に顔をのぞかせます。ここはファイの真骨頂でしょう。再び穏やかな表現に戻って曲全体のバランスを撮るような棒さばき。
メヌエットも前曲と同様の傾向の演奏ですが、表情の変化の幅が大きくなくなり、古楽器の音色を生かした純粋な演奏で、テンポも遅めのところが多いもの。
期待のフィナーレは、やはり速いですね。先日取りあげたルネ・ヤーコプスの演奏よりも荒々しさを感じるもの。有名なメロディーラインが完全にファイ節に変容。どんどんスピードがあがり、オケがついていけるか心配になるほどのテンポですが、これが見事にオケがついていき、速いパッセージのキレも見事。ヴァイオリン、金管とティンパニのキレは尋常ではありません。狂乱のようなフィナーレ。ここでも繰り返しを巧く使って、終わりそうで終わらない演出を意図しているよう。最後は古楽器のダイレクトな音色もあって耳に刺さるようなダイレクトな大爆発で終わります。

トーマス・ファイ指揮のハイデルベルク交響楽団の演奏によるハイドンのザロモンセット前夜の傑作交響曲2曲。アーノンクールの弟子らしい灰汁の強さと、鍛え上げられたオケに寄る吹き上がるような高揚感、荒れ狂うリズムとクレッシェンドが堪能できる演奏。期待に違わぬ演奏でした。やはり今後が楽しみなシリーズです。評価は両曲とも[+++++]としました。

ファイのシリーズは現在最新が17巻。是非完成までこぎ着けてほしいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲90番 オックスフォード 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ