アウリン四重奏団のOp.77

弦楽四重奏続きでアウリン四重奏団の新着盤。

Auryn77.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アウリン四重奏団(Auryn Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.1、No.2、Op.103、Op.42の4曲を収めたアルバム。収録は2010年、ドイツ、ケルンの東20kmほどにある街ホンラートにあるホンラート教会でのセッション録音。レーベルはドイツのTACET。

アウリン四重奏団の演奏は以前に1度取りあげています。クァルテットの情報やメンバー、サイトへのリンクは下の記事をご覧ください。

2012/01/07 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : アウリン四重奏団のOp.74

前記事でレビューするまではなじみのなかったアウリン四重奏団ですが、クラウディオ・アバドの指導を受け、音楽もその影響を受けているとの情報通り、緻密かつ軽やかさも備えた音楽を演奏します。このアウリンの演奏で聴くハイドン最晩年の弦楽四重奏曲は如何なるものでしょう。今日はOp.77の2曲のみ取りあげます。

Hob.III:81 / String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
各楽器がリズミカルに入り、艶やかにメロディーラインを奏でます。フレージングは様子を窺うように鋭敏な感覚を張り巡らせながらアンサンブルを合わせていきます。メロディーラインの伸びやかさがこのクァルテットの信条でしょう。メリハリはかなりクッキリとつけて、このハイドン最晩年の曲を澄み切った青空に浮かぶ純白の雲のような晴朗な音楽として演奏していきます。各楽器がクリアな音像で並ぶ透明感の高い録音。ことさらヴァイオリンの突き抜けるような張りのある音色が美しいですね。
アダージョはアウリンらしい、クッキリとしたニュアンスを保ちながら、チェロを含めた迫力あるアンサンブル。たっぷりと墨を含んだ筆をゆったりと運ぶ行書の達筆を見るよう。意外と細かいニュアンスにはあまり拘らず、音楽の骨格をきちんと出す事に集中しているよう。4本の楽器の重なり合うアンサンブルの妙。やはりヴァイオリンのマティアス・リンゲンフェルダーの突き抜けるような浸透力のある音色も素晴らしいですね。
メヌエットは磨き抜かれたタイトなアンサンブルで、張りのある鋭い響きの波が次々と襲ってきます。小綺麗な演奏ではなく真剣による居合いのような緊張感溢れる演奏。しかもアクセントの迫力は殺気を感じるほど。
フィナーレはメヌエット迫力をそのままに、速いテンポで恍惚とした表情さえ垣間見せる素晴らしいエネルギーの放出。クリアな音響、タイトなアンサンブルでこのエネルギーは見事。シャープなキレのよさとこの構成感、ちょっと楽天的ですらある明るさはアバドの演奏にも似て、ハイドンの真髄に迫る演奏。

Hob.III:82 / String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
続いてNo.2。ハイドンの弦楽四重奏曲の最高峰と言われる曲。曲想がしなやかになった分、響きも柔らかに感じますが、時折聴かせる強音のタイトなアンサンブルはアウリン四重奏団そのもの。牙がちらほら見え始めてきます。この曲では弱音部のコントロールも聴かせどころの一つ。間を生かして落ち着いた進行。余裕を感じます。
2楽章はメヌエットですが、流れの良さ重視の速めのテンポでの入り。チェロのかなり踏み込んだアクセントが印象的。流れを止める間の取り方も効果的。緩急自在の演奏。
3楽章のアンダンテ。ハイドンのアンダンテの最高峰と言っていいでしょう。ハイドンならではのほのぼのとした朴訥なメロディーから入りますが、次々と変奏が加わり、冒頭のメロディーに情感が加わっていきます。この美しさは筆舌に尽くし難いもの。アウリン四重奏団の演奏はそよかぜのような入りから展開の頂点で見せるタイトな響き、そしてその後は無風の草原の穏やかさを表すような癒し。絶品ですね。
フィナーレは今までにない推進力。前曲より明らかに余裕があり、自在さも一段上。全員がアンサンブルを軽々とこなして純粋に演奏を楽しんでいるように感じられる至福の音楽。複雑に絡み合う音符を完全に掌握して、すべての音符に魂がこもっているような素晴らしい充実ぶり。やはりアウリン四重奏団は違います。最後の分厚い響きも惚れ惚れとするよう。

久々に聴いたアウリン四重奏団ですが、その素晴らしさは期待通り。ハイドン最晩年の傑作四重奏曲をクッキリと描ききっています。No.1の方は荒々しさすら感じさせるテンションの高い演奏。一方No.2の方は、余裕たっぷりに演奏を楽しむような演奏。演奏のタイプは少し異なるものの、どちらもその素晴らしさに変わりはありません。評価はもちろん両曲とも[+++++]とします。

残ったOp.103とOp.42はまたの機会に。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.77

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ