松崎 裕/山本 真/ジャパン・チェンバー・オーケストラの2つのホルンのための協奏曲

今日は日本人奏者のアルバム。

JCO.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

松崎 裕(Hiroshi Matsuzaki)、山本 真(Makoto Yamamoto)のホルン、ジャパン・チェンバー・オーケストラの演奏でハイドンの作とされていた2つのホルンのための協奏曲(Hob.VIId:2)とベートーヴェンの交響曲第7番を収めたアルバム。収録はハイドンが2002年6月2日、東京の多摩センターにあるパルテノン多摩でのライヴ。ベートーヴェンも同じくパルテノン多摩での2003年10月18日のライヴ。レーベルははじめて手に入れるALM CLASSICS。

2つのホルンのための協奏曲は良くメールをいただく湖国JHさんの愛聴曲。独特の魅力のある曲です。

この2つのホルンのための協奏曲は、おそらくハイドンの作曲ではなく、弟ミヒャエル・ハイドンかアントニオ・ロゼッティの作曲によるものと言われています。専門家ではありませんので、ハイドンの作かどうかを語れる訳ではありませんが、この曲を聴くとおそらくヨゼフ・ハイドンの作ではないように感じます。モーツァルトがメロディーを作曲して誰かがオーケストラパートを書き加えたと言われる協奏交響曲K.297bとオケの響き、曲の展開が似ていることから、両曲とも同一人物が関与していると勝手ににらんでます。K.297bの方はモーツァルトっぽいメロディーラインを感じさせながらもモーツァルトらしい閃きはちょっと弱く、またオーケストレーションもちょっとモーツァルト風をねらってはいるものの、彼本来の天才的な展開が感じられないような印象があり、誰かがモーツァルトを真似て書いたような印象を感じます。ハイドンのこの2つのホルンのための協奏曲も、ハイドンのようでもあり、モーツァルト風でもある印象を与える曲想。ハイドンの特徴である機知に富んだ意外な展開と巧みな構成感ではなく、テーマとなるメロディーをベースに統一感がある構成(展開がシンプル)なのに加えて、やはりメロディー自体の美しさはハイドンのものとは差がついているように感じます。まあ、こうした個人的な印象以外に根拠はありませんので、あまり突っ込まないように願います(笑)

ホルンの2人は元N響のホルン奏者。松崎 裕さんは首席ホルン奏者だった人。N響の演奏の映像で良く見かけ多人です。日本のトップクラスのホルン奏者でしょう。オケのジャパン・チェンバー・オーケストラは東京で活動するオーケストラの若手奏者を中心に結成されたオケで、1999年から本拠地をパルテノン多摩としているそうです。指揮者なしでコンサートマスターもローテーションとのこと。近所で活動する団体なのに全く知りませんでした。

Hob.VIId:2 / Concerto per 2 cors et Orchestre [E flat] (1762) (Composed by Antonio Rosetti/Michael Haydn?)
木質系のやさしい音色の序奏から入ります。直接音の重視の録音で、実体感ある録音。ライヴですが条件は悪くなく、奥行き感もそこそこある聴きやすい録音。序奏はモーツァルト風という感じ。ホルン2台は微妙に音色が異なり面白いですね。同じフレーズをそのまま繰り返すところなどはちょい単調な印象はありますが、ホルンの音の重なりの妙が加わり、響きを楽しめます。ホルンによる主題の演奏のあとのオーケストレーションはやはりモーツァルト風。オーケストラが音量をおとしてそわさせるあたりはまさにK.297bと非常に近いものを感じます。ホルンの2人は日本人らしい几帳面、真面目な演奏。ヨーロッパの城の石積がよく見ると日本の城の石垣でできているよう。ヨーロッパのロマンティックな響きのイメージに対し、演奏の基調には日本ならではの清らかさがあるという感じです。テクニックは十分で2本のホルンの息もピタリと合っています。1楽章の後半は早いパッセージを掛け合いながら見事に吹き抜くホルンの聴かせどころ。オケもヴァイオリンを中心にキレのいいアンサンブルを聴かせます。
2楽章のアダージョはいきなりホルン2本の重なったメロディーから入ります。やはりメロディーラインはハイドンだったらもう少し機知に富んだ展開をするのではと思わせる部分があります。ホルンが描くメロディーとオケの関係がもう少し明確に役割をになって展開するように感じます。
フィナーレは「タラタッタッタッター」というメロディーがテーマ。ホルンは忠実にメロディーラインをたどっていきます。オケの方は逆に指揮者なしにもかかわらず、なかなかのキレを聴かせ見事なサポート。音楽的にはオケの立体感の魅力もいい感じです。最後は拍手も録られており、ライヴであることを思い出させます。

日本人奏者によるハイドンの曲と思われていた2つのホルンのための協奏曲という珍しい曲の演奏。ホルンの音色の微妙な違いを生かした掛け合いと生気溢れるオーケストラの几帳面な演奏。演奏全体に良い意味で和風な雰囲気があり、日本人ならではの誠実な演奏といえるでしょう。オケは指揮者なしでもかなりの統一感があり、このアルバムの魅力のひとつとなっています。次に収められたベートーヴェンの7番では鮮度は高いものの、音楽の統一感としては、やはり指揮者がいたほうがまとまると思わせる余韻を残しますので、この辺は曲やコンサートマスターによる違いなんだろうと思います。2つのホルンのための協奏曲の方の評価は[++++]としたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 2つのホルンのための協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ