ブルーノ・ヴァイル/カペラ・コロニエンシスの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」

今週は飲み会続きでなかなか更新できませんでした。今日は、未入手だったブルーノ・ヴァイルの演奏。

Weil7.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

ブルーノ・ヴァイル(Bruno Weil)指揮のカペラ・コロニエンシス(Cappella Coloniensis)の演奏で、ハイドンの管弦楽版の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」。楽章間に語りが入るパターンで語りはアニヤ・シッフェル(Anja Schiffel)。収録は2008年3月21日、以前取りあげた「四季」のライヴと同様、ドイツ、エッセンにあるエッセン・フィルハーモニーのアルフレート・クルップ・ホールでのライヴ収録。レーベルはArs Produktion。

ブルーノ・ヴァイルは、当ブログの読者なら知らない人はいないでしょう。略歴などの情報は下の交響曲50番、64番、65番の記事をご覧ください。

2012/01/24 : ハイドン–オラトリオ : ブルーノ・ヴァイル/カペラ・コロニエンシスの四季
2011/08/14 : ハイドン–声楽曲 : 【お盆特番4】ブルーノ・ヴァイルのテレジアミサ、ネルソンミサ
2011/01/10 : ハイドン–オラトリオ : ブルーノ・ヴァイルの天地創造
2010/12/25 : ハイドン–交響曲 : 【年末企画】ブルーノ・ヴァイルの交響曲50番、64番、65番
2010/03/08 : ハイドン–交響曲 : ブルーノ・ヴァイル、ザロモンセットへ

ヴァイルのハイドンと言えば、1990年代には手兵ターフェル・ムジークと交響曲やミサ曲のキビキビとした素晴らしい演奏が記憶に残っていますが、2000年代に入るとこのアルバムでも組んでいるドイツのカペラ・コロニエンシスと、ザロモンセットの一部や四季などの録音があります。最近の録音は、90年代の古楽器のキビキビとした、そしてエネルギー感に満ちた演奏とは少し変わって、落ち着いた演奏に変化してきており、ヴァイルのいいところが弱くなったようにも感じる演奏となっています。ただ、2010年と直近の録音である「四季」は逆に透明感の中にも風格が感じられ、新たな熟成を予感させるいい演奏でした。

この「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」は「四季」のちょうど2年前の2008年の録音だけに、その演奏がどのようなスタンスなのか気になる存在でした。ちょっと高いアルバムでしたのでHMV ONLINEのセールに合わせて注文しておいたものです。

Hob.XX:1 / "Die sieben letzten Worte unseres Erlösers am Kreuze " 「十字架上のキリストの最後の七語」 [D] (1785)
この曲に期待させるタイトで優美な響きではなく古楽器のさっぱりとしてゴリッとした骨のある響きから入ります。序章はかなり感情を抑えて、逆に純音楽的な起伏に焦点をあてた精妙な演奏。人によってはかなり耽美的になるところをヴァイルは健康的ですらあるようなさっぱりとした表情で入ります。

曲間には女性のドイツ語の朗読が入ります。テキストは1911年生まれのドイツの作家、ルイーゼ・リンザー(Luise Rinser)によるもの。それぞれの曲間に5分前後で、結構長い語りが入ります。残念ながらドイツ語でライナーノーツにテキストも掲載されていないため内容はよくわかりません。

第1ソナタに入っても、さっぱりした展開は変わらず。テンポの良い草書を見るような印象。聴き進めていくうちに、どことなく、非常に緩やかに力感が上がっていいくのを感じます。テンポは速めを維持しながら、徐々に響きが鮮明になっていきます。

このさっぱりとした速めのテンポなのに第2ソナタ特有の憂いはむしろ深く感じるのが素晴らしいところ。明るさのなかに憂いが宿るよう。感情をストレートに表すのではなく、曲の自然な表情から感情がにじみ出ていくという理想的な演奏です。

第3ソナタも流麗、軽快。重苦しさは一切感じさせず。オケは各楽器それぞれがあえてさっぱりとフレーズを刻んでいくのがわかります。ライヴ録音ですが会場ノイズなどはほとんど聴こえず、音響的にはセッション録音と区別がつかないほど。若干違和感があるのは、語り付きのこの曲に多い特徴ではありますが、語りがオンマイクで定位感がなく、演奏との音響的な差があること。語りはもう少しライヴ感ある録音だといいと思うのですが。

第4ソナタに入るとテンポを少し落として、表情の彫りが明らかに深くなります。特にホルンの割れるような音が迫力を加えます。明らかに前半のクライマックスと捉えた設計ですね。これまでの速めのテンポからの変化が効果的に働きます。このソナタ独特の深みを上手く表現していますね。ただフレージングには気を使っていて、ありきたりさを避けるように細かく変化させ、新鮮味を保っているようです。

ピチカートが美しい第5ソナタに入ると再び速めのテンポによる爽快な表情に戻ります。曲想にテンポがマッチして、前ソナタの深みからの変化を際立たせるような軽やかな展開。

第6ソナタは短調の響きから浮かび上がるうっすらと明るさを感じさせる美しいメロディーが印象的な曲。ヴァイルのこの演奏のアプローチに最もマッチした曲。重くない響きからほんのりと感じさせる美しさ。この抑えられた表情から立ちのぼる凛とした美しさは絶品。

つづく第7ソナタも抑制された表情の中の美しさが際立ちます。古楽器の音色の雅さから浮かびかがる美しさとはちょっと違う、ヴァイルの表情付けから生まれる、クッキリとした表現の美しさ。清潔感ある女性から感じられるほのかな色気のよう。

最後の地震の場面は、今まで抑えていたオーケストラの箍を外し、大爆発。リズムの規律まで解き放って、各楽器が表現の限りをつくし、まさに自然の猛威を表すような素晴らしい吹き上がり。この曲の最後に相応しい盛り上がりです。

2008年に収録されたヴァイルとカペラ・コロニエンシスの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」。情感をストレートに表現した演奏も多い中、速めのテンポで淡々と進め、此処ぞというところで表現を深める流石のコントロール。この曲に潜む今までとは異なる魅力を浮かび上がらせた秀演と言えるでしょう。評価はもちろん[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 ライヴ録音 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ