【新着】クリスチャン・ゲルハーヘルの歌曲集

今日は久々の歌曲のアルバム。

Gerhaher.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

クリスティアン・ゲルハーヘル(Christian Gerhaher)のバリトン、ゲロルト・フーバー(Gerold Huber)のピアノによるベートーヴェン、シェーンベルク、ハイドン、ベルクなどの歌曲を集めたアルバム。収録は2012年1月21日から24日、26日、ミュンヘンのバイエルン放送第2スタジオでのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。ハイドン以外の収録曲目はHMV ONLINEのリンクをご覧ください。

クリスティアン・ゲルハーヘルは1969年、ドイツミュンヘン北東のシュトラウビング生まれのバリトン。ミュンヘン国立音楽大学のオペラ科出身で、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ、エリザベート・シュヴァルツコプフのマスタークラスで学んだ人。このアルバムで共演しているピアノのゲロルト・フーバーとは同年生まれで同窓。フーバーは現在はゲルハーヘルの専属ピアニストとのこと。

ゲルハーヘルはこれまでハイドンではアーノンクールのアルバムに多く登場しており天地創造のラファエル/アダム、四季のシモン、そして「騎士オルランド」のロドモンテ役などの録音がありますが、ハイドンの歌曲の録音はおそらくはじめて。HMV ONLINEを検索してみると49枚ものアルバムがリリースされており、バッハからマーラー、現代音楽まで幅広いレパートリーを誇ります。現代の名バリトンの一人ということでしょう。

このアルバムに収められているのは、ハイドンが49歳、1781年に書いたドイツ語による12曲の歌曲と52歳、1784年にその第2集として書いた12曲の歌曲の中からの3曲。いつも紐解く中野博詞さんの「ハイドン復活」によれば、この歌曲集は発表当時には大変な人気を博したとこのとでヨーロッパでは25社もの出版社から出版されたそうです。レビューは「ハイドン復活」による曲の解説もつけて記載しましょう。

Hob.XXVIa:9 / 12 Lieder No.9 "Trost unglücklicher Liebe" 「不幸な愛の慰め」 [f] (1781)
愛する女性をあきらめなければならない苦しみを神への祈りで癒そうとする男性の心境が描かれた曲。短調のピアノの伴奏にのって、ゲルハーヘルの透き通るようなバリトンが切々と歌います。声質はフィッシャー=ディースカウとちょっと似ていて、フィッシャー=ディースカウ独特のキリッとした部分が滑らかに磨かれてたような歌い方。録音は最新のものだけあって鮮明かつ非常に自然なもの。もうすこし奥行き感があるとさらにいいでしょう。リズム感も抑揚も適切で感情表現は抑え気味で淡々としたところが、かえって情感を増しているよう。私の好みからいうと好きなタイプの演奏です。ピアノのゲロルト・フーバーも適度な抑揚で歌を支えています。静かに心にしみる演奏。

Hob.XXVIa:17 / 12 Lieder No.5 "Geistliches Lied" 「宗教歌」 [g] (1784)
神に感謝の祈りを捧げる者の揺るぎない信仰が歌われた曲。意外と激しい曲調。録音的にはバリトンとピアノが重なって聴こえるところにちょっと違和感があります。ワンポイント的な録音ではこうは聴こえないでしょう。曲調の割にゲルハーヘルは抑えた歌唱でしょう。

Hob.XXVIa:21 / 12 Lieder No.9 "Das Leben ist ein Traum" 「人生は夢だ」 [E flat] (1784)
人生の儚さが描かれた曲。このピアノの伴奏のメロディーは何度聴いてもぐっと来ますね。名曲です。ハイドンならではな明るさとのうら悲しさが混じり合ったはかない美しさ。ゲロルト・フーバーはちょっと音を切り気味にして、情緒的になるのを抑えているよう。雄弁という感じではなく、抑制の美学。フーバーのピアノに乗ってゲルハーヘルは持ち前の美しい声で滑らかに歌い上げます。ピアノに主役を譲っているようなすこし抑え気味の歌唱。じつにしっとりした歌の余韻が残ります。

このアルバムのメインはもちろんシェーンベルクやベルクというウィーン学派の歌曲。ゲルハーヘルの歌も底に力点がおかれているのは明らか。それらの作品を挟むようにベートーヴェンとハイドンというウィーンで活躍した古典派の作品がおかれ、ウィーンという都市の歴史のパースペクティブの中で音楽を聴かせようという企画意図でしょう。シェーンベルクとベルクの作品に挟まれたハイドンの美しい歌曲3曲は、古典の古典らしさ、音楽の原点、歌曲の原点たる美しさ,儚さを象徴するようにおかれ、まさにウィーンのオリジンたる扱い。ゲルハーヘルは、ハイドンの作品をあえて抑揚をおさえて、歴史の証人のような端正さで扱っているように聴こえました。歌曲としてどう聴かせるかというよりも、ハイドンを座標の基点に据えようということでしょう。そういった意味でこの演奏は端正かつ、表現を抑えた魅力がにじみ出るいい歌唱です。評価は「宗教歌」が[++++]、その他が[+++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 歌曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ベートーヴェンピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:48驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番ヒストリカル奇跡交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計交響曲99番軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃モーツァルトピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲19番古楽器交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードピアノソナタXVI:20無人島ラメンタチオーネ騎士オルランドLPBlu-ray東京オペラシティ交響曲86番チェロ協奏曲1番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番交響曲18番ひばり弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番交響曲97番交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:49フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルクマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26タリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムカノンドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ